この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

THE DIG presents 日本のフュージョン (シンコー・ミュージックMOOK) ムック – 2013/4/19

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 20,601 ¥ 2,458
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • ムック: 196ページ
  • 出版社: シンコーミュージック; A5版 (2013/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4401638298
  • ISBN-13: 978-4401638291
  • 発売日: 2013/4/19
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 552,268位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
フュージョンシーン全体を俯瞰するというより、一部のアーティストに的を絞って特集を組んでおり
特に紙面全体の半分をカシオペア、スクエア、NANIWAエキスプレスの3組に割かれています。
で気になったのがディスクガイド。ページにより1pに1作、または1pに複数の作品に分かれていますが
複数作品のページには参加ミュージシャンの表記がありません。
この手の音楽はプレイヤーで聴く側面も強いのでここは割愛すべきでなかったのでは?

上記3組のファンにはおすすめ。フュージョンディスクガイドとしては物足りない。
ティンパンアレーや大野雄二も取り上げている点は◎。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
内容に関しては、自分の思い入れのアーティスト、アルバムがどのように紹介されているかで、人それぞれ評価が別れるので、、、、コメントしません。しかし2012年末のCROSSOVERイベントから続くJ-FUSIONへの地味な注目がこの様なムック本に結実したことは素晴らしいと思います。シンコーさん素晴らしいです。あっぱれです!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
カシオペア、スクエアなど代表的なアーティストと作品への熱い想いが感じられます。
昔ファンだった人はもちろん、少しでも興味を持たれた方は、ぜひ、これを読んで、作品を聞いてみてください!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
80年代にインストルメンタルミュージックのブームがあったなんて、今から思い出すと不思議な気がします。
ヒップホップのDJがレア・グルーブ扱いで、ネタとして使っているのを耳にすると、
あの時代は夢だったのかなとも思えます。
しかもジャパニーズ・フージョンのブームもありましたね。
懐かしい。
アメリカン・フュージョンファンとしては日本のミュージシャンは、渡辺貞夫、日野皓正(漢字これでよかったかな)、渡辺香津美、川崎燎、以外はカシオペアを含め横で見ていた(聴いていた)ぐらいでしたので、改めて見直し(聴き直し)てみようかと思います。
嬉しくて、読んでもいないのにレビューを書いてしまいました。
これから買います。(もちろん、amazonで)
読まなくても、評価は5★です。
だって、他にないでしょう。

ちなみに、うちの家族はフュージョンのことを天気予報のバックに流れている音楽(ジングル)のことだと思っています。
あながち、否定できないが、嬉しいような、悲しいような・・・・
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告