DocumentaLy%EF%BC%88%E5%88%9D%E5%9B%9E%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4A%EF%BC%89CD+DVD... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,140
通常配送無料 詳細
発売元: 24 Treasure Market
カートに入れる
¥ 5,140
通常配送無料 詳細
発売元: 初夏レコード東京店(注文確定後24時間以内発送。レンタル落ち品は取り扱いなし)
カートに入れる
¥ 5,140
通常配送無料 詳細
発売元: 【2000円以上で全国通常配送無料】★am store★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,000MP3アルバムを購入

DocumentaLy(初回限定盤A)CD+DVD+豪華ブックレット CD+DVD, Limited Edition, Special Edition, Deluxe Edition

5つ星のうち 4.1 70件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,198 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、アリーナ書店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の サカナクション ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DocumentaLy(初回限定盤A)CD+DVD+豪華ブックレット
  • +
  • sakanaction (通常盤)
  • +
  • kikUUiki
総額: ¥9,534
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/9/28)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD+DVD, Deluxe Edition, Limited Edition, Special Edition
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 54 分
  • ASIN: B005DWBZW2
  • EAN: 4988002612062
  • その他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 28,481位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. RL
  2. アイデンティティ
  3. モノクロトウキョー
  4. ルーキー
  5. アンタレスと針
  6. 仮面の街
  7. 流線
  8. エンドレス
  9. DocumentaRy
  10. 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
  11. years
  12. ドキュメント
  13. ホーリーダンス Like a live Mix

商品の説明

内容紹介

オリコン3位を記録した前作4枚目のアルバム“kikUUiki”(2010年3月発売)以来、約1年半ぶり、通算5枚目オリジナルアルバムを遂にリリース。2010年10月に行われた初の日本武道館単独公演は即日SOLD OUT、大型野外フェスティバルではヘッドライナーを務めるなど大飛躍を果たしたサカナクション。今作3枚のヒットシングル“アイデンティティ“、“ルーキー”、“『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』”を含む最新のアルバムとなる!

メディア掲載レビューほか

前作『kikUUiki』以来1年半ぶり、通算5枚目のオリジナル・アルバム。今作には「アイデンティティ」、「ルーキー」、「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」などのヒット・シングルを収録し、最先端を行くサウンドや、時代を反映した文学性の高い詞世界とポップ・シーンの狭間を捉え、唯一無二のリアルが詰め込まれた1枚。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
サカナクションの5枚目となるフルアルバム。

「バッハの〜」をMステでサカナクションを初めて見て、少し気になっている人には是非聴いて
もらいたいアルバム。今までのどのアルバムよりも直接的な歌詞をしていてスッと理解できるし
シングル3枚収録なのもあり耳になじみます。以降全体の流れ。

シンシロ(3rd)以降続く遊び心のある一曲目のインスト「RL」から流れるようにシングル「アイデンティティ」に繋がり
グイグイくる開幕。
キーボードで明るさが際立つも閉塞感を唄う「モノクロトウキョー」、「ルーキー」と孤独感漂う序盤。
「アンタレスと針」が続き、そこにアルバム1の孤独を感じさせるのに曲はノリノリ、サビは
合唱御用達の「仮面の街」で前半を終える。

後半1曲目に新しい挑戦にも取れる静かに響く半インスト「流線」。
そしてアルバムの核であり3分48秒と短めのナンバーだが一切の蛇足なしの「エンドレス」。
同じくピアノから始まるネイティブダンサーに並びサカナクションの代表曲になるであろう素晴らしき出来。
再びインストが続き、知名度を押し上げた「バッハの〜」とそのカップリング「years」と来て
ラストは1stの匂いが漂う「ドキュメント」で見事に
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今まで以上にポップで流れ良く聴きやすいのに、結局息を詰めて聴き入ってしまう。踊りたいのに泣けてきて、感動のあまり笑う、すごいな、このアルバム! 理由のない虚無感に音楽は理屈をつけてくれる。どれも素晴らしく、依存気味に御馳走になるばかり。そんなつまんない自分にがっかりする時もままある。 でもサカナクションはなんか違う。CD買って聴くだけなのに、参加してる気になる。これには私も一枚噛んでるんだって、幸せな勘違いをさせられる。難解でも正直な歌詞への共感のせいかな。バンドの志の高さに感化されちゃってるのかもしれない。 サカナクションが鳴る世界、変わるのか、期待が焦りが昂揚が、泣かせるし笑わせる。ついでにやっぱり踊る。 サカナクションが鳴る車中、いつもの帰り道、ぎょっとするほどかっこよくPVか映画みたいに見えた。興奮で昨夜はちょっと眠れなかったし眠っていられなかった。 やっぱりすごいよ、このアルバム!
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoyo0616 投稿日 2013/7/13
形式: CD
「『時代を歌う』ってこと――それをエンターテイメントの人達に対してリスナーが求めなくなってきた分、ロックはちゃんとそれを担わなきゃだめだ」

時代を歌い、時代を言い当てることを意識してアルバムを作ったことをフロントマンの山口一郎はインタビューで答えている。(『MUSICA』11月号)

この時代を生きる当事者としての僕たちのリアルな気持ちを、山口さんの詞は言い当て、代弁する。

“誰かを笑う人の後ろにもそれを笑う人 それをまた笑う人 と悲しむ人”(“エンドレス”)
“エンドレス”のこの歌詞は彼の歌詞のひとつの到達点だろう。ネットが発達し、誰もが批評家になれるこの時代のことを歌った歌詞だ。YouTubeのコメント欄や匿名掲示板を見ると、この歌詞は確かに言い当てていると思う。

“セントレイ”以降、売れるために戦略的にシングルを作ってきた彼ら。しかし、「『わかりやすい』とか『売れたい』とかっていう考え方は、もうやめたんだよね。売れたいがために、JロックのDJパーティとかでかかったら盛り上がりそうな曲を作るとかさ」と『DocumentaLy』完成後のインタビューで答えている。それよりも、みんなが言いたいことを代弁してあげて、共感してくれた人が応援してくれるってスタイルがベストだと思うと語っている。<
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
前作kikUUikiで見せた世界観はあまりにディープすぎて、僕は作品として整理できなかった。一部絶賛する者がいるなか、大衆が入り込めない敷居の高ささえ感じさせた。それはつまり、一郎が目指す「メジャーとアンダーグラウンドの同居する音楽」を否定することにもなりかねなかった。
そんな結果を見て、一郎は改めてリスナーの生きる意識と向きあい、音楽の生きる記録=DocumentaLyを作り上げた。

テクノミュージックの類には古くから現実逃避の要素が少なからずある。電子音は非日常的快楽を生む。しかし、彼らの音楽はダンスミュージックでありながら、きっちり現実にリンクしてくる。その理由の1つは一郎の人間観察能力に長けた歌詞である。今作で、一郎の歌詞はさらにリアルな感触を求め、僕らの心を掴んで離さない物となった。キラキラとした音に乗る彼の生の言葉と、わずかに残るロックな感触により、サカナクションの音楽は機械的かつ非現実的なものには成り得ないのである。一郎は理解しているのだ。電子音が快楽を生むと同時に、それが孤独を作り出してしまうことを。
本作の言葉と音をしっかり受け取った人間は現実を自己完結で終わらせずに、自らの生きるドキュメンタリーを作り上げることが出来る。
2011年、僕らはネットに逃げ場を探してはいけない。現実にリンクするダンスミュージックの行
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック