DRAGON BALL THE MOVIES #0... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

DRAGON BALL THE MOVIES #05 ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強 [DVD]

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,940
価格: ¥ 2,506 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 434 (15%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,506より 中古品の出品:7¥ 1,199より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

2017年 冬アニメ予約開始
2017年冬から放送のアニメDVD・ブルーレイを 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 「ドラゴンボール」関連商品をまとめてチェック。人気キャラクターストアでは、各種グッズが勢ぞろい。


よく一緒に購入されている商品

  • DRAGON BALL THE MOVIES #05 ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強 [DVD]
  • +
  • DRAGON BALL THE MOVIES #06 ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち [DVD]
  • +
  • DRAGON BALL THE MOVIES #03 ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦 [DVD]
総額: ¥7,693
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 野沢雅子, 田中真弓
  • 監督: 橋本光夫
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2008/10/10
  • 時間: 47 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001AEKG22
  • EAN: 4988101138319
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 44,632位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

■キャッチコピー■
劇場版全17作品 待望の単巻DVD発売開始!

【解説】
ファンの熱い要望にお応えして、劇場版全17作品が単巻DVDとして登場!フリーザの兄・クウラや伝説の超サイヤ人・ブロリー、悟空と同じ顔のターレスなど最凶最悪の敵が次々登場!最強のヒーロー・孫悟空が、劇場版オリジナルの強敵たちと壮絶なバトルを繰り広げる!

【ストーリー】
弟の仇を討つため、そしてサイヤ人を絶滅させるために、クウラとその部下が地球に攻め込んできた。悟空はクウラ機甲戦隊に立ち向かうが、悟飯をかばい重傷を負う。悟飯が持ってきた仙豆により、悟空は回復するが今度は悟飯に代わってクウラ機甲戦隊と闘っていたピッコロが倒されてしまう。それを知った悟空は激怒、クウラと直接対決へ!!本気になったクウラは変身し、ついに真の姿を見せる!!

【声の出演】
野沢雅子/田中真弓/古川登志夫

【スタッフ】
原作:鳥山明
製作:今田智憲/茅野力造(集英社)
企画:森下孝三/清水賢治(フジテレビ)/週刊少年ジャンプ
製作担当:末永雄一
脚本:小山高生
音楽:菊池俊輔
撮影:福井政利
作画監督:前田 実
監督:橋本光夫

【公開日】1991年7月公開

【コピーライト】
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)東映・集英社・東映アニメーション

発売元:集英社・フジテレビ・東映アニメーション・東映ビデオ
販売元:東映

【スペック】
●映像特典(予定)
◆特報
◆ポスター
●ニュープリント・コンポーネントマスター

DSTD07855/2,800円(税込2,940円)/COLOR/本編47分/片面1層/1.主音声:モノラル/16:9LB

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

2009年にハリウッド実写版の公開を控え、ブーム再燃必至の人気アニメの91年劇場版。かつて悟空の父を倒したフリーザの兄・クウラが、フリーザを倒した悟空に復讐すべく出現。悟空は深手を負うが仙豆によって力を取り戻し、死闘の末にクウラを撃破する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 YOUWIN トップ500レビュアー 投稿日 2010/12/1
Amazonで購入
悟空がフリーザの兄貴,クウラと対戦です. フリーザより,もう一回の変身が可能なクウラ!! 宇宙人としては,ヒューマノイドタイプ(人間タイプ)から,赤目で突起に身に纏った,プレデタータイプ(怪物タイプ)に変身!! “さぁ,始めようかァッ!!!!"と言うセリフと共に,顔にマスクがセットされ,フリーザ以上のパワーで悟空に襲いかかって来ます!! 地球が滅ぼされる危機感の中,怒りによってスーパーサイヤ人に変身し,クウラに立ち向かう悟空!! ラストの地球を救おうとする,悟空の気合いに,是非,感動してみて下さい・・・. 数ある劇場版の中でも,おすすめの1本です!!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
戦闘面では悟空やピッコロがメインで活躍し、悟飯やクリリンは傷ついた悟空を救うべく奮闘するというサポート役になっています。特に今作のピッコロは、クウラ機甲戦隊とのバトルで、鬼神のごとき活躍ぶりを見せてくれます(笑)。ピッコロファンは必見であります。
スーパーサイヤ人になる際の演出が、数ある劇場版の中でもトップクラスにカッコ良く作られてるのも見所です。
ただ、個人的にはスーパーサイヤ人になった後のバトル描写にも力を入れて欲しかったです。スーパーサイヤ人になってからは、即行で渾身の一撃で片付いてしまったから、少々あっけない感があります。ハイスピードな肉弾戦やら攻防戦も見せて欲しかったです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 当時も現在も絶大な人気を誇る宇宙の帝王フリーザの兄、クウラが登場する劇場版です!宇宙の帝王の兄だけあって非の打ち所のないクールさ、かっこよさを持っているクウラ。フリーザの時とは違う中尾隆聖さんの演技が素晴らしいの一言です。クウラは4形態の状態からの登場で、この姿も十分にかっこいいのですが、なんといっても最終形態がそれを凌駕するかっこよさ!「さあ、はじめようか!」の掛け声と共に口元のマスクがカシャンと装着するシーンは、当時あまりのかっこよさに感動したのを覚えています。もちろん悟空の劇場版初のスーパーサイヤ人化も神々しくかっこいいです。ファンに絶対オススメの作品です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
(ストーリー)
20数年前、フリーザが惑星ベジータを滅ぼした矢先、別の惑星を侵略していたクウラが一人の赤ん坊の乗ってあるカプセルを見つける。そして・・・今作品ではフリーザの兄貴のクウラが登場します。やっと超サイヤ人悟空の登場です。弟のフリーザが一人のサイヤ人に倒され、兄のクウラが機工戦隊を連れて地球に来襲する。

感想としては、クウラの第5形態とも呼ばれる変身シーンはかなりフリーザ以上に恐怖を感じました。 またピッコロVSサウザー・ネイズ・ドーレの戦いも結構迫力ありました。悟空の超サイヤ人になるシーンは見てて感動しました。映画作品の中でも最高傑作です。☆=5です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ドラゴンボール映画で三本の指に入る作品です敵キャラで一番好きなクウラ様の名台詞、光栄に思うがいい俺の究極の変身を見られるのはお前が最初で最後だぁ〜(口カシャン)さぁ〜始めようかぁ〜。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
脚本、演出、作画、伏線回収、カメラワーク、キャスト、セリフ、BGMのチョイス等…すべてかっこいいです。何度も視たくなります。
ほのぼのさせておいて急にシリアス…という展開が多くて飽きさせられません。
悟空の超サイヤ人覚醒や決着のシーンで、あえて盛り上がる熱い曲ではなく、まるで教会音楽のような優しいBGMや、悲壮感のある切ないBGMが流れるのがとても印象的です。

「フリーザ戦の焼き直しだ」みたいな意見もあるようですが、それは「弟とは違う」事を執拗に主張していたクウラが、追い詰められて取った行動など含めて、実は結局フリーザと大差無かった…という皮肉のためだと思います。

また、冒頭と、終盤の回想シーンでセリフのやり取りが少し違っています。
冒頭…ネイズ「撃ち墜とすか」サウザー「ああ…」クウラ「放っておけ」
回想…サウザー「クウラ様、撃ち墜としましょうか」クウラ「放っておけ」

これは便宜上、簡素なやり取りにしただけなのかも知れません。ですが私は、これはクウラの記憶違いを表現しているんだと解釈しました。
「20数年前の会話なんてそんな正確に覚えてないだろう」というリアルさをさりげなく演出している…芸が細かい!と驚きました。

また、この作品ではかめはめ波や界
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック