通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆中古品につきカバーに若干のスレ・劣化がありま す☆除菌作業を行い、迅速に発送致します☆付属品 (CD・DVDなど)は別途記載ない場合は、付属して おりません。☆中古品につき、表紙が表示と異なる 場合があります。発送には、郵便局のゆうメールを 使用します☆万が一商品に不備があった場合は、 メールにてご連絡ください。対応させていただきま す。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

DOLLS (4) (ZERO-SUM COMICS) コミックス – 2007/6/25

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DOLLS (4) (ZERO-SUM COMICS)
  • +
  • DOLLS (3) (ZERO-SUM COMICS)
  • +
  • DOLLS 2 (2) (ZERO-SUM COMICS)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自ら囮をかってでた羽沙希。
その瞳の奥にはある確信があった――。
逃亡を続ける死刑囚・小幡公介と彼の関係とは――! ?
皮肉な運命に翻弄される彼らに、新たな局面が訪れる――! !


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 一迅社 (2007/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758052840
  • ISBN-13: 978-4758052849
  • 発売日: 2007/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
1・2・3巻とレビューを書いたのでこの4巻も書きます。
表紙はタマかなと思っていましたが、2番隊の隊長。やはりタイトルがDOLLSだから?
しかし、今回は2番隊も3番隊もタマも出てきません。

内容は大きく分けて2つの話を収録。1つは3巻の続きで謎の黒い男を追う話。
黒い男が気になる羽沙希は自分に捜査させてくれと言い出す。
そして再び黒い男と再会を果たすが・・・。
羽沙希くんの過去がまた少しわかる話となっております。

2つ目は女子高生死刑囚を第1部隊が追う話。未成年に死刑判決が下された。
それはイコール特刑が初めて未成年相手に死刑を執行することを意味していた・・・。
未成年相手とあって、死刑反対派や青少年保護団体が根強く反発する。
人形狩りとは違って公の立場にあり、政治的にも大きな権力を持つ反対派代表の女性が第1部隊の前に立ちはだかるが・・・。

といったものです。2つ目の話は特に目立って活躍する人物はいませんが、少し前の話とも関連があるので、
どちらかというと羽沙希メインなのかな〜という印象を受けます。
黒い男の話は良かったのですが、2つ目の話が個人的に微妙なのかなという感じがしました。
第1部隊が特に活躍する
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2007/7/9
形式: コミック
表紙は藍川嬢(名前うろ覚え…)。
縦ロールが素敵な美人さんです。性格も可愛いんですよね。
ですが、今回は第2部隊、更に第3部隊も出てきません。これは残念でした。第1部隊は勿論大好きなので活躍してくれて嬉しいのですが、第2・3部隊もとても個性的で魅力的なので是非見たかったです。
意地っ張り璃宮くんはどうなったのでしょう??
内容は前巻からの続きで、謎の"黒い男"を追います。それとともに羽沙希の過去が少し明らかになります(濃い友情…)。
相変わらずグロくて暗い雰囲気が漂っていますが、絵は美麗で皆いちいち格好良いです。ウハウハキュンキュンです。
話も人間の汚い部分を見事に書いていて、読みごたえがあります。
強ち、あぁいう未来もあり得るかも…。
ですが、前巻までの勢いが少し無くなっている気がします。今巻は話を一端落ち着けるという意味合いもあるのでしょうか??
桜澤時生元総隊長(こっちもうろ覚え…)も出てきませんし、珠緒との過去も気になるし、そこに全く触れられていないので、モヤモヤ感が残りました。まぁ、謎の部分は後々丁寧に明かされるのを楽しみに待っています。
次巻がかなり楽しそうなので待ち遠しいです。
特別版の付録CD、最高でした。笑い所満載。でも、式部の声…うーん…??
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告