通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧頂きありがとうございます。ご注文後Amazon.co.jpが発送します。安心してお求め下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

DEATH NOTE (12) (ジャンプ・コミックス) ペーパーバック – 2006/7/4

5つ星のうち 3.8 210件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DEATH NOTE (12) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (11)
  • +
  • DEATH NOTE (10) (ジャンプ・コミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

A high school kid found the "death book" belonging to the Goddess of Death. To rid the world of criminals, he began to write their names in the book. These criminals mysterious death prompted blanketed investigations. Highly rated comic. In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.


登録情報

  • ペーパーバック: 199ページ
  • 出版社: 集英社 (2006/7/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088741315
  • ISBN-13: 978-4088741314
  • 発売日: 2006/7/4
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 210件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 181,338位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
「やっぱりジャンプだから正義が勝った…」みたいに書かれている方もいますが、少数の方が書かれているように、「勝ったものが正義」というのが結論ではないかと思います。ニア(L)側の考えは確かに耳障りよく聞こえ多くの人の共感を呼びそうですが、天才ライトのラスコーリニコフ(罪と罰の主人公)のような思想が一面の真理をついていることも事実でしょう。たとえ「親殺し」「殺人犯」であろうとも、その考えによって幸せを得た人が大勢いたことも容易に想像できますし、ラスト数ページからもそれが明らかだからです。幾人の方が書かれているように、どちらにも「正義」があった。また、気持ちのよいくらいそれが一巻から一貫していました。そして、最終巻で「勝ったもの(ニア側)が正義」となったのです。これまでの時代もそうでしたし、これからの時代もそうでしょう。

 ……でも、正直読むのに疲れました(笑)。天才たちには思考が追いつきません…うぅ…
コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
いよいよ『 DEATH NOTE 』の完結です。なんだかんだ言ってもこのマンガは傑作だったと思います。

宿敵のLが突如 死んだり、主人公の発狂したかのような最後など、予想はできても それ以上に驚かされることばかりだった。

この12巻の最終話に出てくる 俗に言う「松田説」ですが、この説が正解か否かによって月とニアの推理力が大きく変わってきます。

この意図的に作者が読者に「どっちなんだろう?」と 考えさせるような終わり方と、主人公であるはずの月が肝心の最終話に登場しないという構成が個人的に好きです。

しかし、この2部とも言えるメロ・ニア編は周りからの評価が低いです。L編では頭脳・心理戦が多かったことに対し メロ・ニア編はいささか強硬手段が目立ち、舞台も日本だけに止まらずグローバル化されてしまった。

そのせいかデスノートのモチーフであった「正義と正義のぶつかり合い」にリアリティーがなくなり、11巻でニアが言ったように「どちらが上かを証明するだけの戦い」になってしまっている。

その上 リュークとの会話も少なくなって面白みに欠け、月のL戦で見せた余裕も無くなっていた。

など 早い話、1部のときと違い過ぎるということで「Lのところで止めとけば
...続きを読む ›
1 コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gonta 投稿日 2006/10/10
形式: ペーパーバック
Lが死んだときに、月もある意味死んじゃったのでしょう。

12巻で変貌したわけじゃないと思います。

Lに会って、救世主になるよりLと戦うことが面白くなっちゃった月は、Lの死後は、

退屈な神様になるか、対戦相手を見つけてゲームを楽しむうちに揚げ足を取られるか、

しかなかったのではないかしら。

Lがはじめからいなければ、幸せに神様になれたかもしれないですが。

なので、2部が1部よりつまらないのも、あの終わり方も、妥当だと思っています。

ニアやメロが、Lを超えなかったのも妥当。

設定の無理も許容範囲(マンガだし)

しいて言えば、2部はもう少し小技で楽しませてほしかったです。

あと、L好きとしては、もっとLに会っていたかった。

Lの番外編(小説じゃなくて)やらないかなー。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
殺人者だけど世の中を変えようとした月。

悪人が蔓延る世の中のままにしようとしたLたち。

この話は結局考え方の違いで答えは出ないんですよ。

でも話である以上終わりが来るわけですからこういうラストもいいと思います。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/7/4
形式: ペーパーバック
高みを目指す野心家の結末は栄光と破滅の二択、ダーティーヒーローなら後者は必然。

しかし、そこに至るまでの過程の描き方が本作ではかなり酷い内容になっていたと思う。

「白い巨党」や「銀河英雄伝説」も作品最大のピークは中盤で最後に主人公は衰えた。

ただ、衰退は作品全体の終盤が普通なのに夜神月は第2部で醜態を晒しまくってしまった。

ニアとのファーストコンタクトに際して「Lの時は感情的になり過ぎて、ぎりぎりまで〜」

と経験から更なる慎重さを得たような発言をしているが気持ちが守りに入っている。

「勝つには攻める事」をモットーに大胆さと慎重さを兼ね備え幾重にも策を張り巡らせた

天才児の姿は見る影も無く、敵に振り回されて後手に回り場当たり的な作戦を行い、

自ら動くことも少なかった。

そして彼を倒したニアも安全な所から命令だけをして知略もLに比べて雑な部分が目立ち、

良い意味で対等だった第1部のLとキラに比べて第2部をつまらなくした一因だったと言える。

ニアの勝利は竜崎やメロが命懸けで手に入れてきたヒントというアドバンテージに加えて、

神業
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー