the EYE (アイ) デラックス版 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,698
通常配送無料 詳細
発売元: ■TapoTapo store
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

the EYE (アイ) デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 3.7 31件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,604 (39%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、三代湘南が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,150より 中古品の出品:14¥ 400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンジェリカ・リー, ローレンス・チョウ
  • 監督: オキサイド・パン, ダニー・パン
  • 形式: Color, Dolby, Mono
  • 言語: 広東語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: レントラックジャパン
  • 発売日 2003/10/24
  • 時間: 99 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 31件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000C8RA3
  • JAN: 4947864990077
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 51,655位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

「レイン」を手掛けたオキサイド・パン、ダニー・パンのパン兄弟によるホラー映画。角膜移植によって見えるはずのない亡霊が見えるようになった娘の恐怖を描く。出演はアンジェリカ・リー、ローレンス・チョウほか。

レビュー

製作: ピーター・チャン/ローレンス・チェン 監督・原案・脚本・編集: オキサイド・パン/ダニー・パン 出演: アンジェリカ・リー/ローレンス・チョウ/チャッチャー・ルチナーノン/ソー・ヤッライ 声の出演: 高橋理恵子/関俊彦/山田里奈/矢島晶子
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

アジアのホラーものには知識がないので、あまり期待せず見ましたが、結構怖い。怖さも血みどろ系のエグイものではなく、背筋が凍る寒さです。また、怖いだけじゃなく、ストーリー性がしっかりしていて(若干、先が読めてしまう部分もありますが・・)、ラストも切なく、ただのホラーの枠内では収まらないいい作品です。ちなみに続編の2、3が出ていますが、2は1と似た感じの雰囲気が全体を貫いていて良かったのですが、3はある意味コメディです。イマドキの若者(現地ではアイドルだったりするんでしょうか。興味ないんで知りませんけど・・・)たちが怪談話で盛り上がり、幽霊の呼び出しごっこを始めたら本当に一人消え・・・などなどという展開なんですが、怖い部分は一か所たりともありません。それだけではなく、「これはギャグか?」と思う部分が頻発。1、2とは同シリーズと考えないでください。3は香港(タイでしたっけ?)アイドルものちょっと怪談コメディ映画って感じです。観ないようにしましょう。1が良かったので、2とともに借りてしまい、2には満足ですが3にお金を払った自分にむかつきました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
怖くて物悲しくて、それでいてストーリー的にもつじつまがあっていて、最後は「やっぱりそうなるか。でもその方が本人も幸せだな」と、思わせる、極めて完成度の高い映画だと思いました。
ただ怖がらせるだけのホラーや血みどろのスプラッターより遥かに深みがあるし、正統派な心霊系ホラーだと感じました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
初めは、前評判で、実際に幽霊が映っていたと言う怖い映画イメージだったが、実際に見て、前半のドキドキ感、後半への話の流れ、ストーリ性、メッセージ性が、しっかりしているのでただ怖いだけのホラー映画じゃないです。ドラマ映画としても楽しめ、見てない人は、怖がらず必見だよ!
主演のアンジェリカ・リーとても綺麗な女優さんです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 幼少の頃より盲目のアンは角膜移植手術を受けた。視力を回復した彼女の目に映ったのは見えるはずのない霊の姿だった。この謎を解明すべく、彼女は台湾からドナーの地タイへ向かった。ドナーの母親から真相を知ったアンに待ち受けていたものは・・・。
 効果音、恐怖演出・映像は及第点。ホラーを素材にしながらヒューマニティーを描いた作品であるため、恐怖感を期待して観ると足元をすくわれる。だが、時に背筋凍り、時に心温まるシーン、この生死の対比によって削り出された深い“生観”は良い意味での期待ハズレだ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画、多分「映画慣れ」してる人には賛否両論でしょう。
「角膜移植を受けて目が見えるようになったら、人には普通見えないものが見えた・・・」
ありがちといえばありがちねネタですね?
画面の雰囲気がシックスセンスを彷彿とさせたり、
ストーリーの流れ的に、どこかリングを思い出させたり…。
また、「角膜移植をしたら実は・・・」というネタは、手塚治虫のブラックジャックにもありました。
そういう意味では、トータルで見てあまり新鮮さはないかもしれません。
ただ、僕はこの映画、好きなんです。
まず、主演のアンジェリカ・リーがとにかく可愛い。これ、かなりポイント高いです。演技もすごく上手いですし。
トム・クルーズがこの映画のリメイク権を獲得したらしいですが、どんな出来になるんでしょうか。
個人的には、この映画にはブロンドの美人よりも、彼女のような東洋の美人が似合うように思います。
そして、この映画、ホラーなのに暖かいんです。
そこがまた、僕としては好きなんですよね。
中盤あたりまでは結構ホラータッチで緊迫感もあり、ドッキリさせられたりして結構恐いんですが、
途中からストーリーが急展開しはじめると、
ちょっと、ほろりと来るような場面もちりばめられていた
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
盲目の主人公マンは、角膜移植により、本来見えるはずのないものを目にするようになり・・・。一瞬どきっとする場面もいくつかありましたが、ホラー映画としてはそれほど怖い作品ではないと思います。前半がホラーで、後半がヒューマンドラマというイメージを受けました。どちらかに焦点を絞ったほうが良い気もしましたが、どちらも楽しめる作品だ、と思えば得した気分になれるかもしれません。途中、ストーリーの唐突さや主人公の性格の曖昧さなどが気になりました。また、ラストが少し物足りなかったりと残念な点もありますが、物語としてはそれなりに楽しめる作品ではないかと思います。前半の、主人公が少しずつ恐怖を感じていくシーンが印象的でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す