この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


DV被害者支援ハンドブック―サバイバーとともに (日本語) 単行本 – 2005/1/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥2,200 ¥3,821
単行本, 2005/1/1
¥65
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ加害者は妻や恋人に暴力を振るうのか。アルコールのせい?怒りが抑えられないから?自分も子どもの頃に虐待されたから?など、一般に言われている原因は、ほとんどが加害者の言い訳として使われている。問題は加害者の価値観と態度に起因する。それを踏まえて、どのように被害者を支援していくべきか。アメリカでの実践に学ぶ、被害者の視点に立った支援のあり方。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

尾崎/礼子
大阪府出身。短大卒業、一般企業勤務を経て、1991年渡米。1995年よりアジア系移民・難民対象のDV啓発活動やレイプ・ホットラインなど、女性に対する暴力に反する活動を開始。1998年にオハイオ州立大学ソーシャルワーク修士号(メンタル・ヘルス専攻)修了後、ドメスティック・バイオレンス(DV)加害者のグループ・ワーク、DVに影響を受けた子どものプログラム、またDV被害者も含む一般のカウンセリングに携わる。2001年よりオハイオ州のDV連合のスタッフとして、主に被害者支援関連のトレーニングと加害者プログラムの技術支援をオハイオ州全域で行っている。同時に、DV加害者のグループ・ワークと、在米日本人のメンタル・ヘルスのケアにも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません