¥ 4,104
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Dr.竜馬のやさしくわかる集中治療 循環・呼吸編〜... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

Dr.竜馬のやさしくわかる集中治療 循環・呼吸編〜内科疾患の重症化対応に自信がつく! 単行本 – 2016/2/5

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 5,333

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Dr.竜馬のやさしくわかる集中治療 循環・呼吸編〜内科疾患の重症化対応に自信がつく!
  • +
  • Dr.竜馬のやさしくわかる集中治療 内分泌・消化器編〜内科疾患の重症化対応に自信がつく!
  • +
  • 竜馬先生の血液ガス白熱講義150分
総額: ¥10,584
ポイントの合計: 317pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

敗血症,肺炎,COPDなど,病棟や外来でよくみる内科疾患が重症化したときの考え方を,病態生理に基づいて解説.集中治療の基本が面白いほどよくわかり,重症化への適切な対応が身につく!


登録情報

  • 単行本: 351ページ
  • 出版社: 羊土社 (2016/2/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758117845
  • ISBN-13: 978-4758117845
  • 発売日: 2016/2/5
  • 梱包サイズ: 21.2 x 14.6 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,763位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
麻酔科専門医試験の勉強のため購入しました。必要な事柄がわかりやすく書かれており、知識の整理や再認識に役立ちました。これから集中治療を学ぼうと考えてる方にオススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
集中治療をローテートする研修医に良い内容です。
分かりやすく書かれているのですが、ちゃんと集中治療が分かっていないと書けない内容であることは明白です。
個人的には本質的に評価は高いですが、気になる点が多いです。

たとえば、COPD急性増悪時のmPSL240mg以下の方が死亡率が低く・・・という記載です。
「低用量群は有意な死亡率低下をもたらさない(オッズ比0.85; 95%信頼区間0.71-1.01)」という解釈が
妥当なものであって、死亡率が低いというのは語弊があるのでは?
コクランレビューを引用しているところもあれば、RCTのみを引用しているところもあり(論点にコクランレビューのものがあるにもかかわらず)、ちぐはぐに感じることが多かった。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
麻酔科医です。
気道管理の項目にも多くのページが割かれていましたが,ページ数の割に結構間違いや不足も多いと感じました。
まずsniffing positionの話をしているページの挿絵が思いっきり頭部後屈顎先挙上になっています。
タオルを入れるにしても,口軸喉頭軸の話にしても,あの挿絵は間違いですのでお気をつけください。
ビデオ喉頭鏡はMcGrathもいいですが,肥満患者や頸椎可動域制限のある人を例に出すならば,AWSやAirtraq,Kingvisionなども言及する必要があるでしょう。
BVM換気が重要!という割には,具体的な手技についての言及に乏しい印象です。(そういう本なのかもしれませんが)
awake intubationにあたっては麻薬性鎮痛薬も必要です。鎮静薬のみではかなりつらいと思います。
スガマデクスがあるので,筋弛緩はロクロニウムをファーストチョイスにしている病院もあると思います。

とまあ麻酔科医からみると気道管理の項目は突っ込みどころ満載なのですが,
ほかの項目に関しては病態生理の解説に定評のある著者ですから,大丈夫だと思います。
手術室と救急・集中治療では状況が違うという人もいるかもしれません。
ICUや救外での換気・挿管もしていますが,
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当方麻酔科専門医、ICU専門医です。
自分自身、若手や非ICU専門医に指導する立場ですが、「基礎生理的な内容をいれつつ最新のエビデンスも教え、さらに飽きられないよう(上から目線に感じられないよう)にユーモアも混じえる」といったスタンスにしております。
この本はその点をきっちり押さえていて、とても良くできています。
内容のレベルはICU専門医未満で学ぶものですが、専門医の私でも再確認できた部分は多く、特に若手に指導する時の参考になります。

筆者は海外の勤務医ですが、先日の日本集中治療医学会学術集会でも積極的に講演されていました。
今後の日本のICUレベルをあげてくれる貴重な存在だと思っています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告