Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 648
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[藤本 健]のDTMの原点 Vol.1 ~ 昔はみんなMMLで音楽データを打ち込んだ ~ (MAGon)
Kindle App Ad

DTMの原点 Vol.1 ~ 昔はみんなMMLで音楽データを打ち込んだ ~ (MAGon) Kindle版

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 648

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

「DTM = デスクトップ ミュージック」という言葉が登場したのは、1988年にRolandが「ミュージくん」を発売した時だったと思います。メルマガ「MAGon」の連載「DTMの原点」では、手元に数多く残る当時のカタログなどを掘り起こしてきました。

本書は、その連載をまとめた第一弾です。当時の機材を思い起こしてもらえれば幸いです。

【目次】
01.はじめに
02.30年前発売のAMDEK CMU-800
03.ミュージくん登場の衝撃
04.それはTK-80からはじまった
05.初期の音源チップPSG
06.パソコン通信とPDS
07.HAL研のYM2151搭載ボード、響
08.ヤマハが仕掛けたMSXパソコン、CX5とSFG-01
09.昔はみんなMMLで音楽データを打ち込んだ
10.GMより先に登場のGS規格、そしてSC-55
11.ATRAI用MIDIシーケンサ、CubaseとCubeat
12.レコンポーザなくしてDTMは語れない!
13.幻のハイエンドDTM製品!?、Roland RC-8
14.カワイのDTMセット、Sound Palette
15.88年、レクリエで初めて知ったクォンタイズに感激
16.プログラム電卓による自動演奏
17.YAMAHA、89年発売のAT互換ノートPC、C1
18.DTMに注力した国産PC、FM-TOWNS
19.MacっぽいUIの国産シーケンサ、Tool de Music
20.PC-9801用にリリースされた初代HELLO!MUSIC!
21.Windows 98と同時に登場、初のUSBオーディオI/F、UA-100
22.バイブルだった「エフェクター自作&操作術」
23.BEEPを発振させての3重奏
24.初代ミュージ郎の音源CM-64
25.QY70は、いまだ現役で使っている人が多い!?
26.20年前購入のDOS/VマシンとSound Blaster Pro 2

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 10087 KB
  • 紙の本の長さ: 82 ページ
  • 出版社: インプレス (2013/11/8)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GIG391C
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 55,572位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
雑誌連載記事の集約版ということで、セクションの前後で話がまるで繋がらないという所には違和感を感じますが、内容については同じ時を歩んできた人にはとても懐かしく感じるでしょう。
DTMに絞り込んだ記事ですので、他の多くのシンセ等は登場しませんが、それでも機材やカタログが紹介されていたりと、読み物としてだけではなく、DTM史を紐解く為の資料にもなりそうです。
Vol.1となっていますので、続きにも期待したいですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Twitterで著者のpostから見られる語り口そのままなので
ピックアップされる機材や当時の界隈の様子等は相応に偏りがあり、
それを差し置いてもいわゆる"昔の"midiや打ち込み界隈を知る資料として有意だと思う。
現代のカジュアルでリーズナブル、知識よりもとりあえず体験という世代に通じるかというと…疑問ではある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
Vol.3までの合本版が出ているので、これから買う人には合本版をお勧めします。
DTMの原点 Vol.1~3 合本版 (impress Digital Books)
1 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
短い本ながら、僕が知らない時代のDTMのことが詳しく書かれていて大変面白かったし、勉強になりました。
第2段に期待します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover