この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Dies irae~Acta est Fabula~ 通常版  [アダルト]

プラットフォーム : Windows Vista, Windows 8.1, Windows 8, Windows 10, Windows XP, Windows 7
5つ星のうち 3.8 17件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:13¥ 3,280より

この商品には新しいモデルがあります:


アダルトPCゲーム(エロゲ)ストア
予約受付中、もうすぐ発売、発売直後のタイトルが一覧できる便利なストア。ベストセラーランキングや、掘り出し物が見つかるバーゲンコーナーも。 いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報


動作環境

  • プラットフォーム:   Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10
  • メディア: DVD-ROM
  • 商品の数量: 1


不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

お探しのものが見つかりませんでしたか?
リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

登録情報

  • ASIN: B002QUYQA2
  • 発売日: 2009/12/25
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
CPU:PentiumIII 600MHz以上(必須)/PentiumIII 1GHz以上(推奨)
メモリ:256MB以上(推奨512MB以上)
HDD:4.5GB以上(推奨)
グラフィック:ハイカラ―(16bit)(必須)/フルカラー(32bit)(推奨) DirectX9.0c以降に対応しているビデオカード(またはチップセット)必須 Direct3Dにハードウェア対応したビデオカード(またはチップセット)必須
ディスプレイ:800×600サイズの画面を表示可能なカラーディスプレイ
VRAM:32MB以上
サウンド:PCMデータが再生できる音源Directsoundに対応したサウンドカード
DirectX:DirectX9.0c以上

Amazonより

現代日本を舞台にした、主人公・蓮と聖槍十三騎士団の戦いを描く
「伝奇バトルアドベンチャー」の本作が完全新作としてリリース!!

ジャンル:学園伝奇バトルADV
対応OS:Windows 2000/XP/Vista/7
CPU:必須/Pentium3 600MHz以上(推奨 1.0GHz以上)
メモリー:256MB以上(推奨 512MB以上)
HDD:4.5GB以上
メディア:DVD-ROM
原画:Gユウスケ シナリオ:正田 崇
音声:主人公以外フルボイス
その他:DirectX9.0c以上 画面解像度 800×600以上(推奨 1024×768) ハイカラー以上(推奨 フルカラー)
オンライン認証あり

大地は血を飽食し、空は炎に焦がされる。

人は皆、剣を持って滅ぼし尽くし、息ある者は一人たりとも残さない。
男を殺せ。女を殺せ。老婆を殺せ。赤子を殺せ。
犬を殺し、牛馬を殺し、驢馬を殺し、山羊を殺せ。

――大虐殺ホロコーストを。
目に映るもの諸々残さず、生贄の祭壇に捧げて火を放て。

この永劫に続く既知感ゲットーを。

超えるためなら総て焼き尽くしても構わない。

1945年、5月1日……ドイツ。
陥落するベルリンにあって、ある儀式を行っている者たちがいた。
彼らにとって戦争に敗北することなど些事であり、むしろそれによって生じる夥しい犠牲者たちを、儀式の触媒として生贄に捧げようとしていた。
その試みが成功したのか失敗したのか、誰にも分からない。
彼らは終戦後、行方をくらまし、生きているのか死んでいるのか、
そもそもそんな者たちが本当に存在したのか、やはり誰も分からないまま、噂だけが広がっていく。

聖槍十三騎士団――ナチスドイツの闇が生んだ超人たち。

彼らはいずれ戻ってくる。
そのとき世界は破滅する。
ゆえに、再来を許してはならない――と。

そして61年の歳月が流れた。
彼らを知っている者たちは、その大半が死んでしまい、皆が彼らを忘れていた。
しかし――

2006年……日本。
諏訪原市の学園に通う藤井蓮は、とある事件を境に親友・遊佐司狼と決裂し、殺し合いじみた喧嘩の果てに二ヶ月間の入院生活を余儀なくされていた。

季節は秋から冬に――クリスマスを間近に控えた12月。

半身をもがれたような喪失感を覚えつつも、退院した蓮は司狼のいない新たな日常を構築し直そうと思っていた。
失ったものは戻らない。
ならせめて、今この手にあるものを大切にしたいと思いながら。

しかし、それすらも崩れ去る。

夜毎見る断頭台の夢。
人の首を狩る殺人犯。
それを追う黒衣の“騎士”たち。

常識を超えた不条理が街を覆い、侵食していく。
その異常は二ヶ月前の比ではなく、今まで積み上げてきたすべてのものを粉砕する暴力的なまでの非日常。

変わらなければ、生きられない。
生き残らないと、戻れない。

加速度的に狂っていく世界の中、蓮は独り、日常と非日常の境界線を踏み越える。

何も大層なことを望んでいるわけじゃない。
正義や大義を振りかざしたいわけでもない。
ただ、還りたいだけ。
つまらない、退屈だけど平凡で暖かかったあの頃に。

悲壮な決意を期する胸に、司狼の声が木霊する。

この街に住んでいたら、遅かれ早かれどいつもこいつも気が狂う――と。

聖槍十三騎士団との戦い。
狂気と殺戮と呪いに満ちた戦争の続き。

その果てに、蓮はいったい何を見るのか。





カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年11月29日
Amazonで購入
2014年5月18日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
VINEメンバー
2013年1月27日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2010年2月13日
Amazonで購入
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年2月5日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年12月5日
2010年10月7日
121人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2011年7月28日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク