この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

NO DISTANCE LEFT TO RUN 【期間限定生産:豪華デジパック仕様盤】 [DVD]

5つ星のうち 4.9 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 12,800より 中古品の出品:8¥ 6,600より コレクター商品の出品:1¥ 10,865より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ブラー
  • 形式: Limited Edition
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ユニバーサルミュージック
  • 発売日 2010/02/17
  • 時間: 218 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0030FKUWU
  • JAN: 4988006956094
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,739位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


1. イントロ
2. シーズ・ソー・ハイ
3. ガールズ&ボーイズ
4. トレイシー・ジャックス
5. ゼアズ・ノー・アザー・ウェイ
6. ジュビリー
7. バッドヘッド
8. ビートルバム
9. アウト・オブ・タイム
10. トリム・トラブ
11. コーヒー&TV
12. テンダー
13. カントリー・ハウス
14. オイリー・ウォーター
15. ケミカル・ワールド
16. サンデイ・サンデイ
17. パークライフ
18. エンド・オブ・ア・センチュリー
19. トゥー・ジ・エンド
20. ディス・イズ・ア・ロウ
全26曲を見る

商品の説明

内容紹介

【日本盤のみ4大特典】1:映画/日本語字幕付 2:ギグ・ヒストリー・ポスター封入 3:32ページ別冊ブックレット封入(歌詞・対訳・解説など)
【初回生産分のみ】4:ブラーキャンペーン 10春!「ハイドパーク公演オフィシャルパンフ」が50名様に当たる!抽選応募券付


時代に挑戦し続けてきたNO.1バンド、ブラー。2009年夏、彼らは再びステージに立った。一番大切なものを取り戻すために―――。ブラー9年ぶりの全英ツアーとその裏側を秘蔵映像や最新インタビューなどで描いたドキュメンタリー映画『ノー・ディスタンス・レフト・トゥ・ラン [ア・フィルム・アバウト・ブラー]』。この作品は、イギリスそして世界のロックシーンのトップを走り続けた「ブラー」というバンドの光と影、そして4人の少年たちの20年に亘る友情の物語である。リアルなロック・ヒストリーを目撃できるロック・ファン必見の作品。DVDにはそれに加え、2009年7月ロンドン・ハイドパークで行われたライヴ映像『ブラー・ライヴ・アット・ハイド・パーク』を加えた豪華2枚組!

【収録内容】
-DISC 1-
FILM “NO DISTANCE LEFT TO RUN" <収録時間:103分予定>

ーDISC 2-
LIVE “BLUR LIVE AT HYDE PARK"

10万枚のチケットが即完!2009年7月2日・3日の2日間に亘り決行された伝説のハイド・パーク公演ライヴを収録! <収録時間:約124分予定>
【収録曲目】

1 Intro
2 シーズ・ソー・ハイ
3 ガールズ&ボーイズ
4 トレイシー・ジャックス
5 ゼアズ・ノー・アザー・ウェイ
6 ジュビリー
7 バッドヘッド
8 ビートルバム
9 アウト・オブ・タイム
10 トリム・トラブ
11 コーヒー&TV
12 テンダー
13 カントリー・ハウス
14 オイリー・ウォーター
15 ケミカル・ワールド
16 サンデイ・サンデイ
17 パークライフ
18 エンド・オブ・ア・センチュリー
19 トゥー・ジ・エンド
20 ディス・イズ・ア・ロウ
21 ポップシーン
22 アドバート
23 ソング 2
24 デス・オブ・ア・パーティー
25 フォー・トゥモロウ
26 ザ・ユニヴァーサル

※初回限定盤をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回盤をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

イギリスのロックバンド・ブラーが2009年夏に9年ぶりに行った全英ツアーと、その裏側を描いたドキュメンタリー。2009年7月にロンドンのハイドパークで開催したライブの模様も収録。デジパック仕様。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 亜音宇璃頭無 VINE メンバー 投稿日 2010/3/13
形式: DVD
ブラーというバンドを
音楽性として、なかなかヒネリが効いた楽曲が
個性的で魅力的と捉えてまして、
日本でのライブもちょっと黄色い声援が
入交るものの、盛り上げ方も上手い、
なかなかの策士と見ていました。

ギター抜けたのも音楽性の変化だし、
デーモンさんは、いろんな人とコラボしたり、
ゲストで呼ばれたり、ゴリラズも好調なので
ブラーも自然消滅かなと。

しかし、実情は全然違う物で
楽曲はスマートで、ポップな策士でも
音楽に賭ける思いは、ロックど真ん中です。
やっぱ人は実際話さないと判らない物です。
(まあヴァーチャルですけど)

ドキュメントで、ジーンとしてからライブを見る事をお薦めします。
(正直買う前はドキュメント不要と思ってました)

アウェイ+復活〜♪のダブル盛り上がりは圧巻です。
最高にロックな瞬間がパッケージされてます。
PVとかの醒めたデーモンさんのイメージが一掃されました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
個人的にはBlurは、それほど好きではありませんでした。
この「好き」っていうのは「夢中」といういう意味合いが濃いです。
まぁ、男子ですから。
でも、音楽性は好きです。
SqueezeやXTC、10ccで育った、UKひねくれポップ系を崇拝する僕としては
Blurは評価してました。売れてたし、時代の音だったし。
でもちょっとキャッチ過ぎるきらいがあり、
ちょっと子供っぽい印象もあり、いつのまにやらiPodには
ベスト盤と後期のアルバムしか入ってなかったんです。

そして、再結成ニュースもあまり気にせず迎えた2010年。
そのツアードキュメンタリー映画と、
ハイドパークのライブがパッケージされていて、
リリースタイミングから随分ずれたけれど、何となく購入。

これにやられた。

ドキュメンタリーは、筋を言っちゃうと、
よくあるバンドの物語なんだけど、制作者から愛がひしひしと感じられる。
で、それは出会いによっては出来ることかもしれないんだけど、
ライブにやられます。
これは、ちょっとやそっとの意図では成り立たない。
デーモン・アルバーンの声と客の合唱のレベル値が同じとい
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
90年代。英国の優れたソング・ライターといえばトム・ヨーク、ノエル・ギャラガー、そして、デーモン・アルバーンでしょう。 個人的にはデーモンが最もツボです。スタイル先行でルーツを深く掘らず、上辺だけをサッとすくってポップ・ソングに仕上げる。 リスナー感覚も抜群で新しい挑戦にも意欲的。本当に理想的なソング・ライターなんですが、彼のコロコロスタイルを変えていく書き方のせいで「Blurの曲には魂がこもっていない」なんて言われちゃうことも。 確かに間違ってはいない。(そもそも、デーモン自身そんなことに興味もなかったはず) しかし、「13」以降のデーモンの書く曲はあきらかにそれまでとは違っている。この映画の見所であるグラストンベリーのテンダー、かつてのライバルだったOasisの曲のようにBlurの曲も英国の人々は愛しているのだと実感できる素晴らしいシーンだ。(それにしてもグラストンベリーのあの雰囲気、最高すぎる!) Gorillazではあの感覚はやって来ない。今、必要なのはBlurなのだ。終わるなんてもったいない。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ものすごく電波な言い方をすると、このディスク1のドキュメンタリーで描かれている物語というのは、「失われた絆の復活による魂の再生、かつ本来の自分を取り戻すこと」であり、「一つのカルマから解き放たれて魂のステージが一つアップする経験」について、である。ブラーというバンドのキャリアが世間で思われている程「順風満帆」でも「苦労知らず」でもなく、「艱難辛苦」と「精神的な危機」が常につきまとう性質のものだったことは色んな本や、何よりも5枚目以降のアルバムをちゃんと聴いてればすぐに分かることなのだが、それでも思っていた以上にメンバー達の心に大きな傷を残していたのだな、とこの作品を観て思った。

だからこそ、おそらくそれまでのキャリアのピークであり、全ての苦労がその瞬間報われた(あるいは浄化された)瞬間であっただろうグラストンベリーでの「テンダー」をフルで収録しておいてくれたらなあ…、と思う。ディスク2にはハイドパークでのライブがフルで収められているのだが、やはりグラストンベリーの方が何倍もいい(幸いケーブルテレビで「パークライフ」と「テンダー」の2曲だけだが観る事が出来た。宝物である)。あのパフォーマンスが喚起するスピリチュアリティこそ、この再結成の持つ意味の大きさを象徴していると思う。

だから、もう「仕事」としてのブラーの活動にはピリオド、でいいんだと
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー