EMOTION the Best フィギュア17 ... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆日本国内正規品◆【商品説明】帯付き・ディスク7枚(全てあり)◆BOXケース・中ケース・ジャケット・盤面とも、とても綺麗な商品です。※ディスク盤面は、スレ等がほとんど無く非常に良好です。◆OPP袋に入れて保管しております。【発送】AMAZONからの発送だから迅速・丁寧梱包・確実・安心♪♪お急ぎ便のご利用も可能です☆彡
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

EMOTION the Best フィギュア17 つばさ&ヒカル DVD-BOX

5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 16,200
価格: ¥ 12,530 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,670 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 12,530より 中古品の出品:4¥ 9,795より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • EMOTION the Best フィギュア17 つばさ&ヒカル DVD-BOX
  • +
  • フィギュア17 つばさ&ヒカル ― オリジナル・サウンドトラック
  • +
  • GLINT BEAT
総額: ¥16,963
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 矢島晶子, 折笠富美子, 小山力也, 佐藤政直
  • 監督: 高橋ナオヒト
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 7
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2011/04/22
  • 時間: 610 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004GTLLDQ
  • EAN: 4934569640727
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 94,576位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

雄大な北海道を舞台に繰り広げられる、宇宙から来た少女とその戦いに巻き込まれた二人の少女の物語。
圧倒的なクオリティとTVドラマサイズの重厚な物語がスペシャルプライスで登場!

「いくよ、つばさちゃん!」
「うん、ヒカルちゃん」

二人の少女が奇跡を起こす…!!

◎内容◎
小学四年生の椎名つばさは、父と二人で暮らしている。
3ヶ月前、つばさは父とともに東京から北海道へ引っ越してきたが、クラスにはうまくなじめずにいる。
 ある晩、つばさは宇宙船が落下するのを目撃する。彼女がその落下地点にやってくると、そこには怪我をした宇宙人がいた。
さらに、何とその宇宙船には恐ろしいモンスターが乗っていたのだ。宇宙人は襲いかかってくるモンスターと激しく戦うが、ついに倒されてしまう。モンスターはつばさにも迫ってくる。
絶体絶命のピンチに、宇宙船に逃げ込んだつばさは、ふとした偶然から宇宙船に積まれていた「リベルス(生体防御スーツ)」と合体・変身し、驚異的な能力でモンスターを撃退する!! 
そして、その合体が解けた時、自分そっくりの少女が目の前に現れた・・・

【1話約47分×全13話収録】
■第1話「今の自分は好きですか」/第2話「一緒にいたい人はいますか」/第3話「勇気を出してみませんか」
第4話「羽ばたく心を持っていますか」/第5話「大切な人はいますか」/第6話「守りたいものはありますか」
第7話「さよならは言えますか」/第8話「想いは届いていますか」/第9話「その声が聞こえますか」
第10話「心は伝わりますか」/第11話「ずっと側にいてくれますか」/第12話「思い出はのこりますか」
第13話(最終話)「優しさをおぼえていますか」

◎スタッフ◎
企画:GENCO/監督:高橋ナオヒト/シリーズ構成・脚本:米村正二/キャラクターデザイン・総作画監督:千羽由利子
モンスターメカニックデザイン:西中康弘/美術監督:小林七郎/音楽:高見沢俊彦(THE ALFEE)/音響監督:渡辺淳
アニメーション制作:O.L.M./製作:フィギュア17製作委員会 他

◎キャスト◎
椎名つばさ:矢島晶子/椎名ヒカル:折笠富美子/DD:小山力也/椎名英夫:佐藤政直/唐沢飛鳥:柚木涼香 他

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『剣風伝奇ベルセルク』の高橋ナオヒトが監督を務めた美少女SFアニメのBOX。小学4年生の美少女・つばさは転校先の学校に馴染めずに落ち込んでいた。そんなつばさの前に宇宙人が襲来、彼女は不思議な光に包まれ…。全13話を収録。7枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

当時AT-XとTV東京単局のみでしか放映されずアニメ雑誌等でもプッシュされなかった為、マイナーの極みの作品です。
でも、ストーリー、演出、作画、音楽、演技…全てがTOPクオリティで、心を打たずにはいられない作品です。
いわゆる記号的な"萌え"はありません。観ていてスカッとさせてくれるアクションもありません。
観ている人を気持ちよく甘やかしてもくれませんし、よく誤解されますが"癒し系"でもありません。
(美術と音楽にはかなり癒されるものがありますが)
むしろ、観ている側にもストレスというか重くのしかかってくるものがあります。
でも、そこで引き返さずにつきあっていけたら…
すばらしい感動というご褒美が待っています。
いや、感動等という月並みな言葉では言い表せれないものです。
もし、あなたが「アニメで本物の"ドラマ"が観たい」のなら、最後まで観て下さい。
きっと、あなたの大切な宝物になる、そんな作品です。

バンダイチャンネルで1話の無料視聴ができます。気になる方はそちらを観てみても良いと思います。
最も、ラストで思い切り次回に引きますが(笑)

...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この作品をテレビで見てからもう10年程が経ちますか・・・。
当時、「クオリティが高いなあ」と思っていて、気になっていた作品でした。
全国展開された作品ではなかったためか、認知度は低目ですが、
準備期間や製作費も十分に掛けて、丁寧に作られた作品だったと記憶しています。
バンダイチャンネルで視聴した際、その品質の高さを再認識し、入手しました。
様々なアニメ作品が作成される中、金儲け主義?のワケノワカラナイ作品も多く、
「悪貨は良貨を駆逐する」の言葉の通り、アニメの世間での地位は低いままです。
そして、当作品のような良作品も、その中に埋もれてしまうことは、哀しいの一言に尽きます。
今回、EMOTION the Bestに選ばれたことは、関係者の方々へ感謝の極みというところです。
アニメだろうと何だろうと、良いものは良い。
そして、良いものは大事にして欲しい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazonカスタマー トップ500レビュアー 投稿日 2012/1/2
なんでこんなアニメがメジャーにならずに埋もれているのかな。
 私は最初ただのロリな輩が萌える類のどうしようもないアニメだと思っていた。
ふとした機会に見てみた。 泣けた。

 なんだ、、、この地味かつ真面目なつくりのアニメは!;;
そして私は北海道を野営しつつツーリングなんてことをたまにする人間ですが、北海道の風景や日常の表情が実にリアルに描かれている。
そんな日常の中できわめて日本人的な感受性を大事にして静かに話が
進んでいきます。 文部省推薦とかつけてあげてもいいくらいに教育的な内容で
私は日本が世界に誇っていい作品の一つくらいに感じています。

 お金はないけど作品を作った人や、これを商品として取り上げてくれた関係者へのお礼の意味も含めて購入。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 10年経っても色あせないこの大傑作が、DVD BOXで廉価に入手できるなんて夢のようですね。

 北の国からを意識して作られたそうですが、アニメであることがこれほど正解であることは珍しいですね。小学校4年生を主人公にして物語をを描こうとしたとき、どんな上手な子役を配したとしても、演技であることが物語の味わいをそいでしまう。へたならぶちこわしであるし、上手すぎれば上手すぎたで、物語よりも、演技に目がいってしまう。その点、この年齢の子供の日常を丁寧に描こうとしたら、やはりアニメーションといった手法が適切なのかもしれません。例えば、子供たちの釣りの場面での、つばさとひかるの口元の描きわけなど、画という限界に規定されたある種パターン的な―ただ線がひん曲がっているか、短くまっすぐかの違い―お約束なのであるがそれが性格描写やストーリー理解の妨げにはならないし、むしろ感情移入をたやすくします。

なに!それはお前が2次元派のアニオタだからだと!そうではありまっせん。では何か?君は小学4年生相手にリア充になりたいというのかね。そういう不健康なまねはやめておいたほうがよいぞ。

とにかく、単純化された様式的な表現の力を再確認するアニメであります。一例をあげれば、第12話だったか、つばさから意識的に距離を置こうとするひかるに対する不安を
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック