Different Gear, Still Spe... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 400
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 青鳥堂
カートに入れる
¥ 784
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: world shop
カートに入れる
¥ 1,186
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,600MP3アルバムを購入

Different Gear, Still Speeding CD, Import

5つ星のうち 4.1 94件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 392 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り6点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【マケプレアワード顧客満足賞受賞】★Remedia OUTLET★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ビーディ・アイ ストア

ミュージック

ビーディ・アイのアルバムの画像
ビーディ・アイのAmazonアーティストストア
5 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Different Gear, Still Speeding
  • +
  • ビー
  • +
  • Noel Gallagher's High Flying Birds
総額: ¥2,407
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/3/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Play It Again Sam
  • ASIN: B004FLKV8Q
  • EAN: 5052670002025
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 94件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 105,253位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Four Letter Word
  2. Millionaire
  3. The Roller
  4. Beatles And Stones
  5. Wind Up Dream
  6. Bring The Light
  7. For Anyone
  8. Kill For A Dream
  9. Standing On The Edge Of The Noise
  10. Wigwam
  11. Three Ring Circus
  12. The Beat Goes On
  13. The Morning Son

商品の説明

イギリスが生んだ稀代のロックンロール・スター、
元オアシスのリアム・ギャラガー(vo)新バンドBEADY EYE(ビーディ・アイ)がついに始動!

‘91年にイギリスはマンチェスターにて結成された、英国史上ビートルズ以来の最強ロック・グループ「オアシス」のシンガー、リアム・ギャラガー率いる新バンド。アルバム全7作が全英1位&ワールドワイドで5000万枚以上のセールスを記録するなど数々の歴史を塗り替えてきたオアシスが、ノエル・ギャラガー(g,vo)の脱退で惜しまれつつもその軌跡にピリオドをうった09年8月以降、リアムが他オアシス・メンバーと共に心血を注ぐ全世界注目の新バンド「ビーディ・アイ」が、いよいよベールを脱ぐ!

【BEADY EYE (L-R)】 Andy Bell / アンディ・ベル(g)<OASIS時代はベース担当>、 Gem Archer / ゲム・アーチャー(g)Chris Sharrock / クリス・シャーロック(dr)、 Liam Gallagher / リアム・ギャラガー(vo)

アルバム・タイトルは『Different Gear, Still Speeding(ディファレント・ギア、スティル・スピーディング)』。オアシス時代と表現方法は異なるものの、今も昔も変わらない音楽への真摯な姿勢/情熱をアルバム・タイトルで表明しながら、彼ららしいユーモアをアートワークで表現するという、リアム、そして現在のビーディ・アイらしいさすがのイメージング。プロデューサーにSTEVE LILYWHITE(スティーヴ・リリーホワイト)(U2, THE ROLLING STONES、MORRISSEY, THE SMITH, THE LARS, 30 SECONDS TO MARSなど)を迎えて2010年夏に制作されたという本作には、既に発表されている先行シングル「ブリング・ザ・ライト」「フォー・レター・ワード」他、彼らが敬愛する英バンドをタイトルにした「ビートルズ・アンド・ストーンズ」など、計13曲収録。

収録予定曲
【CD】
1. Four Letter Word <第2弾ストリート・シングル>
2. Millionaire
3. The Roller <1stシングル>
4. Beatles And Stones
5. Wind Up Dream
6. Bring The Light <第1弾ストリート・シングル>
7. For Anyone
8. Kill For A Dream
9 .Standing On THE Edge Of The Noise
10. Wigwam
11. Three Ring Circus
12. The Beat Goes On
13. The Morning Son


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 enegrain 投稿日 2011/3/20
形式: CD
正直に言うと、オアシスにはセカンドアルバム以降、毎回リリースされるたびに、
どこか消化不良なものを感じていた。どのアルバムにも名曲は入っているのだけど
トータルでみると魅力に欠けるというか、どこか散漫で冗長な印象が否めなかった。
ノエル以外のメンバーで新しい船出をきったこのバンドのデビューアルバムを聴くと、
それがなぜだったのか、よくわかる。
一言でいうと「バンド」のダイナミズムがここにはある。
いいバンドはメンバーの個性が、「掛け算」になる。

オアシスでは、ゲムとアンディベルが参加して以降も、よくも悪くもバンドの主導権は
稀代のメロディメーカー、ノエルにあったため、彼らのよさを引き出し、化学反応を
起こすようなことはついぞなかった。解散直前のフジロックで彼らの演奏をみたとき、
なんてバンドとしてバラバラなんだろうと、愕然としたものだ。たぶんもう永くない
だろうと、そのときに直感した。もちろん楽曲はすばらしいし、演奏がまずい訳でも
ない。でも、明らかにノエルとそれ以外のメンバーとのすきま風が見て取れた。
誤解を恐れずにいえば、それはもはや「バンド」ではなかった。ノエル、リアムという
ソロアーチストを抱えた変則ユニットのようであった。
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
これに星5つは無いだろう。
音そのものはとても素晴らしい。ギターの音色とか気持ちいいし。
たぶんアンディ・ベルが中心になって作ったのではないだろうか。
でも、曲が惜しい。輪郭のはっきりしたメロディが聴きたかった。
全体にこの「惜しい」感が漂っている。
リアムは自分のものまねしてる。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 阿吽のry 投稿日 2011/3/26
形式: CD
リアム以外の面々が頑張った(もちろんリアムも)1枚だと思いますが、ゲム&アンディーは他の方々がたくさん書いているので、クリスの事を。

ドラムをやってるわけじゃないんですが、oasisでレコーディングしたことのないクリスがどういう風に叩くかは気になっていました。LIVEなんかでもアランに劣らずはげしく、ザックに劣らず安定している感じだったので、楽しみでした

昔La'sそのあとはスタジオドラマーとして、裏方に徹していた彼の白眉は『The Morning Son』かなと。途中から入ってくると最後までバタバタと叩くのに、この曲の浮遊感が消えないのは聴いていて気持ちいい。プロデュースがいいんでしょうが、アウトロの連打はテンション上がります。

他の曲でもスネアの使い方に特長があってアラン、ザックとは違う重み(2人が重みがないわけではなく)のあるドラミングです。

ハイハットのレパートリーが多く、その使うところも絶妙。

『For Anyone』のマージービートもいいです

リンゴのような後乗りで、センスを感じる人です。

名作といえる本作の縁の下の力になっています。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
自分は恐らくBEADYEYEファンの中に1/30ほどの確立で存在すると思われる、oasis以上にRIDEが好きでたまらないファンである。
良い意味でオアシスの暑苦しさから一転して爽やかな一枚です。

曲調は非常に多様で、ウォールオブサウンド風のTr.6からTr.8ではメロトロンまで引っ張り出しています。
この手のサウンドはオーヴァー・プロデュースに陥りがちですが(RIDEの3rdは正にそれですね…)、非常に洗練されています。サウンドプロダクションに関して100点満点。
ソングライター3人が等しい力関係で曲を作ったのが明らかに正解。この様子はYESに対するAnderson,Bruford,Wakeman & Howeなんかと同じですね。
正直これまでノエルに生殺しにされていたに等しい(笑)アンディ・ベルもその才能を全快。

これまでオアシスは正直ゲムのサイドギター、アンディのベース(個人的には悪い意味で…)兄弟の引き立てに徹していましたが、今作ではこの2人の心地良いツインギターが作品の中核を成しています。
特にTr.1では一発でアンディの物と分かる「あの」個性的なワウギターに涙が出そうになりました。
RIDEの四作以降の彼が関わった作品ではハリケーン#1なんか突き放して間違いなくベスト
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック