¥63,800
無料配送: 4月12日 - 13日 詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
この商品は、ECOFLOW JPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。
ECOFLOW(エコフロー) ポータブル電源 RI... がカートに入りました
こちらからもご購入いただけます
¥63,800
& 対象商品の配送料無料詳細
発売元: EcoFlow Japan
この商品をお持ちですか?

ECOFLOW(エコフロー) ポータブル電源 RIVER Max 576Wh 出力600W(ピーク1200W) X-Boost機能付き 高速充電1.6時間 家庭用蓄電池 車中泊 キャンプ 防災グッズ 50Hz/60Hz対応 純正弦波

5つ星のうち4.5 71個の評価
Amazon's Choiceは、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格の商品をおすすめします。
Amazon's Choice ecoflow

価格: ¥63,800

購入を強化する

ブランド EF ECOFLOW
商品寸法 (長さx幅x高さ) 28.9 x 18.4 x 23.5 cm
電池セルの構成 リチウム

この商品について

  • 【3x600WACコンセントと576Wh容量】RIVER Maxには3つのACコンセントと576Whの容量があり、コンパクトでありながら、安心安全な電力をサポートします。
  • 【1時間以内に0から80%まで充電】EcoFlow X-Stream チャージテクノロジーは、1時間以内に0〜80%からポータブル電源を再充電します。静かな充電はEcoFlowアプリから有効にできます。APPの「静音モード」ステータスをオンにすることで、より静かな充電状態に切り替えることができます。
  • 【最大10台のデバイスを同時に給電する】EcoFlowの特許申請中の技術「X-Boostテクノロジー」の高度なアルゴリズムにより、高出力電化製品の「電圧を下げる」ことで作動させることができます。IHクッキングヒーターやコーヒーメーカーはもちろん、ドライヤーや電子レンジまで使うことができます。
  • 【モジュラーデザイン】独自のモジュラーデザインにより、RIVERとRIVER Maxを簡単に自由に調整できます。エクストラバッテリーは、必要な状況で、容量を288Whから576Whに2倍にします。エクストラバッテリーを簡単に取り外しでき、旅行中、アウトドアアドベンチャー、または外出先でデバイスに電力を供給する必要があるアプリケーションでの携帯性を高めることもできます。
  • 【同梱品】1 * RIVER Max ポータブル電源、4種類の充電ケーブル(1 * 1.5M AC充電ケーブル、1 * 1.5M車充電ケーブル、1 * 1.5M MC4からXT60ソーラー充電ケーブル、1* DC5521-DC5525ケーブル)、1 *ユーザーガイド。
もっと見る

機能別のカスタマー評価

充電速度
4.9 4.9
暖かさ
4.2 4.2
軽さ
4.1 4.1
ポイントアップキャンペーン

ファッションタイムセール祭り開催中 4/12(月)23:59まで
期間限定で人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ECOFLOW(エコフロー) ポータブル電源 RIVER Max 576Wh 出力600W(ピーク1200W) X-Boost機能付き 高速充電1.6時間 家庭用蓄電池 車中泊 キャンプ 防災グッズ 50Hz/60Hz対応 純正弦波
  • +
  • EF ECOFLOW ソーラーチャージャー 110W ソーラーパネル 単結晶 高変換効率 IP67防水防塵 折りたたみ式 薄型 ソーラー充電器 防災 12ヶ月保証
  • +
  • EF ECOFLOW ポータブル電源 RIVER 288Wh 出力600W(ピーク1200W) X-Boost機能付き 高速充電1.6時間 家庭用蓄電池 車中泊 キャンプ 防災グッズ 50Hz/60Hz対応 純正弦波
総額: ¥133,145
選択された商品をまとめて購入

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

詳細情報

登録情報


商品の説明

RIVER 600 MAX

EF ECOFLOW RIVER Max ポータブル電源 インテリア性の高いデザインと、高性能、コンパクトさを兼ね備えている、キッチンや玄関、キャンプ場など様々な場所に飾ってみたくなるポータブル電源なのです。

  • RIVER + RIVER専用エクストラバッテリー = RIVER Max 容量が2倍の576Whになります!
  • 専用アプリで遠隔操作が可能:電池残量の確認やAC・DCの作動や停止だけでなく、LEDライトによるSOS点滅や注意喚起点滅にも切り替えることができます。
  • 特許技術(申請中)のX-Stream充電テクノロジーが採用されていて、アダプターが無いケーブルを通して交流電源(AC)を高効率で直接充電させる技術を実現しています。X-Stream充電なら0%から80%までの充電がたった1時間、フル充電でも2〜3時間ほどです。

ご注意:RIVER Maxポータブル電源を充電する際、必ずRIVER Max専用のACケーブルをご使用ください。その他のACケーブル使用時の不具合、破損、発火およびそれらに起因する損害は、予めご了承の上お客様の責任においてお使いください。

RIVER 600 MAX RIVER 600 RIVER 600 KIT RIVER PRO RIVER PRO EB 160W
RIVER Max ポータブル電源 RIVER ポータブル電源 RIVER専用エクストラバッテリー RIVER Pro ポータブル電源 RIVER Pro専用エクストラバッテリー 160Wソーラーチャージャー
容量 576Wh 288Wh 288Wh 720Wh 720Wh -
AC 出力 600W (ピーク1200W) 600W (ピーク1200W) - 600W (ピーク1200W) - -
AC ポート数 3 (100-120V) 3 (100-120V) - 3 (100-120V) - -
USB-C 出力 100W 100W - 100W - -
ポート数 10 10 - 10 - -
AC充電時間 1.6 時間 1.6 時間 - 1.6 時間 - -
ソーラーパネル充電力 200W 最大 200W 最大 - 200W 最大 - -
APP - - -
サイクル寿命 800(80%+) 800(80%+) - 800(80%+) 800(80%+) -
重さ 7.7 KG 5 KG 2.5 KG 7.2 KG 7 KG 7 KG

FAQ

Q1: 通信可能のWI-FIがない場合、RIVERとアプリを接続するにはどうしたらよいでしょうか。

A1: デバイス本体のホットスポットに接続:a. 「ビープ音」が聞こえるまで、EcoFlow RIVERのIOTリセットボタンを長押しします。 b. スマートフォンのWi-Fi設定でデバイス本体のホットスポット(EcoFlow_XXXX の Wi-Fiのように表示されます)をクリックします。 c. 接続が完了するまで待ちます。 If. デバイスがアプリに正常に接続されると、「デバイス」リストに表示されます。

Q2:ACの電圧電流及び周波数を教えてください。

A2:電圧は日本仕様の100Vにこだわっています。アプリで50Hzと60Hzを変換可能です。(X-Boost機能を利用する時に、電圧は若干低くなります。)

Q3:X-Boost機能はなんですか。

A3:X-Boost 機能は、高度なアルゴリズムにより高出力な電化製品の出力を下げます。600W から最大 1200W までの電化製品を動かすことができます。なお、電化製品によっては電圧を下げると製品保護のため、利用停止する製品もあります。X-Boost 機能は全ての電化製品に適用していないため、ご利用前に接続テストを行ってください。

Q4:ソーラーチャージコントローラーはMPPTまたはPWMですか?

A4:MPPTを採用しており、最大200Wのソーラーパネルで入力できます。

Q5:ソーラーパネルでの充電中に、他のデバイスに給電できますか?

A5:ソーラーパネルも充電中に他のデバイスに電力を供給することができます。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
71 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2021年1月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入りベスト500レビュアーVINEメンバー
2021年1月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 液晶パネルは大変見やすく、操作方法もシンプルでマニュアルがいらないくらい
ユーザー名: voodootalk、日付: 2021年1月20日
本日、『ECOFLOW ポータブル電源 RIVER Max 576Wh 出力600W』が到着したので、早速試してみた。

大容量のポータブル電源の必要性は今や、キャンプや野外ライヴといった娯楽にとどまらないことが感じられている。最早、一家に一台備えておくべき必需品になっていると思う。 まず、『ECOFLOW ポータブル電源 RIVER Max 576Wh 出力600W』の特徴だが、

・576Whと大容量
・AC100Vコンセントを3口持っている
・AC、シガーソケット、ソーラーパネルと3種類の充電方法がある
・サイズが極めてコンパクトで場所を取らない

ということがあげられると思う。

使ってみると液晶パネルは大変見やすく、操作方法もシンプルでマニュアルがいらないくらいだ。基本的に電源オンオフのスイッチとAC電源起動オンのスイッチ、DC電源起動オンのスイッチをマスターすれば良いだけだ。 まず最初に充電を行う。AC、シガーソケット、ソーラーパネルと3種類の充電方法があるが、基本的には自宅で充電して使うということになるだろう。これもカンタンでACケーブルを繋ぐと自動的に充電が開始する。ほぼ1時間で80%充電、フル充電で2〜3時間のようだ。

特に気に入ったのは、28.8 x 18.5 x 25.3 cmと小さく、7.5kgという重さだ。VanMoof X3を手に入れたのだが、その充電にもってこいだと思った。

そして、災害時にも物凄くチカラを発揮すると思う。AC電源にもDC電源にもなるので、フツーの電気器具にも、スマートフォンなどの充電にも両方使えるところも素晴らしい。 ぼくは、自分の会社でクルマを導入したのだが、その際電気自動車を研究したことがある。調べてみると、電気自動車を蓄電池として使い、自宅への電源にすることはできるのだが、その周辺機器が極めて高価なのが分かったので止めた経緯がある。それよりも、『ECOFLOW ポータブル電源 RIVER Max 576Wh 出力600W』のような電源のほうが臨機応変に使い分けもでき、価格も安く、使いやすいと思った。

シゴトで使うのにも様々な使いみちが思いつく。プロジェクタ等をどこでもつないで、プレゼンができてしまう。それはかなり他社との差別化にもつながるだろう。

まだ、太陽光パネルを使った使い方は、試したことはないのだが、是非機会があったら試してみたいと思う。これで、太陽光でもほぼ同じチカラを発揮してくれれば、完璧である。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年1月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 ファンがうるさい→問題解消しました
ユーザー名: Amazon Customer、日付: 2021年1月25日
—-
2月4日追記
レビューを見たメーカーのサポートの方からファームウェアのベータテスターになりませんかとのご連絡をいただきました。迅速かつ的確なサポートで大変ありがたいです。

新しいファームウェア1.0.2.20では、充電中やACをオンにした時の(無条件の)ファンの回転がなくなり、とても静かになりました。さすがに湯たんぽを加熱する(300W出力)時にはファンが音を立てて回り始めましたが、それは就寝前の5分10分の話なので問題なし。ACからの充電時も少し時間が経つとファンが回り始めますが、充電時間の短い(500W近い入力が可能な)ポータブル電源なので仕方ないと同時に、時間も短いので気になることはありません。

ACの電気敷毛布(サーモスタット方式で50W〜0Wをうろうろする)は、温度を一番高く設定して小一時間使ってみましたが、ファンの回転も本体の温度上昇もなしです(アプリでは本体温度30度前後をキープしていることを確認)。より長時間連続で使うと温度が上がったりファンがまわったりもするかもしれませんが、今のところは全く問題なく、静粛で快適です。

アプリでバージョンアップでき、使い勝手がさらに良くなるというのはとても良いですし、迅速に不満点を解消していただいたこともありがたいです。キャンプには向いていないとの以前のコメントは撤回すると同時に、星5つといたします。

—-

冬のキャンプ場で、ACコンセントに繋いで直接蓄熱するタイプの湯たんぽを使いたいと思い購入。事前に他社の300W出力(瞬間450Wまで)のポータブル電源に一瞬だけ繋いでみたところ、380Wほどの消費電力だと表示が出たため、蓄熱に必要な10分間程度の通電が可能な、継続的なワット数の高いモデルを探していました。

良いところ
・ACアダプタタイプではなく、ACケーブルが直接挿さるため、充電時の煩わしさはない。本体への接続は3Pのコネクタとなっていて、よくデスクトップPC等で使われているタイプです(コンセント側は2P+アース線)
・AC出力ポートが3つあり、テーブルタップをキャンプ場に持っていかなくとも大丈夫
・充電時間は短い
・WiFi経由でスマホアプリから動作状況や本体設定をチェックしたり変更したりが可能

悪いところ
・ファンがうるさい。AC出力をONにしている時や充電時には扇風機くらいの音がする。災害時のような緊急事態なら問題になるほどのことはないと思いますが、また、自宅での充電時にはその場にいなければいいだけですが、静かなキャンプ場で就寝時にACを使いたいとは思わないレベル(できれば30W程度しか電力を使わない電気敷毛布等にも一晩中給電できたらとは思っていたのですが)。出力の弱いAC機器を使っているときなど、放熱に問題がなければ回転を止めるとか遅くするとかの賢い制御を入れて欲しい。
・ACケーブルが太い。短い充電時間とのトレードオフで、ケーブルがかなり太いものであり、取り回しはそれなりに苦労しそう
・USB-Cが出力専用。時間がかかってもいいからUSB-Cでも充電できるようにして欲しかった。そうすれば、急速充電が必要のないシチュエーション(1〜2泊のキャンプ利用では、帰宅後にゆっくり充電すればいい)では、取り回しが良く最近はあちこちで使えるUSB-Cで充電できればACケーブルの取り回しの悪さがだいぶ緩和されるのだけれど。

災害時には、最大出力やバッテリ容量の点で役に立つモデルだと思いますが、総じて、キャンプにはあまり向いていないようです。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2021年2月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入早期レビュー取得プログラム(詳細)
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 600W超えても使える機能「X-boost」が優秀
ユーザー名: ゴルバ、日付: 2021年2月6日
少し長めのレビューです。ご了承ください。

某クラウドファンディングサイトにて多くの応募を獲得していた大容量バッテリーの新型です。
クラファンに応募しようかと悩んでいるうちに美味しいプランが売り切れてしまったので、Amazonにて購入しました。

今回、購入した決め手となるのが「X-boost」という機能です。
一般的なポータブルバッテリーは、許容量を超えた入力電力だと安全装置が働いてOFFになったり、下手すると故障してしまう場合がありますが、「X-boost」はRIVER Maxの常用のMax値である600Wを超えた場合でも、強制的に600Wに下げて運用が可能になる優秀な機能です。

例えば、大きな電力が必要となるドライヤーですが、600W以下に収まる出力のモードであれば通常と同様に使用が可能。ターボモード等の大きな電力を必要とする場合には供給電力をセーブしてそのまま使用が可能になります。
具体的には通常使用時に比べると熱量、風の量が弱くはなりますが、使えないことがないというイメージです。
これによって、IHのコンロや電子レンジでも使うことが可能でした。
瞬間的な電力は1200WまでOKなので、比較的大型な家電の電源ON時にも耐えられるのも使いやすいポイントだと思います。
AC電源使用時は冷却ファンがそこそこな音で回りますので注意です。負荷に関係なく回るのだとおもいます。

「X-Boost」は購入時から「有効」になっているとは思いますが、もしも使えない場合はスマホアプリ「EcoFlow」と本体をリンクさせた後、アプリ内の設定で「有効」にすると使えるようになります。

また、アプリにおいてAC電源のONだったり、周波数(50、60Hz)の切り替え、本体に内蔵されているLEDの点灯パターン、色の変更等ができます。
使用状況のモニタリングも可能なので、本体液晶がすぐに見れない場所にRIVER Maxがあったとしても、バッテリー残量や使用電力量、充電中なら充電量等もわかるのは今までアリそうでなかった機能ではと思います。
リモートで電源のONができる機能は、就寝時等にテント内から外においているRIVER Maxを操作してランプの消灯等、使い方次第で大変便利に使えると思います。
本体とスマホの通信は、本体から発信されるWi-Fi電波によって行われます。(ネットブラウジング等のデータ通信は不可)
LEDについては個人的になくても良いので、設定でOFFにできるのは助かりました。

本体充電に関しては、デスクトップPCの電源ケーブルと同じ(3ピン)ものが使用でき、急速充電が可能でした。
従来であれば、大きなアダプタが必要でしたが、効率よくAC電源を変換できる技術が内蔵されているらしいです。
エコモードにすると電力を落として(110W程度)ゆっくりと行うことも可能ですが、充電時の冷却用ファンはエコ時、急速時どちらもそれなりの音を響かせて回転するので、このモードのメリットはバッテリーの保護を意識できる事位かもしれません。

急速充電は本当に早いです。(ディスプレイの入力電力は500Wを表示)
別売りのソーラーも使えるようなので、今度使ってみます。(現在ケーブルの納品待ち)

UPSモードは充電しながらでも使えます。
充電する電力+αを充電しつつ、使用する機器にも電力を提供します。
例えば、エコモードにて充電しているときは110W+α(使用する機器にて使う電力)が入力に表示されます。
充電用の給電がなくなっても、バッテリーからの出力に即座に切り替わるので、PCを接続して試してみましたがしっかりと使えました。データが吹っ飛ぶのを防いでくれます。

その他機能、ポート類は一般的なポータブルバッテリーと同様で、必要な基本機能はしっかり備わっていました。
モバイルディスプレイへのUSBからの給電、ポータブル冷蔵庫へのAC出力及びシガーソケットからのDC出力も無問題でした。

デザインは黒ベースでカッコいいと思います。
上部ハンドルは畳んだりはできませんが、十分な合成感があります。
移動させたり、積み下ろしする際に持ちやすくて良かったです。

本体サイズも片手で持ち運べるサイズ感、重量も同様に重すぎるということは無いと思います。
容量もRIVER Maxは既存のRIVER600「288Wh」+エクストラバッテリー「288Wh」=で576Wh。
モバイルバッテリーでお馴染みのmAhにすると160,000mAhと、驚異の容量です。
キャンプにおいて電気毛布や冷蔵庫等を稼働させる場合でも、かなりの長時間、使用することができる大容量です。

まとめると、サイズ感が大きすぎなくて持ち運びもできるが、家電をつなげて十分に常用できるといえるレベルの容量を持ち合わせており、大きな電力を使用する機器でも「X-Boost」という独自の技術によって600Wを超えても使用することができ、スマホから電源のON,OFFができて、本体の充電は3ピンケーブルで急速充電が出来る、といった感じです。

今ひとつなポイントは、本体に埋め込まれているイルミネーションLEDが必要かという点ですが、感じ方は人それぞれだと思いますし、消灯も出来るので問題かと問われるとそうでもないです。

トラブルがあった場合のことを考えても、日本にカスタマーサポートがちゃんと用意されているので安心です。

品質も外観、性能ともに申し分なし。さすがにクラファンにて多くの応募を集めた製品だと感じました。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年1月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告