この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Does It Matter?: Information Technology and the Corrosion of Competitive Advantage (英語) ハードカバー – 2004/4


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
ハードカバー
¥ 5,056 ¥ 550
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   情報技術についての大胆な声明書。

   この10年間というもの、テクノロジーのバブルが崩壊してからでさえ、専門家やコンサルタントや思想的リーダーたちは、情報技術はビジネスの成功の決め手であると主張してきた。

   しかし、ITのエキスパートであるニコラス・G・カーは、雄弁で挑発的な本書のなかで、こうした従来の説を真っ向から否定する。彼によれば、ITはパワーが増すにつれ、戦略の手段としての重要度が低くなる。かつてはビジネスで優位に立つための手段だったITが、今やビジネス・マネジメントと深く関わる「ビジネスコスト」となったというのである。

   カーのこの見解はすでに「ハーバード・ビジネス・レビュー」誌上で発表され、激しい議論を巻き起こした。その記事をさらに発展させた形の本書は、ビジネスにおけるITの役割は変化し、その影響は均一化しているのだと説明。説得力のある語り口が読者を圧倒する。

   カーは歴史上の事実と現代の事例とを鋭く分析し、IT革命が鉄道革命や電力革命といった過去のテクノロジー革命と類似していることを証明。そのうえでこれからのITマネジメントのあり方について述べ、重要なのは革新や投資よりもむしろコストコントロールとリスクマネジメントであると主張する。さらにより広い視点に立ち、ITとビジネスの戦略や組織化、テクノロジー産業との関わりを考察する。

   現代のきわめて重要なビジネス現象の常識を根本から覆す本書は、「ITの未来」論争における重大な指標となるだろう。

内容紹介

Over the last decade, and even since the bursting of the technology bubble, pundits, consultants, and thought leaders have argued that information technology provides the edge necessary for business success. IT expert Nicholas G. Carr offers a radically different view in this eloquent and explosive book. As IT's power and presence have grown, he argues, its strategic relevance has actually decreased. IT has been transformed from a source of advantage into a commoditized "cost of doing business"--with huge implications for business management. Expanding on Carr's seminal Harvard Business Review article that generated a storm of controversy, Does IT Matter? provides a truly compelling--and unsettling--account of IT's changing business role and its leveling influence on competition. Through astute analysis of historical and contemporary examples, Carr shows that the evolution of IT closely parallels that of earlier technologies such as railroads and electric power. He goes on to lay out a new agenda for IT management, stressing cost control and risk management over innovation and investment. And he examines the broader implications for business strategy and organization as well as for the technology industry. A frame-changing statement on one of the most important business phenomena of our time, Does IT Matter? marks a crucial milepost in the debate about IT's future. An acclaimed business writer and thinker, Nicholas G. Carr is a former executive editor of the Harvard Business Review.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 193ページ
  • 出版社: Harvard Business School Pr (2004/04)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1591394449
  • ISBN-13: 978-1591394440
  • 発売日: 2004/04
  • 商品パッケージの寸法: 1.3 x 15.2 x 24.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 48,892位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち3.6 47 件のカスタマーレビュー
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち4.0IT doesn't matter, it's just about dreaming anyhow
2009年5月21日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち5.0Interesting read!
2013年5月14日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち2.0Couple of contradictions
2004年5月16日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち5.0MUST read for IT guys
2010年10月7日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち2.0verbose
2006年2月24日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。科学