この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Diver Down CD, Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,166 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,166より 中古品の出品:15¥ 186より
Cyber Monday【プライム会員限定】輸入盤CD2枚同時購入で15%OFFはAmazon.co.jp が販売・発送する商品がキャンペーン対象となります。販売、発送業者をご確認ください。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ヴァン・ヘイレン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Diver Down
  • +
  • Women & Children First
  • +
  • Fair Warning
総額: ¥3,280
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2012/2/8)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Warner Bros / Wea
  • ASIN: B00004Y6O6
  • EAN: 0093624771821
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 156,215位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
1:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
1:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
2:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
3:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
0:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
3:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
2:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
3:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
1:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
リマスターは素晴らしいです>2015

この作品はレコード会社ワーナーが当時急いで作れと言われ
ほぼ本人たちがなっとくいかないまま(?)の状態で発売したレコードなのは
有名な話ですがそれでもアレンジ面にしてはPretty Womanなんかすごいよね。

エディはレコード通りコピーは出来なくどうしても自分のサウンドになるみたいなことを話してましたが
それはご存知キンクスのYou Really Got Meなんか聴くとどう考えても原型破壊した
サウンドでエディの音になってしまう。それがPretty Womanにつながる。

クラブでカバーをしてたときは地獄だったそうです。
レコード通りに弾けと言われても自分のフレーズになってしまうそうで。
そこがエディのすごいところなんですよね。だれのまねもコピーもしない、もはや天才で才能
ある人なんですよね。

この時期のツアーのブートって結構ありますよね。有名な映像はUS Festival'83
何回買わされたか(笑)Largoとか。。。あれ?だっけ?デイヴがお尻出すやつとか。。。

Little Guitarsなんかあれですよね。エディがしゃれでミニのレスポール
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
Hang 'Em Highのイントロのリフだけでもギタリスト一生の課題?
(LIVEではさらに高速で弾いているんですけど)

歪ませたギターの1弦から6弦までをじゃらーんと弾いたとき
すべて同じ音量で聞き取れるのは
当時この人だけだったような気がします。
(プリティウーマンとか)

そんな細かいことはどうでもいいじゃん?
と言って笑顔で弾きまくるエディーが最高です。

音質は結構ばらつきもあってデモテープのような完成度ですが
演奏や曲はとても良いです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
カバーソングが多く、メンバー達も嫌ってるこのアルバムなんですが、
実はVAN HALENらしさが一番出てる作品かも?
どんな曲を演ろうが、彼らの曲に聴こえるというのが素晴らしい。
本物のロックバンドだって証拠だと思います。

VAN HALENを知らないって人におススメです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1982年リリースの通算5作目・・・なぜかこのバンドはカヴァー曲がヒットします、それだけ選曲と演奏が素晴らしい!!という事で、6曲目ロイオービンソン「オープリティウーマン」が大ヒットしました(カラオケにもある!!)・・・5曲目「イントゥルーダー」からの連続技は好きですねえ。個人的にはまたまたキンクスカヴァー「グッドタイムス」が、あたかもバンヘイレンのオリジナルの様で好きです!!バンヘイレンのギター炸裂「ハングエムアイ」は、ギターフリーク必聴の曲。あっという間に聴いてしますアルバムです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
通算5枚目のアルバム。
もうこの頃には、押しも押されぬスーパーバンドに
成長して行ったのだが、このアルバムでは何故か、
カヴァー主体に作られているのだ。その代表に⑥の
「プリティー・ウーマン」、デビット・ボウイとミックジャガーの
デュオでもカヴァてった⑦の
「ダンシング・イン・ザ・ストリーツ」がある。
アルバムとしては次の大名盤「1984」に繋がる中休みといった
トコか。まぁ、今となっちゃーこれも結果論だが(笑)
だが、私はこれもVHの中では好きなのである。
②③⑧⑨のバカテクギターはもう特に必聴。
しかし、全体を通してVoのデイブ・リー・ロスがかなり
エンターテイメント調に歌い上げてるし、エディの兄、
Drのアレックスや、ミッキーマウスのシャツが良く似合う
Bsのマイケルのリズム隊も
見事な連携を見せて、なかなか聞きおえのある一枚だ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ヴァン・ヘイレンは、デイブの唄、リズム隊も超強力だが、私はエディのギターに耳が行ってしまう。変てこな塗装にリアハムバッカーオンリーの当時の彼の愛器は、いかにもラフな印象だ。しかし、彼のギターサウンドに対するシビアさ、センスのよさは、このアルバムを聴けば、痛いほどよく伝わってくる。低音にガッツがあり、中域にコシがあり、高域がきらびやかなギターサウンドは、聴けばすぐ彼とわかる。
何よりいいのは、彼のギターがポジティヴなパワーに溢れていることだ。天真爛漫、自由奔放なエディのギターは、その自在感が、聴く人をも自由な気分にさせる。中身がないなどと批判を受けつつも、これからも輝きつづけるだろう。
アルバム後半に収録の、おふざけみたいなジャズとアカペラは、まあ余興。ジャズは、ソロもなく、リズムパターンもシンプルなものだが、その分、タイム感の素晴らしさが際立っている。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック