通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
DEATH NOTE (9) (ジャンプ・コミック... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

DEATH NOTE (9) (ジャンプ・コミックス) ペーパーバック – 2005/12/2

5つ星のうち 3.6 30件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DEATH NOTE (9) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (10) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (8) (ジャンプ・コミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 47pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

A high school kid found the "death book" belonging to the Goddess of Death. To rid the world of criminals, he began to write their names in the book. These criminals mysterious death prompted blanketed investigations. Highly rated comic. In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.


登録情報

  • ペーパーバック: 181ページ
  • 出版社: 集英社 (2005/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408873887X
  • ISBN-13: 978-4088738871
  • 発売日: 2005/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 124,319位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
私は単行本派なので新刊を読む頃にはそれまでの話をすっかり忘れてしまっていたりするのですが(汗)、それでもそれなりに楽しめました。

この作品は展開が早いのでいつもいつも驚かされています。

この9巻でも新たな進展があり、段々人々が”キラは正義だ”と認識し始め世の中が月の望んでいる世界に変化しつつあります。

しかしニアもかなり手強くこれからどう話が進むのか・・・興味が湧きます^^

使い捨てキャラが多くてせっかく愛着が湧いた頃にお別れ、という事が多く読者としては少し寂しい気持ちもありますが、それにより月の残酷さがよく表れているんじゃないかと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
Lのいない『デスノート』は正直ちょっと…という感じでしたけど、9巻にいたってニアがキラをジワジワと追い詰めるいいキャラクターになってきました。

8巻では新章スタートということもあり、話の展開がゴタゴタしててまとまりのないようなものに思えましたが、ここに来てニアが物語にどんどん関わっていくようになり、ライトが全くボロを出せないような面白い状況になってきてます。

メロはいつもチョコばっかかじってばかりですけど、ニアのおもちゃは毎回違っていて、それを見るだけでも結構面白いですよ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
第2部になってから展開が遅いです。

月はまだ動いている方ですが、ニアがあまりに動いていないので。

しかし月もLと対決してた時の経験を踏まえて慎重に行動しているようだし、ニアは「私は怖いので出ません」とか言ってるくらいだからお互い様なんでしょうか。

メロはかなり行動していたので、次長との対決は面白かったです。

顔を合わせた時の緊迫感は見事でした。

真の正義を貫き通した次長の姿に感動しつつ、その息子がキラではないと信じたまま死んだのでなんか切ない。

全体的に、月がL時代と比べて頭悪くなってる。

わざとなのか、偶然なのか…。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
何て言うか、昔読んでいたときのような緊張感が薄れている気がします。

1巻のキラとLの直接対決のあたりなんかは「おぉ、すげー」と関心したものですが、第二部に入ってからは、そういうのは全くないですね。

読むのも怠くなるときがあります。

まぁ絵もライトの徹底して悪な性格も好きなので、これからに期待してます!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
すべての者を支配するのがキラである夜神月(ライト)の考えであるのがよくわかる。妹の粧裕が心神喪失しても、父親が死んでも何の感情のブレもなく、動じもしない。もはや、家族とか恋人とか、そういったものも月にとっては利用価値があるかどうか、ただそれだけ。周囲にいる者たちは、ただ翻弄されて、必要なくなれば捨てられる。残酷、残忍、残虐・・・どの言葉をもってしても月という人物を表現するには足りない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
話がわかりにくくなっている気がする。

1部の時の爽快感,緊迫感というものが失せて,長くなった説明を懸命に追って理解するという感じが・・・。

「1部を読んだから,せっかくだから最後まで」というつもりで読んでしまいました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
月より、月の家族がどんどん不幸になっていってますね。

正直、月とLの攻防戦のほうが、息つまるかんじで面白かった気がします。

また、月が現在二代目Lとキラを二役やっていることによって、

Lがいたときほどの緊迫感がなく、迫力も薄れてきたかなと思います。

週刊連載のほうは読んでいないので、展開がわかりませんが、とりあえず今後に期待しています。

初めはいいテンポで話が進んでいたので、その頃のように魅力あるストーリーに戻ってくれることを祈っています。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽方 投稿日 2005/12/2
形式: ペーパーバック
続刊が出た。
メロニアの役者不足の感は否めないし、あの世界に大人がいないような気がする。
ジャンプの読者年齢層を引き上げているであろう作品にしてはイマイチの展開が続いている。
それが原作者の迷いか、出版社側の事情かはわからない。

そんな中、見事なアホっぷりを発揮する松田君ではあるが、第二部ここに至り、おや、?
第一部ではホントは男気溢れたキャラだったような気がする。
そして今、月も彼は眼中にない、様に作品中では描かれている。
私がこのマンガで注目している人物は他でもない彼だ。

あのルール上ではおそらく彼のみが「ルール」から外れたのではないだろうか?
であれば、今回の展開でコースアウトした人物の間際のセリフもやはり怪しい。
なによりも彼の「あの時」の「あの立ち位置」と「あの行動」

とするならば〔そういう〕展開を待つのも一興。

是非是非、よろしくたのむ。この予想を越える展開。さらに濃密な画面。
新しいルールが出てきてもいい。
もっと、もっと、このノワールマンガを読みたい。頭をヘトヘトにさせてほしい。

あやしい尽くしでやはり次を待つことができる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー