通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 『カバー上の値札等のシールは除去済みです!』DEATH NOTE。中古商品。背表紙の色褪せもなく綺麗です。クリーニングを行い、迅速にお届けいたします(付録付きの商品の場合、付録は付属しておりません)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス) コミックス – 2004/4/2

5つ星のうち 4.4 237件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
DEATH NOTE コミック 全12巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (2) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (3) (ジャンプ・コミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!!


登録情報

  • コミック: 191ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/4/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088736214
  • ISBN-13: 978-4088736211
  • 発売日: 2004/4/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 1.5 x 10.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 237件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
55歳のおばちゃんですが
この斬新なストーリーに
すっかりはまってしまいました。
歯医者の待合室で何気に手に取ったのが
始まりです。
先が気になり止まりません^_^
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
名前を書いただけで人が殺せるノート。本物の死神のノートとのことです。
そのノートで世界を変えようとする少年ライトの物語。
ダークヒーローですねー。はたして世界はどうなっていくのでしょうか。
ライバルもしっかり出てきて、彼を捕まえようとしているので盛り上がりますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今まで読むのを控えていたのが嘘のようなくらい読みやすい。というか、タイトルと内容でグロテスクかもしれないとイメージして触らないようにしていただけかもしれないなぁ。少年ジャンプの作品だけあって、ある程度読みやすくしてあるんでしょうね。あとは、小畑さんの絵がキレイで好きですね。昔、ジャンプを買っていた頃の作品も描いていたと知って驚きました。1巻の印象は、死神よりも犯罪者よりも、デスノートを手にした夜神月が恐ろしかった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tommy-King VINE メンバー 投稿日 2004/4/9
形式: コミック
「ヒカルの碁」が完結した時にはまだ続きを読みたいなと言う寂しさがあったのだが、この作品で全く異質の小畑健ワールドに出会うことができた。「ヒカル」と並べると光と影のような作品とも言えるだろう。
 名前を書くだけでその者を死なせることが出来る死神のノートを手に入れた少年。この設定だけを見ると有り勝ちなネタかなとも思える。だが、極度に知性的な分、感情が失調したようなこの少年像が今までにない独自の世界を生み出している。ライバルとして登場する謎の名探偵Lとの頭脳戦、心理戦は一級のミステリーと言っても良いだろう。
 きっちりと計算された原作の面白さに「ヒカルの碁」で培って来た小畑氏の画力がマッチしてブームの予感がする。要チェックだ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
少年ジャンプコミックスの人気作品は冒険や熱いバトルなど描かれていて面白い事は面白いのですが、
どうも子供向け感が否めなくて手が出し辛かったです。
しかしこの作品はその考えを吹き飛ばすぐらい濃い内容でした。
死をあやつれるノートを軸に進んでいくストーリー
それのまつわる様々な条件を読んでいて、自分の中で疑問が浮かびあがりかけるのですが、
スリリングな話の展開に沿ってキレイ払拭されていきました。
まるで良い小説を読んでいるような心地よい感覚になりました。(字ばかりという意味ではありません)
小畑さんの描写力も無ければ、この作品の意図とするものは半減してしまってたでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 D.IKUSHIMA VINE メンバー 投稿日 2010/6/15
形式: コミック
これは面白い。大ヒット。

「ヒカルの碁」の絵を担当していた作者のマンガだが、
全編通して非常に丁寧で綺麗な絵と、
素晴らしいシナリオで展開されるサスペンスがたまらない。
飽きさせない展開ばかり。破綻もなし。

「名前を書いたら相手が死ぬ」というシンプルなルールが
ここまで深い物語として展開できるとは。
全体的に文字だらけで他のジャンプコミックスの3倍ぐらい時間がかかるけど
読み応えたっぷりで面白い。伏線の張り方もすごすぎる。

黒のジャケットの1巻で始まり、
白のジャケットの12巻で終わるとは見事。

でも、第一部(日本編)で終わっておけば、という世間の感想はたしかにわかる。
説明臭いながらも「なるほど、ほほぉ」と楽しめたのは大半が第一部だ。
第1巻で、引き出しにノート隠蔽の仕掛けを作ってるあたりとか
個人的には最高に燃える。

第2部(海外編)に入ってからは
「君にはどういう意味かわからないだろうけども
 これはちゃんと意図があってのことなんだぜフフフ」
と言われているようで、長いフリを我慢して読んで
あとでネタばらしを読む、という作業の繰り
...続きを読む ›
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 maxhare 投稿日 2004/4/22
形式: コミック
直接手を下さずに人を殺せるノートを手に入れた主人公,ライト。彼はその「デスノート」を使い,世の中を変えようと決意する。善人だけの理想の世界を創るため,救世主「キラ」として悪人を次々と殺してゆくライト。その「連続殺人犯」を捕まえようとする「エル」達。「キラ」と「エル」のしびれるような頭脳戦が幕を開ける。 果たして「正義」とは?「悪」とは?この疑問を,今までにない斬新な切り口で展開してゆく「デスノート」は,自信を持っておすすめできる物語です。  
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー