新品の出品:1¥ 39,999より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Dangerous [Analog] Import

5つ星のうち 4.9 53件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 39,999より

~アナログレコードストア~
各ジャンルのアナログレコードを販売中。アナログレコードをまとめてチェック。 アナログレコードストア


Amazon の マイケル・ジャクソン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


登録情報

  • LP Record (1992/1/16)
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Sonic Sounds
  • ASIN: B00008FUA1
  • EAN: 0016161204218
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 53件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 1,711,258位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ari 投稿日 2008/10/15
形式: CD
このCDの最大の魅力は音質&音量が上がっている事です。 前のCDを持っているのですが他に自分が持っているCD(ベスト盤など)にくらべて音量が小さいのです。(得に気になったのはJamやinthe crosetです。) まあ昔のCDだししょうがないかなとは思っていましたが気になるものはきになる、音質も他に比べるとそこまで良くない、と思いました。 しかしリマスター盤とはいえ、持っているCDを買うのは気が引けると思いつつ思い切って購入しました。 そして聞いたら音質の良さに感動しました。言葉にしにくいのですがスピーカーから出てくる音、良いスピーカーを使っている訳でもないのに素晴らしい音が出るのです。もう病み付きです。 オーバーかもしれませんが、前のCDとは比べものにならないそれほどの感動でした。 もし前のDangerousのアルバムを持っていたら買い替えをお勧めします。 文章下手ですいませんでした。
コメント 197人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
と言うと寂しいですが、今振り返るとこの時期がそうだったなと個人的には思ってます。
バッドも良かったのですが、その2年後妹のジャネットがリズムネイション1814を出したのが
かなりの衝撃で凄くかっこよかった反面、ジャネットが斬新だった分、
マイケルのバッドが急激に古臭く聞こえてきて、マイケルもこういうのだったらいいのになぁ・・・。
なんて当時は思ったものでした(笑
ところがそれに答えるかのように91年に出してきたのがこのアルバムで、びっくりしました。
ジャネットは当時流行っていたNJS(ニュージャックスウィング)を大胆に取り入れた作風だったのですが
なんとマイケルはそのNJSの生みの親テディ・ライリー本人を迎えてアルバムを作ったわけです。
これまでオフ・ザ・ウォールからバッドまで黄金時代を気づいてきたプロデューサーのクインシー・ジョーンズと別れ
新たに起用したプロデューサーがテディというわけで、当時売れっ子であったテディと組んで
どのような作風になるのかいざ中身を開けてみると
これがまた斬新で、テディとマイケルの相性が抜群に良く、これ以上に当時ぶっ飛んだ作品を作った
アーティストは他にいませんでした。もちろん同じテディプロデュースの他の歌手でもです。
マイ
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 タッくん 投稿日 2006/9/7
形式: CD
マイケルのCDは基本的に録音がすごく良いと思いますが、このリマスタリング盤はしびれます、1991年当時発売の物を今まで聞いており、特に不満もありませんでしたが、この盤は圧倒的に音圧から何まで違います。だからといっても1991年盤も良いんですけどね。

スパーンってな感じでスピーカーから音が出ますよ。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
全14曲、ボリュームたっぷりの、かなり異色のアルバムなのではないかと思う。
前半と後半でまったくカラーが違うと思ったら、他の方が書いていらっしゃるように、テディ・ライリーと録音したものとそうでないものがあるということなんですね。テディ・ライリーとの曲は相当darkなかんじです(当時最先端を行っていたニュージャックスイングといわれるスタイル)。
たいへんバラエティに富み、深く、振幅の大きいアルバムなので、1回2回で判断せず、よく聴き込むことが大切。地獄から天国―ヘビメタ(違うかもしれない)("Why You Wanna Trip On Me""Give It To Me")からゴスペル("Will You Be There""Keep The Faith")、賛美歌("Heal The World")まで。超sexyな"In The Closet"からAIDSで亡くなった少年を歌った"Gone Too Soon"まで。この振幅の大きさは何なのだろう。

マイケルのメジャー・スピリットソング"Heal The World" "Will You Be There" "Black Or White"が聴ける。数ある曲の中でマイケル自身を一番よく表しているのは、やはり"Heal The World"だと思う。そして、それに並ぶ"Will You Be
...続きを読む ›
2 コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
※オリジナル盤とリマスター盤の音の違いについて

まず一聴して音量がアップしているのが解ると思います。
その分、一つ一つの細かい音や小さな音も聞き取りやすくなりました。

ほんの一例を挙げると、例えば一曲目の「Jam」の10小節目からバックのリズムとして鳴り出す、クラクションをサンプリングした音なども、オリジナル盤よりリマスター盤のほうが良く聞こえますね。
ただし、ラストの爆発音は逆にちょっと歪み気味だったりもします。

音のバランス的にはやや低音寄りになり、音のパワー感が増した感じです。
個人的には、リマスター盤は音量だけでなく音の厚みも増して、且つクリアに仕上がっていると思いますが、あくまでもオリジナル盤が優れた録音であるからこそのリマスター盤であって、リマスター盤を聞いても尚、1991年にこのアルバムが既に完成していたことの凄さを改めて感じました。

※アルバムDangerousについて

NJS(ニュージャックスウィング)の生みの親であるテディー・ライリーを共同プロデューサーに迎え、ヘヴィ・Dのラップをフィーチャーしたアルバム1曲目の「Jam」が、このアルバムでマイケルが新しくやりたかった音楽スタイルを象徴しています。

Da
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック