DmC Devil May Cry (ディーエムシ... がカートに入りました
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、ソフト・ケース・説明書等に多少の傷、折れ、痛みがございます。ご了承を頂ける方に購入をお願いできれば幸いです。お支払い方法はクレジットカード、コンビニ払いからお選び頂けます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,107
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Re:MAKE【こちらをクリック頂くとその他の商品が見れます】
カートに入れる
¥ 1,300
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ケイマーケット
カートに入れる
¥ 1,300
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: グットプライスラボ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

DmC Devil May Cry (ディーエムシー デビル メイ クライ)

プラットフォーム : PlayStation 3
CEROレーティング: CEROレーティング審査中
5つ星のうち 3.3 348件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,190
価格: ¥ 1,106 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 6,084 (85%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ロドステーションが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
PlayStation3

【PS VRやPS4 Proが抽選で当たる】これからはじめるPS4 2017 Spring Kindle版
PlayStation 4をはじめて買おうと思っている方や、PlayStation 4の魅力をもっと知りたい方に最適な情報が満載の『これからはじめるPlayStation4 2017 Spring』のKindle版を無料配信中。ダウンロードするだけで、PS VRやPS4 Pro抽選に自動で応募でき、もれなくPC壁紙もプレゼントキャンペーン実施中。 無料のKindle本とキャンペーン情報を今すぐチェック。

キャンペーンおよび追加情報

機種・種類: PlayStation3

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • PS4/PSVita: PlayStationのニューリリース、売れ筋ランキングなどは「プレイステーション特集」でチェック。新型PS4本体から最新ソフトのラインナップ映像、キャンペーン情報まで。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • DmC Devil May Cry (ディーエムシー デビル メイ クライ)
  • +
  • デビル メイ クライ 4
  • +
  • Devil May Cry HD Collection Best Price! - PS3
総額: ¥5,641
ポイントの合計: 137pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

機種・種類: PlayStation3
  • ASIN: B00439HA3Y
  • 商品パッケージの寸法: 17.1 x 13.5 x 1.4 cm ; 100 g
  • 発売日: 2013/1/17
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 348件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 5,813位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

機種・種類:PlayStation3

『その快感、悪魔的。』

新生スタイリッシュアクション誕生。
天使と悪魔のハーフ・ダンテが、かつてないステージへと踏み出す。
Devil May Cryシリーズの特徴である剣と銃を駆使したスタイリッシュアクョンに加え、
これまでのシリーズにはない、斬新な要素を数多く取り入れ、『DmC Devil May Cry』 として生まれ変わる。

新生『DmC Devil May Cry』の闘いの舞台“リンボ”
人間界と魔界の接点であるリンボ。
現実世界から姿を変えたリンボの世界では、ステージそのものがリアルタイムに姿を変え、ダンテを襲う。
襲いくるステージを駆け抜け、様々なアクションを駆使し、リンボの世界で待ち受ける悪魔たちを蹴散らせ!



進化するスタイリッシュアクション!
スタイリッシュアクションも新たな要素を追加して進化している。
【エンジェルモード】
鎌のような鋭い刃で敵を切り刻むなど、スピード感あふれる武器捌きが可能なエンジェルモード。
他にも武器を変形させて障害物を掴みそこへ近づくエンジェルリフトなど様々な能力がある。



【デーモンモード】
斧やガントレットなど強力な武器で敵を粉砕する重厚感抜群の攻撃が可能なデーモンモード。
さらにデーモンモードでは武器をワイヤー状にして、敵を掴み引き寄せるデーモンプルなどの能力がある。



ダンテに眠る力を解放“デビルトリガー”
『DmC Devil May Cry』 におけるアクションの魅力のひとつでもある空中戦。
その空中での戦闘を引き立てるのが「デビルトリガー」 。
ダンテが内なるパワーを解放すると周囲の敵が空中に舞い上がり、一定時間無防備状態にする特殊な力である。
また、ダンテの外見が従来のシリーズを彷彿とさせる、銀髪に真紅のコートに変化する姿も見逃せない!



数量限定特典『悪魔を蹴散らすダウンロードコードセット』
ダンテの武器が特別なデザインに変化したり、ゲームを序盤から有利に進めることができるアクセサリーが入った
ダウンロードコードがなんと3種類、数量限定特典としてソフトに同梱される。
【特典1:ゴールデンウェポンパック&アイテムファインダー】
・ゴールデンウェポンパック(写真:左)
ダンテの武器が、黄金で出来たゴージャスなデザインに変化!
・アイテムファインダー(写真:右)
ゲーム序盤からステージ上にあるシークレットアイテムを簡単に見つけることが可能!



【特典2:ボーンウェポンパック&オーブハーヴェスト】
・ボーンウェポンパック(写真:左)
ダンテの武器が、悪魔の骨をかたどったデザインに変化!
・オーブハーヴェスト(写真:右)
ゲーム序盤からより多くのレッドオーブを集めることができるので、アイテムを購入し、ゲームを有利に進めることが可能!



【特典3:サムライウェポンパック&アップグレードポイント】
・サムライウェポンパック(写真:左)
ダンテの武器が、日本刀をイメージしたデザインに変化!
・アップグレードポイント(写真:右)
ゲーム序盤からダンテの様々な技を取得する為に必要なアップグレードポイントが入手可能!



※本特典のダウンロードコンテンツは、後日有料での配信を予定しております。
※本ダウンロードコンテンツを入手するコードは、1回のみ利用可能です。
※本ダウンロードコンテンツを入手頂くには、PlayStation(R)Networkに接続できる環境が必要となります。
※数量限定となります。予めご了承下さい。

『DmC Devil May Cry』体験版配信!
2012年11月21日頃より体験版を配信!
Devil May CryシリーズのDNAを受け継いだスタイリッシュアクションを実際に体感することができる。
3つの難易度から選択可能な2つのステージの他に、ステージ内に隠されたシークレットミッションや、
条件をクリアすれば高難易度モード「サンオブスパーダ」 にチャレンジできる要素も!
『その快感、悪魔的。』 をその手で体験しよう!!
※体験版の内容は一部製品版の仕様と異なる場合があります。
※本体験版をダウンロードするにはPlayStation(R)Networkへ接続する環境が必要です。
※本体験版は予告なく配信を終了する可能性がございます。


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

機種: PlayStation3
今までのシリーズ全部と今回のDMDモードと新しい難易度ヘルアンドヘルをやり終えました。
前々からのPVでダンテのキャラぶち壊しの映像にかなりがっかりさせられましたが、
体験版がでてある程度おもしろかったので購入してみました。
他の方が書いてるように最初はやってて良かったのですがやっていくうちに色々と不満点が、

1ロードが長すぎる。
2ただ移動する場面が多すぎる。
3一部の敵がエンジェルモードとデビルモードでしか喰らわない。
4ボスが弱い、ダサい。
5やはりキャラの言動、性格、ビジュアルが微妙。

なんでしょう、アクション面などは問題がなかったのですが
ダンテが新しい能力や武器を手に入れた時にダンテの夢の中?みたいなところに入ります。
そこでの移動距離が長くほとんど敵が出ないのでかなりダルいです。
それと一部のミッションで途中まで強制的に移動しかできずアクションなど何もできないところが何箇所かあります。
ロードの時間も含めこれらの移動時間があり戦闘場面までテンポよくいかずストレスです。

今回のボスが非常に弱く攻撃もワンパターンすぎて攻撃を喰らわずクリアできます。
またビジュアルも昔みたいにそれぞれのキャ
...続きを読む ›
コメント 271人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
機種: PlayStation3
過去に発売されたシリーズをプレイせず、今作からプレイした者です。なので前のダンテがどうとか、世界観ぶち壊しとか、そんなことは一切言いません。純粋にアクションゲームとして面白かったかどうか、それだけをレビューさせていただきます。

アクション
操作性もわかりやすく、爽快感もかなり高かったです。本作プレイ後にHDコレクションもプレイしましたが、爽快感だけで言えば断然こちらが上です。コンボも繋げやすく、ド派手かつスタイリッシュな戦闘が楽しめました。

ビジュアル
終始アメコミっぽいノリで繰り広げられます。ダーティで極彩色の強い世界観は人を選ぶと思います。悪魔の造形も気持ち悪いものばかりです。が、そんな悪魔たちをぶっとばしていく痛快さがそこにはありました。
ダンテも白髪のものと比べるとダサい印象はありますが、根は良い奴だったりするので割と好感持てました。

UI
ロード時間の長さが気になりました。が、コンボの参考プレイが流れるのであまり気にならないレベルです。
ただ、新しいアクションを手に入れる際、処理落ちが目立ちます。戦闘以外のシステムはそこまで良くない印象です。

ストーリー展開
元は3へと展開する予定だったせいか、中途半端な所で終わります。続きが
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
機種: PlayStation3
過去のシリーズはすべてクリア済み、
小説など関連書籍も収集しているファンです。

アクションゲームとしての感想は他の方のレビューと同様なので割愛しますが、
どうしても本作に感じた不快感についてお伝えしたかったのでレビューします。

シナリオ上に配置されたキャラに、過去作まで確かにあった「魅力」が感じられません。
ダンテやバージルなど名前こそ同じキャラですが、彼らが持っていた
テーマや信条がゲームに全く受け継がれていないのです。

それはボスキャラに関しても同様で、過去作では敵であっても
威厳や力強さ、姿形の美しさ、あるいは色っぽさがありました。
対して本作のボスは大抵は汚らしく低俗で、不快な印象しか残りません。
これまでのシリーズのボスとの戦闘が「スタイリッシュな戦い」であるとするなら、
本作のボス戦はどれだけ良く評価しても「害虫駆除」が良いところです。

「12年前にクールだったからといって、今もクールだとは限らない。
現代に Devil May Cryが同じインパクトを持つためには、新しい事をする必要がある」

以上は開発元 Ninja Theory のディレクター、Tameem Anton
...続きを読む ›
8 コメント 311人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
機種: PlayStation3 Amazonで購入
全シリーズのDMDモードに加え、小説も読破してきました。

レビューにはネタバレを含みますのでご注意を。

体験版が思いのほか面白く、内容も外伝だということで買ってみましたが、体験版をやった後の期待が大きすぎた印象です。

・デビルメイクライとしてのテーマ
はっきり言って見えません。
デビルメイクライは、そのタイトル自体がテーマになってきたはずです。
1のトリッシュ、2のルシア、3の「雨さ」、4の「悪魔にはないものを人間は持っている」
これらのように、悪魔を題材にして人間性を説いているような描写が、このDmCにはありませんでした。
そもそも、ダンテが人間と悪魔のハーフであったからこそ語れたテーマでしたが、天使と悪魔のハーフにしてしまったことによってそれができなくなったのでしょう。
エンディング直前では、リンボに潜んでいた悪魔が人間界に出現してしまうという現象が起き、そのことから「悪魔はどこにでもひそんでいる」という意味ありげなメッセージを残して幕を閉じます。
これをテーマにしたかったのでしょうか。
しかし、ストーリー中でまったく触れていないテーマをいきなり最後にもってこられても、納得も理解もできませんでした。

・ストーリー
...続きを読む ›
7 コメント 97人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す

機種・種類: PlayStation3