¥ 1,204
  • 参考価格: ¥ 1,877
  • OFF: ¥ 673 (36%)
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
The Day of the Jackal がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

The Day of the Jackal (英語) ペーパーバック – 2012/9/4

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他(32)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,653
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,204
¥ 1,204 ¥ 1,974
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 659 ¥ 468
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 4,432 ¥ 9,305
カセット
"もう一度試してください。"
¥ 3,149 ¥ 7,228

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • The Day of the Jackal
  • +
  • ジャッカルの日 (角川文庫)
総額: ¥2,111
ポイントの合計: 28pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【25%-50%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

THE CLASSIC THRILLER FROM #1 NEW YORK TIMES BESTSELLING AUTHOR FREDERICK FORSYTH

The Day of the Jackal makes such comparable books such as The Manchurian Candidate and The Spy Who Came in from the Cold seem like Hardy Boy mysteries.”—The New York Times 

The Jackal. A tall, blond Englishman with  opaque, gray eyes. A killer at the top of his  profession. A man unknown to any secret service in the  world. An assassin with a contract to kill the  world's most heavily guarded man.

One  man with a rifle who can change the course of  history. One man whose mission is so secretive not  even his employers know his name. And as the  minutes count down to the final act of execution, it  seems that there is no power on earth that can stop  the Jackal.

出版社からのコメント

The Jackal. A tall, blond Englishman with opaque, gray eyes. A killer at the top of his profession. A man unknown to any secret service in the world. An assassin with a contract to kill the world's most heavily guarded man.

One man with a rifle who can change the course of history. One man whose mission is so secretive not even his employers know his name. And as the minutes count down to the final act of execution, it seems that there is no power on earth that can stop the Jackal.

"The Day Of The Jackal makes such comparable books that The Manchurian Candidate and The Spy Who Came In From The Cold seems like Hardy Boy mysteries." -- The New York Times
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 432ページ
  • 出版社: G.P. Putnam's Sons; Reprint版 (2012/9/4)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0451239377
  • ISBN-13: 978-0451239372
  • 発売日: 2012/9/4
  • 商品パッケージの寸法: 14 x 2.3 x 21.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 104,158位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 FF628 投稿日 2012/9/19
形式: マスマーケット Amazonで購入
原書で読んだ初めての本、というかこれが読みたくて英語のペイパーバックへの挑戦を心に決めた。肩慣らしに語数制限版を読んでみたが当然、満足できるわけがなかった。わからない単語に赤線を引いているうちにページは真っ赤に染まり、単語が全てわかっているにもかかわらず意味がわからず文法をやり直したり…約4ヶ月かかってようやく最後のページにたどり着いた。読破したとは口が裂けても言えないが、翻訳版で読んだ以上におもしろい作品だった。本文中に数多く登場するフランス語を含めて今だったら、知らない単語があっても辞書を使わずに想像もしくは創造して読み飛ばすのでこんなに時間がかかることはない。しかし辞書&文法書と首っ引きで精読したこの経験は大きな自信になった。無理やりページを開いていたため「背」には無数の筋が入り、全体がいびつに変形している本書を眺めながら思う。ペーパーバック読破に必要なものは、知識でも努力でもなく、「読みたい!」と思える本が存在することだ、ということを。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
Thrillers come and go, but this one has been with us for over forty years - with good reason. Evocative of time and place, plausible, and expertly paced, you are guaranteed an enjoyable read. Shame about the ending, though - the Jackal misses !
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鈴木純一 VINE メンバー 投稿日 2004/10/24
形式: ペーパーバック
フォーサイスの他の小説もそうですが、スリラーとしての要素以外に、物語の舞台となる国の情勢がとてもよく理解できるという特徴があります。この本では1950~1960年代フランスの政治社会状況がとてもよくまとまっていて、その状況の上でサスペンスとしての物語が設定されています。第二次大戦の英雄であるはずのドゴールがなぜ何度も暗殺の危機に瀕したのか、戦後フランスのアルジェリア植民地政策とその行き詰まり、フランス地下組織OAS等々、当時をこれほど明快に記している点は映画では得られないポイントだと思います。登場人物がヨーロッパ各地を転々とするのに合わせて、各地の精密な描写が展開されるのもフォーサイスならでは。もちろんドゴール暗殺を狙う暗殺者とそれを防ぐ側の闘いもスピーティで二分に楽しめます。英語については,馴染みのない固有名詞が結構でてきますが,それ以外は平易です.
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
映画を見て、本(日本語)も読んだことがありますので、結末は知っていました。今回、英語の勉強がてらに読んだのですが、面白かったです。謎の暗殺者Jackalと捜査官Lebelの戦いは手に汗握ります。最後の追い込みはワクワクします。そして、エピローグ...Penguin Readers 4としてはなかなか良いと思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告