通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
DEATH NOTE (9) (ジャンプ・コミック... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 真ん中本舗
コンディション: 中古品: 良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

DEATH NOTE (9) (ジャンプ・コミックス) ペーパーバック – 2005/12/2

5つ星のうち 3.6 31件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
DEATH NOTE コミック 全12巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DEATH NOTE (9) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (10) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (8) (ジャンプ・コミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

A high school kid found the "death book" belonging to the Goddess of Death. To rid the world of criminals, he began to write their names in the book. These criminals mysterious death prompted blanketed investigations. Highly rated comic. In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.


登録情報

  • ペーパーバック: 181ページ
  • 出版社: 集英社 (2005/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408873887X
  • ISBN-13: 978-4088738871
  • 発売日: 2005/12/2
  • 梱包サイズ: 18 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 355,912位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
今のところ、やっぱり第二部はちょっと物足りないです。

ただ、今後ニアとメロがどうやってライトを追いつめていくのか、

ライトは悪のまま終わるのか、

そしてミサなど彼を取り巻く人物の今後は気になるので、

次の巻で面白さが増すことを期待します。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みちん 投稿日 2017/6/7
形式: Kindle版
夜神次長の見せ場の巻ですかね。
彼は始終一貫して真っ直ぐな人。
ライトもデスノートがないとこれに近い人格っぽかったけど(?)。
ライトは自分の家族のことは好きだよね、新世界創造の上には来ないけど。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/8/6
形式: ペーパーバック
月対メロの戦いを静観していたニアがいよいよ動き出します。

作者としは本作の結末たる月=キラの破滅の担い手にするつもりだったのでしょうが

単行本化にあたり表情が修正されるなど、どういうキャラにするか固め切れてなかった印象。

(Lを継ぐ者だがLを超える者ではない、Lとの共通点を持たせたいがニアなりの個性も出したい)

知性に関しては読者視点、話の都合に合わせた強引さを時折、感じます。

メロ戦の経緯からキラ=二代目Lという推測をしていますが、二代目Lに関しては

最初に無能という認識(錆付いた月だろうが松田だろうが彼からみれば差は無い)

だったのだしキラが捜査本部の内部ないし近い所にいるという点はともかく

両者が同一人物という仮説を思いつくのは、いささか不自然に感じました。

(LはFBI捜査官が殺害された経緯から自分の推理に確信が持てていた)

性格も当初はキラが自分に近づいてくるのなら好都合といいながら

後になると自分は怖いから動かないと言い出し度胸があるのか無いのか…。

また今回、政府が白旗を上げたことでヨツバ編同様に捜査陣の存続
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レン・コン 投稿日 2008/5/25
形式: ペーパーバック
デスノートに関わってしまったライト。初めて彼はその代償を支払う。
ちょっと展開にキレが感じられなくなった。
アメリカ大統領もキラに頭を垂れ、キラシンパが暴動を起こす。
物語を盛り上げるには少し方向性が違うと思う。増して総一郎が「目の取引」をした所で....
今後に期待
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
「正義と悪」「ネット社会」といった根底に流れるテーマ・流麗且つ繊細な作画・そして、練られたストーリー。
どれをとっても、少年誌であるジャンプで連載されていたのが、にわかには信じがたい程の深い内容であり、子供のみならず、アダルティーにも十分受け入れられる漫画となっている。
主人公・夜神月の思想は「怖い・歪んでいる」等と考える人の方が大多数であろうが、どこか共感できてしまう部分もある。
もっとも、「完璧な非現実が大前提となっている現実路線の漫画」であるため、あまり肩に力を入れず、気楽に娯楽作とみるのが良かろう(作者二人もそうしてほしいと語っている)。
個人的には、漫画が一番であり、アニメ・映画は原作を越えられていないと感じるが、皆さんはどうお考えですか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
私は単行本派なので新刊を読む頃にはそれまでの話をすっかり忘れてしまっていたりするのですが(汗)、それでもそれなりに楽しめました。

この作品は展開が早いのでいつもいつも驚かされています。

この9巻でも新たな進展があり、段々人々が”キラは正義だ”と認識し始め世の中が月の望んでいる世界に変化しつつあります。

しかしニアもかなり手強くこれからどう話が進むのか・・・興味が湧きます^^

使い捨てキャラが多くてせっかく愛着が湧いた頃にお別れ、という事が多く読者としては少し寂しい気持ちもありますが、それにより月の残酷さがよく表れているんじゃないかと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
Lのいない『デスノート』は正直ちょっと…という感じでしたけど、9巻にいたってニアがキラをジワジワと追い詰めるいいキャラクターになってきました。

8巻では新章スタートということもあり、話の展開がゴタゴタしててまとまりのないようなものに思えましたが、ここに来てニアが物語にどんどん関わっていくようになり、ライトが全くボロを出せないような面白い状況になってきてます。

メロはいつもチョコばっかかじってばかりですけど、ニアのおもちゃは毎回違っていて、それを見るだけでも結構面白いですよ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー