A [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆全体的に非常に良好な状態です。ケースとディスク1枚の出品になります。研磨済みです。ブックレット、チャプターリスト付きです。丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,951
通常配送無料 詳細
発売元: 安心アマゾン即日発送!株式会社メディア
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

A [DVD]

5つ星のうち 4.1 38件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,952 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,232 (24%)
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 3,951より 中古品の出品:4¥ 3,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • A [DVD]
  • +
  • A2 [DVD]
  • +
  • A3〈上〉 (集英社文庫)
総額: ¥8,718
ポイントの合計: 70pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ドキュメンタリー映画
  • 監督: 森達也
  • 製作者: 安岡卓冶
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: マクザム
  • 発売日 2003/07/25
  • 時間: 135 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 38件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00009P68I
  • JAN: 4932545983271
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 23,212位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1994年の松本サリン事件や1995年の地下鉄サリン事件などで日本中を震撼させたオウム真理教(現・アーレフ)。本作は、あくまでも中立的立場を固持しつつ、教団の広報担当者・荒木浩に密着取材し、「なぜ事件が起きたのか?」ではなく「なぜ事件の後も信者で居続けるのか?」という点を追求していくドキュメンタリーであるが、その中からオウムのみならず、彼らを糾弾するマスコミや現代社会全般に対しても鋭いメスを入れていくという、まさに日本の闇を突いた衝撃的問題作でもある。
   監督の森達也はTVディレクター時代に、オウムを絶対的悪として描くよう強要するプロデューサーと衝突して契約解除され、以後自主製作として本作を完成させた反骨の人物。観ているうちに、今自分が日本人として日本で生活していることまでも改めて考えさせられてしまう意味でも、必見作といえよう。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

オウム真理教を扱ったドキュメンタリー映画。テレビディレクターだった森達也監督が、オウムを絶対悪として描くことを強要するプロデューサーと衝突し、自主制作として本作品を完成させた。教団広報担当者荒木浩氏にスポットを当て、オウム内側と外側の現実を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
森監督の「オウム内部から日本の社会を見る」という視点は、「オウムは悪、社会は被害者」という多くの日本人が無意識に下していた判断を「オウムとは何か」というより根源的で困難な問いに引き戻すものだ。そしてわれわれに「もう一度考えよ」と迫る。

地下鉄サリン事件に連なる一連の凶悪事件のことを何も知らずにこのドキュメンタリーを見たら、この大人しい若者たちが、メディア、警察、近隣住民になぜここまで問答無用でつるし上げられているのか、奇異に映るだろう。いったいこの人たちは何をしたのだろう、と。それほどまでに彼らに「狂信」や「妄信」といった言葉がそぐわない印象がある。意外だったのは、彼らがかなり自分たちを客観視できているということだった。「みなさんにはこう映るのでしょう」「マスコミの方たちもお仕事ですから」と、自分たちを追及する人間たちにも丁寧に対応している。テレビ局や警察のほうがよほど横暴で、言っていることに筋が通っていないと思える場面が多かった。オウム信者たちの立ち退きを要求するアパートに張られたビラは、それじたいが過激な宗教由来のものに見えた。

森氏本人は、中立的なドキュメンタリーなど存在せず、そこには作者の意図が入り込むことには自覚的である。ハリー・ポッターのような、童顔で人当たりのいい荒木浩はじめ、オウム信者のなかでも比較的まともな人間を選んで密
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/1/2
形式: DVD
村上春樹さんの『1Q84』を読み始めた頃から、再びオウム事件が自分の中に首を持ち上げてきました。
自分自身、大勢の中の一人として、当初は、気色の悪い変わった連中の集団。一連の事件を知った後は、狂信的な洗脳を受けた反社会的な集団としてしか彼らを見ることができなくなっていました。
村上春樹さんは『アンダーグラウンド』で、オウム真理教の総選挙の活動を振り返り、正視できなかったことを語っています。何故オウムだけそのような心理になったのか、というところからこの事件の深層を掘り起こそうとされたような意味のことを書かれていました。
そのような思いから『A』はどうしても見たいドキュメンタリー作品でした。
よく、こんな映像が残せたものだと森達也さんに感謝します。
この映像は1996年3月頃から始められていて、地下鉄サリン事件から1年経過し、麻原彰晃を初めオウム幹部はいなくなり、広報部長の荒木さんへの密着取材がメインになっています。
何より貴重なのは、全くと言ってよいほど見失っていた視点、オウム真理教側からの視点で撮られている点です。
この中で、麻原彰晃への帰依を多くの信者が口にします。仏教の色即是空、執着から解放されるための修行に励んでいる様子が描かれています。
浄土宗や禅宗の僧が語っているのなら不思議でもなんでもないの
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
前から気にはなっていたのだけれど、ごく最近になって、ようやく見れた作品。

先に見た人のいろんな意見も聞いた。様々なレビューも読んだ。監督自身の著作も読んだ。その他にも色々な情報を事前に仕入れていて、見る前からどんな内容なのかほとんど知っていた。

にもかかわらず、とんでもなく衝撃的だった。

やはり、映像の力は凄い。

監督とプロデューサーが撮影しているのだが、どちらもカメラマンとしては素人に毛が生えた程度。純粋な映像の「質」としては、決して高くない。

ところが結果的に、この不安定なカメラワークが、監督自身の立ち位置の「不安定さ」を見事に描き出すことに成功している。

オウムにも付けない、オウムを非難する世間にも付けない、そんな監督の葛藤がそのまま映像として伝わってくる。

あの事件から10年以上が経ち、この作品が撮影された時期からも随分時間が経つ。その間この国は考えること・葛藤することをやめてしまったのだろうか。

ぼくは、そうは思いたくない。

10年かけても「わからない」ことだらけだ。でも、その「わからない」ことに蓋をしたまま進んでいくことが怖い。

見ていない人には見てほしいと思う。そして葛藤してほしい。
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
見終わった後、オウムの広報担当者・荒木浩氏に親しみを感じている自分がいる。

視点の違いが洗脳に行き着くという一つの事例になるのだろうか?

あるいはマスコミはうそをつく、という事例提示なのか?

いずれにしても、表層的な理解で安易な判断を下すな、という啓蒙ではあるように思う。このドキュメンタリー自身も含めて安易に判断するな。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す