EMOTION the Best タクティカルロア... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

EMOTION the Best タクティカルロア DVD-BOX

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 8,424
価格: ¥ 6,516 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,908 (23%)
通常7~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 6,516より 中古品の出品:5¥ 5,592より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 菅沼久義, 中原麻衣, 高橋美佳子, 植田佳奈, 小林由美子
  • 監督: ふじもとよしたか
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2010/07/23
  • 時間: 325 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0039HP7QS
  • EAN: 4934569638632
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 39,773位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

美少女たちが繰り広げるリアル海戦アクション・アニメがお求めやすいスペシャルプライスのBOXで登場!
護衛艦で戦う女の子ってキライですか?

制作年度:2006年

【13話収録】
第1話「アイ、ショーティ!」/第2話「彼女の理由(わけ)」/第3話「微笑(えがお)と素顔」
第4話「Kのある風景」/第5話「ストライクバック」/第6話「相似形の悪夢」
第7話「エニアック・マニアック」/第8話「落日(テラ)の祭り」/第9話「バタフライ・ラッシュ」
第10話「ボトムライン」/第11話「花」/第12話「九番目の命題」/第13話(最終話)「アウトワード・バウンド」

近未来。突如、西太平洋上に現れた超巨大な停滞性台風『グランドロア』。その誕生にともなう気候変化により世界の様相は大きく変化した。その影響による海面の上昇をはじめ、海流の変化、気候の変動などアジアを中心とした世界各地に深刻なダメージを与えた。この自然災害を人々は『ケース・オメガ』と呼び、その大きな傷を歴史に刻んだ。
『グランドロア』発生から50余年。人類は血の滲むような努力により復興を成し遂げた。そして海洋航路の重要性が再認識され、第二の大航海時代を迎える。しかし、海洋発展の裏に暗躍する、現代的に組織化されたテロリスト=『海賊』たちの台頭を許してしまう。その脅威に対応するため、民間企業にも武装した自衛機関が組織されるようになった。
これは、そんな世界で『海賊』の脅威に、民間所属の護衛艦に乗り立ち向かう少女たちの物語である。

監督:ふじもとよしたか/シリーズ構成、脚本:兵頭一歩/キャラクター・デザイン、総作画監督:伊藤岳史/コンセプト・スーパーバイザー:小倉信也/メカデザイン:高倉武史/設定考証:白土晴一/美術監督:篠田邦宏/美術設定:比留間 崇/メカ・ビジュアルディレクター:伊藤浩二/色彩設計:伊藤ゆかり/3Dディレクター:岩井 淳/3Dヴィジュアル・ディレクター:武田隆史/音響監督:明田川 仁/撮影監督:杉浦 充/音楽:七瀬 光/製作:バンダイビジュアル、アクタス 他

凪宮漂介:菅沼久義/美咲七波:中原麻衣/綿摘 翼:高橋美佳子/深水さんご:植田佳奈/海里美晴:小林由美子/阿古屋真夏:比嘉久美子/阿古屋真秋:新井里美/クレイオ・アクアノート:夏樹リオ/ターニャ・L・コジマ:三宅華也/島原看取:皆川純子 他

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

海上戦闘と萌え要素満載のキャラクターが繰り広げる海洋バトルアクションのBOX。超巨大な停滞性台風・グランドロアの影響で世界の様相が激変した近未来。海賊が台頭する大海原で護衛艦“パスカルメイジ”が危険な任務に立ち向かう。全13話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この作品は現代海戦アクションを題材としている珍しい作品です。
異常気象による海面上昇と大気流の不安定化に端を発する第二の大航海時代を舞台に、台頭する海賊に立ち向かう女性だけで運用される民間護衛艦の奮闘と、クルーの葛藤、恋愛を描いた作品です。
このアニメの評価されるべき点は、現代の艦対艦戦闘を徹底的に研究してその魅力を最大限引き出した事と、創りこまれた世界観・兵器考証、人物背景だとおもいます。
ストーリーは、女性の社会進出に対しての男性社会の現実を皮肉っていてとても興味深いし、当時先進国の軍隊では珍しかった前線部隊で戦う女性を真面目に考証して人物背景に反映しているので説得力がある。時代を先取りした兵器郡は近未来海戦SFの名に恥じないもので、近年になって現実に先進国海軍で実現された装備がちょこちょこある程です。
しかし、放映された時期が「電車男」や「涼宮ハルヒの憂鬱」等が放映されて、社会のサブカルチャーへの関心と興味が高まった時期だったせいなのか、ストーリーの方向性が迷走した感があり、特に日常パートではそれが顕著だった。
第一に主人公は一応男性なのですが、このキャラクター、人物背景が非常におざなりで何らかの要因で後から付け足されたキャラっぽさがあふれているうえ、戦闘や海の上(船に同乗しているにもかかわらず)では、まったくと言うほど登場せ
...続きを読む ›
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ガルパンを作ったアクタスがこんな隠れた海戦アクションの名作をつくっていたとは...Lemondropkidさんのおっしゃる「軟派なハーレム男にも存在たらしめるレゾンデートルが必要なのですよ」にはたしかに首肯せざるを得ないし、「お色気シーンに目を瞑れば良作」というのもそのとおりだと思います。これで減点1になりますが、'' '''''1'' ̄さんが高評価を付けた理由である「現代の艦対艦戦闘を徹底的に研究してその魅力を最大限引き出した事と、創りこまれた世界観・兵器考証」「前線部隊で戦う女性を真面目に考証して人物背景に反映しているので説得力がある。時代を先取りした兵器郡は近未来海戦SFの名に恥じないもので、近年になって現実に先進国海軍で実現された装備がちょこちょこある程」というこの作品の最大の魅力は自分にとって前者の欠点をおぎなってあまりまるものでした。また女性キャラがあの「ナデシコ」を思い出させ、それもはまった理由です。みほみたいに、冷静沈着なときの美咲七波は美しく知的でかっこいい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この作品のことは今回再販されるまで全く知りませんでした。
ですが私自身少なからず安全保障問題に関心があるのと、(今消えてますけど)過去に絶賛するようなレビューもあったので興味を持って購入しました。

作品自体ですが、まず設定や世界観そのものは非常に良くできており、特にこの手の作品で重要な要素を占める兵器考証もかなり力が入っていると思います。
ヒロインはじめ多くの登場人物のキャラクター設定も(1人を除いて)良いと思いますし、プロットだけを見れば確かに良作になる可能性を秘めていたと思います。

しかしその全てを主人公の男が台無しにしてしまいました。
軟弱な巻き込まれ型キャラを用意して次々とお色気イベントを発生させれば、男性ファンが飛びついてくれるとでも計算したのかもしれませんが、行動や台詞のひとつひとつが極めて不快で人格的な整合性も取れておらず、美少女系アニメが大好きな筆者から見てもこの男は吐きそうなくらい気持ち悪いです。
この主人公を物語から抹消するだけでも良作に仕上がったことでしょう。

どんな軟派なハーレム男にも存在たらしめるレゾンデートルが必要なのですよ。
ちょっとばかりお色気なイベントの羅列に向かって無意味に突き進む人格の萌芽のかけらもない登場人物など、オムニバスAV
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック