この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

DIGITAL ANIME ARTWORK 単行本 – 2004/10/27

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アニメ製作現場をリードするクリエイターたちのCGテクニック。アニメ製作の現場では、いったいどのようなツールを使いこなし、どのようなコミュニケーションで、どのような問題に直面しながらアニメ製作を行っているのか、現場のクリエイター達がいま語る。


登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: ビー・エヌ・エヌ新社 (2004/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861002028
  • ISBN-13: 978-4861002021
  • 発売日: 2004/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 23.6 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 929,450位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
4
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
雑誌などでレポーターやライターが書いている記事と違って、現場で仕事をしている人が書いているので、臨場感が漂う内容となっている。各作品ごとに書いている人が違うので、着眼点も違えば構成も違う。それぞれ面白いが、若干ツッコミ加減にバラツキが出たのが残念か。
実際のアプリケーション名やコマンド名までバリバリ出てくるので、全くCGツールを触ったこともない、という人には若干ツラい部分もあるが、仕事の進め方や考え方といった直接CGそのものとは関係ない部分に言及している文章もあり、現在その方面で仕事をしている人、これから関わろうと考えている人、単純に興味のある人、それぞれに読み方があると思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
デジタルをやっていると、忘れがちになりますが、同じ画材を使っても、絵描きによって全く出来上がった作品の質が違うのは当たり前。

デジタルの場合、道具が大げさなのでつい忘れてしまいますけど、同じことです。

この本を読んで感心したのは、使用されているソフトに特殊な物が無いこと。

3DソフトはほとんどLWだし。

今時、ちょっと裕福な素人の方が高級なソフト使っていると突っ込みたくなる様な(笑)。

それにも関わらず、作品の質は凄い。

3Dソフトの基本操作を勉強していて、どの様に応用していいのか、基礎を元にどういう方向へ行ったらよいのか悩んでいる様な方にお勧め。

やっぱりプロの仕事は凄いです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 CGをいかにアニメに生かすか、取り入れるかを語った良書です。
CGを生業としている人、CGを仕事にしたいと考えている人にとても
ふさわしい書籍だと思います。TIPSよりも、ワークフローなどに
重点がおかれています。
 私自身は、CGの本というよりは、単純に読んでおもしろい本だと
感じました。CG関係の雑誌のCG WORLDの記事などより、突っ込んだ
内容を知ることができます。
 大変残念なのは、誤字、誤植が異常に多いことです。この辺は、
出版社の方にもっと頑張ってほしいところです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ほとんどがLightwaveで構成されていますが、
3DCG中級以上の方ならばソフトを問わずにテクニックを学べると思います。

一見難しそうなアニメの中の3D表現も
蓋を開けてみれば自分たちでも出来る
簡単な処理だったり力技だったりするんだなということがわかります。

しかし、本書の半分は技術書というよりは
業界人の制作姿勢などについて知るエッセイやコラムをまとめたものと
考えられたほうがよいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック