DENKI GROOVE THE MOVIE? ~... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 7,117
通常配送無料 詳細
発売元: まぺSHOP
カートに入れる
¥ 7,188
71pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc)

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,020
価格: ¥ 5,430 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,590 (23%)
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 5,430より 中古品の出品:6¥ 4,846より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc)
  • +
  • 電気グルーヴ25周年記念ツアー “塗糞祭"(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc)
  • +
  • DENKI GROOVE THE MOVIE? -THE MUSIC SELECTION-
総額: ¥19,948
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 電気グルーヴ, 天久聖一, ANI, Bose, SHINCO
  • 監督: 大根仁
  • 形式: Dolby, Limited Edition
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: KRE
  • 発売日 2016/03/30
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01BCPT7L4
  • JAN: 4560429740339
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,283位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──。26年間の膨大な映像からピックアップした貴重なシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気グルーヴと関わってきた17人の証言により、電気グルーヴの26年間を総括するヒストリームービー。数多くの秘蔵映像や楽曲とともに、電気グルーヴの歴史が語られる。
監督は『モテキ』『恋の渦』『バクマン。』で知られる、「東洋一メジャーとアンダーグラウンドの境界線のない男」大根仁。結成、インディー時代、デビュー、『VITAMIN』での覚醒、『ORANGE』期の危機、“Shangli-la"『A』での大ブレイク、まりん脱退、活動休止、そして卓球と瀧、ふたりでの本格始動まで──。二人の26年間の物語が、いま明かされる。
電気グルーヴの初のドキュメンタリー映画が遂にブルーレイ/DVDで登場。初回生産限定盤にはボリュームたっぷりの映像特典DISC付き!

【初回生産限定盤】2BD、同発ライブ商品とのW購入者抽選応募施策

※初回限定盤をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。
※在庫がなくなり次第終了となります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

日本のポップ・ミュージックの歴史を変えたテクノバンド・電気グルーヴの足跡を追ったドキュメンタリー。膨大な映像から厳選した貴重なシーンと関係者たちの証言により、電気グルーヴの26年間を総括する。監督は『モテキ』の大根仁。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
電気ファンのみならずとも、一見の価値あり!
電気グルーヴというバンドの歴史を知る上で、重要な作品である。

このTokyo kinky disco band。
ここまで稀有で突出したバンドは他に類を見ない。

初期電気からのファンはアラフォーが多いと思うが、
長年追い続けてきた者でも知らないエピソードがたくさん語られている。
中でもOrange後の低迷期に、対談インタビューで卓球が泣いたという話しは衝撃であった。

また、オレのベストはVoxxxであるが、今でも新譜ごとに変化し続ける電気はほんと才人狂人奇人変人である。

音もいい、センスもいい、そのへんのお笑い芸人よりおもしろい。
中高生のころは夜中にオールナイトニッポンを聴いて、独りで笑い転げたものである。
平成新造語なんか、過去から現在に至るまでの数あるANNパーソナリティのコーナー中でも、
最もおもしろいのではなかろうか。

卓球は歌い、回し、新幹線で◯◯◯◯◯丸出しで、変態性を露わに好き放題やる。
瀧は瀧。畳。顔として。そして今では北野映画に出演するほどの大俳優。

そして、イチバン思うことは二人とも文才があるということだ。<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
今作にもしっかり副音声のオーディオコメンタリが入っててよかったです。
しかも今回は大根監督を交えての3人でのトーク!ピー音は過去最高に入ってました笑

ディスク2の特別編集映像は、映画未収録のライブ映像(MCなどもあり)や
映画にもあった千歳空港での長嶋パニック事件のロングバージョンなどを収録。
ライブ映像だけでも結構満足だったのに、さらにさらにラストには卓球瀧2人からのメッセージ映像が収録されていました。これはすごく笑えた!
ほんと2人(と監督)のサービス精神には脱帽です。手に入れるなら初回限定盤を買うしか!!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
いきなり英語のナレーションから映画が始まり、ビックリしました。
海外でもその名を知られる「電気グルーヴ」のことですから、この作品も世界市場を意識して制作されたのだと思います。
そして、破天荒と表現したいほどの熱気、無尽蔵とも思われる2人のパワーに改めて驚かされました。
「DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~」は、非常に優れたドキュメンタリーだと思います。
2014年の「FUJI ROCK FESTIVAL」での大観衆を前にしたステージから、時代は一気に1989年に遡ります。
「人生(ZIN-SAY!) 」を経て結成された「電気グルーヴ」が初めてステージに立った時の荒い映像がそれ。卓球さんがベースを演奏し、瀧さんがキーボードをつま弾く姿を確認できるのも楽しい。当時から、おしゃべりもライブでの重要な要素でした。
その後、1991年「FLASH PAPA」でメジャーデビューし、1993年の「VITAMIN」で音楽的次元を飛躍的に高め、1996年「ORANGE」で最初の躓きを経験するも、我々には想像もつかない努力を重ね、1997年「A」に収録された「Shangli-la」でテクノ以外の音楽ファンにもアピールするほどの人気を獲得。
2001年に一旦、活動休止するものの2005年、同じく休
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
副音声目当てで買いました。ラジオ気分で面白いけど、ピー音が多すぎて歯がゆいですね。
本編:電気を知らない友人に見せたら興味深げに観てました。映画としてふつーに面白い。誰が観ても面白い。大根監督がすごいのかな?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 サミコ 投稿日 2016/4/30
Amazonで購入
映画館でも観たのだが、やっぱりいい作品。
ファンでない人にもみてほしいなぁと思った。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告