この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

DOWNTOWN 81 [DVD]

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャン・ミシェル・バスキア, タキシードムーン, DNA, プラスティックス, キッド・クレオール&ザ・ココナッツ
  • 監督: エド・ベルグリオ
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通) (DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2001/12/05
  • 時間: 75 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005QYK3
  • EAN: 4535546010139
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 127,331位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

若くして夭逝した伝説の画家“ジャン・ミシェル・バスキア”の唯一の主演映画が待望のDVD化!

レビュー

80年代NYを駆け抜けた夭折のグラフィティ・アーティスト、ジャン・ミシェル・バスキア。ウォーホールに見出される直前の彼が自身の役を演じた81年の幻の映画がDVD化。“NO NEW YORK”時代の空気を真空パックした内容である。それが2001年発掘され、映画・サントラともに大いに話題を呼んだ。キッド・クレオール&ザ・ココナッツ(最高!)、プラスチックス、アート・リンゼイのDNAなどの貴重なライヴ映像は電撃ショック的。バスキア自身から漂う感覚を活かしたストーリー作りもオフビートでいい。 (松永良平) --- 2002年02月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

監督: エド・ベルグリオ 共同製作・脚本: グレン・オブライエン 出演: ジャン・ミシェル・バスキア/タキシード・ムーン/DNA/プラスティックス/キッド・クレオール&ザ・ココナッツ/ジェイムス・ホワイト&ザ・ブラックス/ウォルター・ステディング/デボラ・ハリー
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/1/23
 この映画のどのカットの中にも、80's/NEW YORK/STREET/ARTが存在してて、この4つの要素によってバスキアが浮き彫りにされていく。彼はグラフィティーアーティストとして有名だけど、だけじゃなくって詩人であったりミュージシャンでもあった。つまるところ存在自体がアートなのである。しかもとびきりのPOPとシニカルをもち併せた。
 音楽のシーンもいろいろあって、アート・リンゼイ率いるD.N.A/キッドクレオール/カクテルズそして自身のバンドGray(ヴィンセント・ギャロも在籍してた)などなどのレコーディング風景や、ライブ模様がある。これらの映像がみえるのはきっとこの映画の他にはないだろうし、今見てもぜんぜん新鮮でめっちゃかっこいい。ドキュメンタリーとしても楽しめる映画かも。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
バスキア自作自演の映画。
フィクションを織り交ぜながら時にDNA 、ジェイムスチャンス、プラスチックス等のライブ演奏も収録されており、タイトル通り、81年のニューヨークダウンタウンのストリートカルチャーを描いたドキュメンタリーです。
ヒップホップのドキュメンタリー映画の傑作として名高いワイルドスタイルと同時期っていう事に驚愕です。
当時のニューヨークの文化の豊潤さに舌を巻く思いです。
中古価格が高いのでぜひとも再発、再上映を希望します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 特に脚色するでもなく当時のニューヨーク、そのまさにダウンタウンを描いているように感じた。バスキアがいわゆる有名な作品を描いたり、例の王冠マークのグラフィティを書くようなシーンはない。ただストリートを放浪しながら不確かな人生を味わうだけである。
 しかし、それこそがこの映画の魅力だとも思う。ラスト以外には不自然なわざとらしいシーンが無くて、自分がまさにダウンタウン81の世界にタイムスリップしてきたかのように映画を楽しめるのだ。(個人的にはラストも好きだった。「もう時間も十分やったし、そろそろ終わるか」みたいな粗い締めくくりがいい)

 ただ、1970〜80年代のアメリカ音楽を全く知らない人にはぜんぜん面白くないかもしれない。絵画よりは音楽を取り上げたシーンが圧倒的に多い映画である。このころロックはニューウェーブなんていってネタ切れ寸前。ラッパーも映画に出てくるがヒップホップはそこまで確立されていないようだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック