Delight Slight Light KISS がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Delight Slight Light KISS

5つ星のうち 3.6 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 2,550 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 21 (1%)
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,250より 中古品の出品:14¥ 562より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 松任谷由実 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Delight Slight Light KISS
  • +
  • ダイアモンドダストが消えぬまに/松任谷由実
  • +
  • ALARM a la mode(アラーム・アラ・モード)/松任谷由実
総額: ¥7,457
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1999/2/24)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMI Records Japan
  • 収録時間: 41 分
  • ASIN: B00005GMEM
  • JAN: 4988006157965
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 47,169位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. リフレインが叫んでる
  2. Nobody Else
  3. ふってあげる
  4. 誕生日おめでとう
  5. Home Townへようこそ
  6. とこしえにGood Night(夜明けの色)
  7. 恋はNo-return
  8. 幸せはあなたへの復讐
  9. 吹雪の中を
  10. September Blue Moon

商品の説明

内容紹介

純愛ブームの火付け役となったアルバム。冒頭の「リフレインが叫んでる」から、聴くものをアルバムの世界に引きずり込む。

聴きなれないタイトルながらポップでリズミカルな響きが逆に印象的に作用、言葉の意味とあいまって、
"純愛"ブームの火付け役となったアルバム。冒頭から胸をえぐる歌詞が印象的な「リフレインが叫んでる」で、聴くものをアルバムの世界に引きずり込む。
オリジナル発売日:1988年11月26日

メディア掲載レビューほか

「リフレインが叫んでる」「幸せはあなたへの復讐」「吹雪の中を」他、全10曲を収録した、`88年発表のアルバムを再発売。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
1曲目はその昔車のコマーシャルで流れていた気がします。

個人的には「振ってあげる」「誕生日おめでとう」が好きです。

この時代の作り込まれた演奏が随所に。。。あの頃全盛の「トレンディドラマ」風という感じです。

たまに聴きたくなる好きな作品です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
20代のユーミンファンです。
大学の頃にユーミンを好きになり、全てのアルバムを揃えました。
1番のお気に入りは「Tears and Reasons」。
次に好きなのがこれです。
共通するのは、爽やかな切なさです。
1曲目だけは異質な感じ(明らかに流行りを狙って作った感じ)がしますが、
後の曲はどれも、誰もが持っている素朴な切ない物語の歌です。
このアルバムを聴くと、とても爽やかで優しい気持ちになります。
何度も聴くと好きになってくると思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
当時女子大生は、このアルバムを聴いていなければモグリとさえ
言われていたくらい、必携の品でした。
車を持っている彼氏・ヴィトンのバッグ・ユーミン
三種の神器だったんですよ。

音楽業界ではものすごいミーハーパワーがあふれ、
良いものを見極めていた時代でもありました。

このアルバムは、
ユーミンのターニングポインツの一つであったことには
間違いないと今でも思っています。
一曲一曲、エッジが立っており、
それまで誰も歌ったことのない種類の曲でした。

すべての曲が当時の日本のポップスでは新しかった。
ユーミンを代表するアルバムの中の1枚に間違いないです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
80年代の香りを色濃く残す本作は、私の浮ついた大学生活を思い出させてくれる作品です。
1曲目の「リフレインが叫んでいる」なんか名曲です。また個人的には5曲目の「Home Townへようこそ」が心に響きます。地方出身者には切ない曲ですね。いい意味で。

本当に時代と結びついたアルバム。現代に生きる若者が聞くとどう思うのでしょうか?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このCDを初めて聞いたのは小学5年生の頃・・・少し肌寒さを感じる夕方によく合う『リフレインが叫んでる』、ちょっと大人な感じの歌詞に惹かれた『とこしえにGood Night』、曲を聞くだけで情景が浮かんでくる『吹雪の中を』などなど、20年以上経った今も私の思い出にやわらかく、優しいろうそくの光をくれる大事なアルバムです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ユーミンの音楽の一番凄かった点は何だと思いますか?
ひとことで言えば、常にその時代の最先端のメロディー・詞・ムードを、違和感無く取り入れることが出来たことです。はっきり言って、これは他のシンガーからすればかなり困難な話です。でも、ユーミンはそれを出来たのです。恐らく、このアルバムが一番それを象徴しているでしょう。
1988年という、ある意味戦後の日本の終着点であった時代の、完成された文化的な恋愛を色濃く反映しています(個人的に「とこしえにGOOD NIGHT」が一番それを感じます)。
73年裕福なフォークソングと言う変わった路線でデビューしたユーミンの、15年後のアルバムがミリオンセラーを記録すると誰が予想したでしょう。
ちなみに、ユーミンの音楽が90年代中盤からセールスを低迷してゆくのは、「掴みにくい」時代になったからだと思います。この辺りから、日本は多様化の時代に入り、ユーミンの武器であった「その時代のカラー」が無くなってしまったから、という訳です。
ユーミンの歌が思い出に残るのは、「その頃」にシンクロしやすかったからなのです。
そういう意味で、彼女は稀有な才能を持った逸材です。お勧めします。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1「リフレインが呼んでる」は当時TV番組のお見合いパーティーで流れていましたっけ、司会者も口ずさみながら登場してましたね。
4曲目までは終わった恋を静かに振る返ってみると・・・という感じ、5曲目は新しい出会い、ちょっぴり元気を分けてあげる・・・6番目はバラード風、7番目は想いきりはじけて、8番目は新生していく瞬間、9番目は大切なものを取り戻しに雪の中のドライブ、ラストはサンバ調にさっぱり仕上げてあります。私はラストのSeptember Blue Moonが好き!ユーミンはちょっとね~という人に聞かせてあげるならこれかな。
アルバムの表紙の中にユーミンが何人いるでしょう?そしてひとりだけ違うユーミンがかくれています、それは歌詞カードの表紙が答え。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す