¥ 994 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: イーブックスパイダー吉野の桜店

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 収録曲:1.STRANDED 2.NICE TO MEET YOU 3.アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック など全12曲収録。【レンタル落ちCD】の為、多少の汚れや傷がある場合がございます。可能な限りでクリーニングを致しますが、ジャケット等を傷める可能性がある場合、シール等を貼ったまま出荷致します。歌詞カードの破れ・傷みや管理シールが貼付されている場合もございます。再生チェックは行っておりませんので、ご了承ください。レンタル品の為、帯が無い場合や付属品は一切ついておりません。弊社に在庫が複数ある商品につきましては、掲載しているジャケットの写真と状態の異なるジャケットの商品が届く場合がございます。ご了承ください。【発送方法】CD 2点までゆうメール便となります。5000円以上または、3点以上ご購入で佐川急便となります。交通機関の不具合や悪天候、年末年始や大型連休等の繁忙期は商品の到着時間帯及び到着日が前後する事がございます。【営業日】月曜~金曜[10時~17時]★営業時間外のご注文・お問い合わせは翌営業日対応となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,400MP3アルバムを購入

Doubt

5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 994
OFF: ¥ 2,152 (68%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、イーブックスパイダー吉野の桜店 が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の L-R ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Doubt
  • +
  • Let me Roll it!
  • +
  • LACK OF REASON
総額: ¥3,844
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1997/4/16)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ポニーキャニオン
  • 収録時間: 46 分
  • ASIN: B00005FQAF
  • JAN: 4988013781139
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 77,828位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
2:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
3:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
3:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
4:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
3:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
5:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
3:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

商品の説明

初回限定特殊仕様ジャケット・1997年:ポニーキャニオン

メディア掲載レビューほか

シングル「アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック」「STAND」他、全12曲を収録。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
ずっと欲しかったので購入しました。また他のも買いたいですありがとうございました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
良き作詞家、作曲家は一度でなく沢山の良き作品を生み出すことが出来る。これはとてつもなく当たり前の事であると思う。だが実際はどうだろうか?(ヒットするようなキャッチーな曲を良い曲と仮定して)

アーティストのなかに一度や二度、

日の目を見ることが出来たとしても、

そこから自ら脱線していく者がたまに見受けられる。

L−Rというのはまさにそれである。多くの人に、彼らの事を未だ一発

屋だと思われているが「そうではない」とこのアルバム一枚で証明できると私は断言したい。「きけばわかる」はずである。

このアルバムが

‘極上の良質ポップ作品’である事を
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
オリジナルラストアルバム。これは傑作です。曲は前のアルバムLET ME ROLL ITをより良くした感じです。ジャンルは違うんですが、NEW CINEMA蜥蜴の1stやWANDS洋楽ではBON JOVIやDAUGHTRYといったロックが好きな人にはヒットするんじゃないでしょうか。
好きな曲は2曲目、3曲目、4曲目、6曲目、8曲目、9曲目、10曲目、11曲目、12曲目です。
特に2曲目のNICE TO MEET YOUと6曲目の雲と12曲目のSTANDは今でも流すと血が騒いで一緒に歌います。

2016年12月7日追記 健一さん今まで本当にありがとうございました。名曲達を多く作ってCDR にその名曲達の中で好きな曲を選んで、週に一回は必ず聴いてます。そしてこれからも聴き続けます。

追記をレビューして、ほとんど泣きそうになってるんですけどなんとか我慢します。
ありがとうとはいったけど本当のところ心の中は悔しさしかありません。本当に悔しいです。ちきしょうと大声で叫びたいです。
もっと活躍かまたエルアールが再開する姿を本当に、本当に、本当に、見たかったです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 解散を控えた L⇔Rの最後の渾身作!

 グループとしてのできる全て注ぎ込んで 次のステップに進む。
 その軌跡を確かに記してくれた名盤である。
 ぱっと一聴したところでは、ちょっと音の薄い軽めのポップと感じる。
 まぁ、メロディラインがクセになりそうかな…ぐらいだ。
 だが 何度も繰り返し聴いているうちに、詩の裏に潜む、鋭い言葉がじわじわと効いてくる。

 音は心地よいから リピート、でも、言葉は心の奥にどんどん焼きついていく。
 現実と空想の狭間で、ゆらゆらと たゆたうような頼りない世界。その中で、夢現のまま 目覚めを感じながら、眠りに落ちていく。

 今見ている世界は…本当に君が見ているものなのか?
 それは、ただ信じていても いいのかい……
 ひょっとして洗脳ってこんな感じ?・・・・
 でも、こんなに前向きだと悪くないだろう。

 Single 『アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック』 『STAND』 に加えて、
 傑作と名高い 『雲』 『ブルーを打ち抜いて』 を含む 全12曲。
 一番 好きなのは、『直線サイクリング』。
 真実にたどり着いているのに立ち向かえない。
 サ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: MP3 ダウンロード
この作品は、活動休止前に最後に発表された作品です。私は後追いのファンなので当時の情報は断片的にしか知りませんが、この後に発表された黒沢秀樹氏のソロアルバムが「Believe」というタイトルだったこともあり、一見するとこの作品は秀樹氏の主導で制作されたアルバムかと思えます(私も初めはそう思っていました)。しかし、実際のところ、誰が主導だったかということは明確な結論を出せそうにありません。

この作品は、サウンド的には、それまでのL⇔Rと同じく、ロック・ポップスの伝道師的な作りになっていますが、歌詞からは、「音楽をビジネスとして成功させ続けるためのスピード感」と「ファンに確信をもって聴いて欲しいと思える仕上がりにすること」との狭間で苦悩していた様子がひしひしと伝わってきて、「確かにとても素晴らしいんだけど、どことなく痛々しい」と感じずにはいられません。

おそらく、メンバー自身も、彼らが敬愛する先人たちがそうであったように、「商業的に成功しつづけること」へのプレッシャーが程々にあったほうが、それがスパイスとなっ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す