DREAMING THROUGH SEASON がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

DREAMING THROUGH SEASON Original recording

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,571 通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

インディーズ ストアオープン
水曜日のカンパネラ、polly、Smileberryほか、インディペンデントレーベルをご紹介するインディーズ ストアオープン 詳しくはこちら


Amazon の 石内幹子 ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DREAMING THROUGH SEASON
  • +
  • Swing from Paris
総額: ¥5,136
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/6/19)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording
  • レーベル: OakArt Music/地底レコード
  • ASIN: B0051XCDK6
  • EAN: 4580365080016
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 342,014位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. さくらさくら (trad.)
  2. It Might As Well Be Spring (Richard Rodgers)
  3. 小さな旅~Le Petit Voyage~ (Mikiko Ishiuchi)
  4. 舟歌 (Tchaikovsky)
  5. The Lion Sleeps Tonight (Linda Solomon)
  6. Once Upon A Summertime (Michel Legrand)
  7. Are You In The Mood (Django Reinhardt)
  8. Automne (Stephane Grappelli)
  9. How High The Moon (Morgan Lewis)
  10. The Christmas Song (Mel Torme)
  11. Pixie (Mikiko Ishiuchi)
  12. You Must Believe In Spring (Michel Legrand)

商品の説明

石内 幹子(イシウチ ミキコ):Violin
武蔵野音楽大学卒業。 クラシック,ジャズ,ロック&ポップス ヴァイオリニスト。
作曲,アレンジも手がけ、ケルトやアパラチアン・フィドルもこなす。
ステファン・グラッペリに心酔し、ジャズのヴァイオリンをメインに据える。マヌーシュ・ジャズに傾倒しながらジャンルを超えた表現を追求する。
クラシックのオーケストラ,室内楽での活動の他、深野義和氏をはじめとするアーティストのライブサポート、TV、レコーディングサポート等 (マリス・ミゼル、加藤紀子、コロッケ、山本リンダ、他) がある。]
2007年4月 イタリアの前衛プログレバンド「ニュートロルス」のライブでトウキョウ・ヴィエール・アンサンブルの一員として演奏。
2010年と2011年には、フランスにて元マグマのディディエ・ロックウッド氏に師事。 ニュー・トロルスと言い、何故かプログレに縁がある?
2010年には「KANADEYA」として、ピアニスト林あけみとのDUO作『So In Love』を、 横浜の「VIBRATION RECORDS」からリリースした。
今作は、普段からのレギュラーメンバーである、寺島レコードからリーダー作をリリースしているピアノの大橋祐子やスガダイローとの活動でも知られるベーシスト東保光のトリオに加え、ボサノバで知られる石川智やマイク真木などのバックで活動するカントリー系のギタリスト山口玉三郎らを迎えて、リラックスした中で、 3曲ずつ四季を綴る12曲を美しく独創性のある演奏で奏でている。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 とっても、素敵なアルバムです。

 仕事をしながら、毎日聞いています。

 特に Pixie は、パリのエスプリが感じられ、

 このアルバムの中で一番好きな曲です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック