Day in the Life がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご来店ありがとうございます。迅速丁寧な対応をお約束します。[在庫確実!弊社の都合によるキャンセルなし]年中無休!(365日毎日発送しております)帯はありません。☆本商品はレンタル落ちではありません。☆新品のクリアケース(10mm)に交換済みですので、外観の小傷や汚れ等はありません。☆リーフレットは表紙に微キズありますが、中身は汚れや書き込などなく綺麗な状態です。☆ディスクには汚れやキズなどなく無く、良い状態でご鑑賞いただけます。(確認済み)。☆商品は手元にありますので、迅速に発送させていただきます。☆(全額返金保証)十分に検品して出品しておりますが、万が一、商品の状態が説明文と異なる場合は、速やかに全額ご返金しますので、ご安心の上お取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Day in the Life CD, Import

5つ星のうち 4.5 28件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,537 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:29¥ 968より 中古品の出品:14¥ 720より
Cyber Monday【プライム会員限定】輸入盤CD2枚同時購入で15%OFFはAmazon.co.jp が販売・発送する商品がキャンペーン対象となります。販売、発送業者をご確認ください。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ウェス・モンゴメリー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Day in the Life
  • +
  • ロード・ソング
  • +
  • Down Here on the Ground: Originals (Dig)
総額: ¥5,031
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1990/10/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: A&M
  • ASIN: B000002G6K
  • EAN: 0075021081628
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 98,784位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. A Day In The Life
  2. Watch What Happens
  3. When A Man Loves A Woman
  4. California Nights
  5. Angel
  6. Eleanor Rigby
  7. Willow Weep For Me
  8. Windy
  9. Trust In Me
  10. The Joker


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 hinish VINE メンバー 投稿日 2002/11/21
形式: CD
 ジャズ・ギター伝説の1人、ウェスの作品群の中では「イージー・リスニング風」ということで軽視されるきらいがあるが、今聞いてこれを本当にイージー・リスニングとして使うだろうか?
 確かにセベスキーのアレンジによるバックは非常に洗練され、心地良いが、それでも現在の音楽の中ではむしろ真摯な音に響くのではないか。
 そしてウェスのプレイは通常のコンボ編成によるジャズ演奏形式でない分、インタープレイではなく、自己の限界に自己で挑むようなものとなっている。
 彼のプレイはリラックスしたもののように響くが、実際には非常に集中したテンションの高いもので、それがこの作品をBGMとして処理できないものにしている。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
その昔、ニューオーリンズで生まれたジャズは大衆音楽としてみんなに楽しまれていた。

しかし時が過ぎ、クラッシクなどと違い即興音楽という特性上ミュージシャン達が腕を競い合い切磋琢磨して高いレベルへ向かっている間に、一部のファンだけが聴くようなスタイルが生まれてくるなど、大衆の音楽としては大きくかけ離れてきてしまいました。

そんななかポップなアレンジの上でオクターブ奏法を駆使してギターで歌いまくったのがこのウェス モンゴメリーです。繊細かつ豪快です。

当時は賛否両論だったみたいですが、当時を知らないので最高の音楽のひとつとして素直に聴けます。またジャズ好きじゃない人も気持ちよく聴けると思います。そういった意味で原点回帰のみんなのJAZZです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジャズファンの中には、CTI時代やヴァーブの大編成アルバムをお気に召さない方が結構いるようですが、これを良く聴いてみてから、評価しましょう。貴方の耳をウェスのギターを聴く事だけに集中してみて下さい。ウェスは、決して軟弱なイージーリスニング向けの演奏をしていない事が判りますよね?ウェスの演奏技術は、どんなアレンジが施されても、決して手を抜くような事をしていません。一聴、イージーリスニングに聞こえますが、良く聴くと、ウェスの魂は、変わっていません。ウェスもジャズをこのようなアレンジに包みこんで、身近に感じて貰う事により、本格的にジャズを聴き始める人が増える事を期待して演奏していたと思います。それが判らない方は、ジャズを狭義に考えている可哀想な人です。マイルスは、ジャズの枠を一生かけて取り払おうと努力し、それを実現した人です。ウェスもしかり。残念ながら、夭逝してしまい、彼が本当にやりたかった事までたどり着かなかったため、曲解されているように感じるのは、私だけでしょうか?
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
一曲目の「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」を聴いていると、後半、急にストリングスが大音量で鳴り響く箇所があり、圧巻です。「いまここで、何が起こっているのか」と思います。部屋のなかをきょろきょろ見回してしまいます。そうした非日常を垣間見せてくれるのが、ジャズという音楽の特徴であり、ジャズなる音楽でしか得られない楽しみなのではないかと思います。

ストリングスのアレンジ、ストリングスのざらざらとした肉感的な肌触りが、とても心地よく、鋭いセンスに充ちていると思います。ただ美しく演奏しているだけではなくて、「汚く」演奏しているように感じられます。この「汚さ」こそが、ジャズであり、音楽だとぼくは個人的に信じています。一曲目の「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の弦楽器のアレンジを聴いていると、これはポップスなんかではない、と思います。すごく、モダンな印象を受けます。現代音楽一歩手前のような印象です。ものすごく、刺激的というか、目を開かされるようなアレンジだと思います。戦慄を覚えるくらい。決して、イージーリスニングと言えるような音楽ではないと思います。聴きやすく、同時に厳しい音楽だと、ぼくは思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ウェス・モンゴメリーは、ジャズ・ギタリストで、独学でギターを学んだそうです。ギタリストは、ジャンゴ・ラインハルトといいジミ・ヘンドリックスといい、独学派にきらめく才能があります。
ギタリストとして見たウェスは、オクターブ奏法という非常に独特なスタイルを持っています。1オクターブのユニゾンで同じメロディを弾くことで、太くて暖かいメロディラインになります。ただ、ギターで普通に調弦した場合、そう簡単には弾きこなせないのですが、ウェスは、楽々と普通の速さで弾いてしまいます。
彼はオクターブ一本槍ではなく、普通にシングルノートのフレーズも弾きます。このアルバムの2曲目は、その好例と言えます。
また彼は、全ての音を親指で弾くのが特徴です。ブンブンと甘ったるい音がしそうですが、非常にシャープです。
ギターは、ギブソンL5などを使っていたようです。彼はギターにこだわらなかったといいますが、L5じゃあ、そりゃもうこだわる必要ないでしょう!
音楽家としてみたウェスは、まさにその溢れるような歌心に最大の魅力があると思います。ほんとうに、理屈では出てこないような、曲のその場その場の楽想にぴたりと合う素晴らしい直感的なフレーズを次々と繰り出してきます。
このアルバムは、標題曲はビートルズですし、その他もポピュラーな曲が多いので、かえって、ウェスのギターの歌心を純粋に楽しめるのではないかと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック