Denim (通常盤) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,530
通常配送無料 詳細
発売元: ベリッシマ東京
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Denim (通常盤)

5つ星のうち 4.6 44件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 2,428 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 718 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 2,300より 中古品の出品:31¥ 269より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Denim (通常盤)
  • +
  • TRAD(通常盤)
  • +
  • Bon Appetit!
総額: ¥6,553
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2007/5/16)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 56 分
  • ASIN: B000O76P6M
  • JAN: 4943674071630
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 25,658位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 君住む街角(On The Street Where You Live)
  2. スロー・ラヴ
  3. 返信
  4. みんなひとり
  5. シンクロニシティ(素敵な偶然)
  6. 哀しい恋人
  7. Never Cry Butterfly
  8. ラスト・デイト
  9. クリスマスは一緒に
  10. 終楽章
  11. 明日のない恋
  12. 人生の扉

商品の説明

内容紹介




人生の扉REAL WMP

ベストを超えたオリジナル!!と称された大ヒット・アルバム「Bon Appetit!」以来、6年ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム

【収録曲】
Disc 1
001 君住む街角(On The Street Where You Live)

002 スロー・ラヴREAL WMP

003 返信REALWMP
004 みんなひとり
005 シンクロニシティ(素敵な偶然)
006 哀しい恋人
007 Never Cry Butterfly
008 ラスト・デイト
009 クリスマスは一緒に
010 終楽章

011 明日のない恋REAL WMP
012 人生の扉

メディア掲載レビューほか

日本を代表する女性ポップス・シンガー、竹内まりやのオリジナル・アルバムが完成しました!シングル「返信」「シンクロニシティ(素敵な偶然)」「スロー・ラヴ」「明日のない恋」はもちろん、『協和発酵企業』のCMソング「人生の扉」、松たか子に提供した「みんなひとり」のセルフ・カヴァーなど、全12曲を収録です♪ (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
 竹内まりやの「Denim」は、僕の中では、もはや伝説の名盤である。
僕が思うに、「人生の扉」にはモノトーンの秩序があり、定型詩の美しさがあった。じんわりと心に沁みる落ち着いた曲だった。
この詞だけど、定型詩の美しさは英語の部分が顕著である。
I say〜,You say〜,And they say〜,But I 〜
を繰り返す。わたしは言う、あなたは言う、また彼らは言う、だけどわたしは。。。と言う逆説めいた作り方だった。
「Denim」というアルバムは、五十路を過ぎた竹内まりやの「青い鳥」を描いた作品だと僕は思っている。「青い鳥」の童話は、ごく一般的な理解では、魔法使いのおばあさんがしあわせの青い鳥は遠いところにあるのではなく、すぐそばにあるけど、なかなか気がつかないのだとチルチルとミチルに教えた物語である。
「Denim」には、ライナーノーツがない。それはアルバムに収められた12の歌が、私小説といった趣を持っているためだ。いわば解説文は蛇足であり、われわれが感じたままでいて欲しいと彼女が願ったからだろう。歌詞の前に、序文が書かれている。
「このアルバムの12の歌の中に、どれかきっと、皆さんの今の気分に合うデニムが見つかることを願っています。」と、序文は結ばれている。
カバー曲の「君住む街角」から、ラ
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
『Denim』というアルバム・タイトルの風合い、懐かしさを感じさせる和風建築にたたずむポートレイト、ステキで心地よさを感じさせる曲の数々。一つ一つの曲に込められた温かくてどこか切ないメッセージが、デビュー当時に感じた雰囲気のままの甘い歌声で表現されるわけですから悪いはずがないですね。

当方のようなオールド・ファンも新しいリスナーも魅了するような歌唱は、何回も繰り返し聴きたくなる気にさせるオーラのようなものさえ感じました。この『Denim』はまさしく「愛聴盤」の名に値するものでしょう。長く売れ続けていることからもそれは証明できると思います。

「スロー・ラヴ」の爽快感、人の温かさが詰まっている「みんなひとり」、人生の応援歌のような「NEVER CRY BUTTERFLY」、どれもとても完成度の高い上質のJ−POPです。

「シンクロニシティ(素敵な偶然)」がいいですね。竹内まりやの音楽世界がパッと広がっている感じです。山下達郎お得意のコーラス・ワークも切れがよく、明るく爽やかなサウンドが屈託なく飛びこんできます。詩もデビュー当時の瑞々しさそのままのような、感性で綴られていますので、共感を覚えるリスナーも多いでしょう。類稀なる豊かな才能の表れです。

ラストの『人生の扉』の歌唱にはジーンときました。竹内ま
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
のっけ「君住む街角 (On The Street Where You Live)」、King Cole がオキニなのかな、他盤と併せ2曲目かと。このアレンジ、歌唱はいいですね。アルバム総体、アレンジがいい感じで、仕上がり good !。「NEVER CRY BUTTERFLY」これ好きです。「明日のない恋」この歌詞はなんか歌謡曲なんですが、曲がスッゴクいいです。「哀しい恋人」だと「告白」とアレンジが似てるしアンサーソング的感じがします。クリスマスソングの「クリスマスは一緒に」これはすきな曲です。ところで、Mariya & Tatsuro Family でクリスマスソングをラインナップしてみましたが....
1. Christmas Eve from "Season's Greetings"
2. 今夜はHearty Party (2001 Remix Version) from "Bon Appetit!"
3. Blue Christmas "Season's Greetings"
4. すてきなホリデイ from "Bon Appetit!"
5. My Gift To You from "Season's Greetings"
6. クリスマスは一緒に from "Denim"
7. White Chris
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
すでに夫である達郎氏のラジオ番組で聞いていたけれども,あらためてCDで全体を通して聞いてみて,そのあまりの心地よさと完成度の高さに,思わずステレオ装置の前に座って聞き入ってしまいました。服部克久氏のストリングスアレンジに乗せて歌う「君住む街角」に始まって,「みんなひとり」「シンクロニシティ」という耳に入りやすい佳曲,そして「人生の扉」という50歳の年齢を日本のポップミュージックで初めて歌った名曲まで,ここ数年,こんなにも自然に音楽が心に入ってきたことはありませんでした。脱帽です。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す