通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミック... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 日焼けあり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス) コミック – 2004/11/4

5つ星のうち 4.7 56件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (5) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (3) (ジャンプ・コミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 25pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 202ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/11/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088736710
  • ISBN-13: 978-4088736716
  • 発売日: 2004/11/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
予想していた以上に大波乱な展開でした。
この巻では、月は目まぐるしく変わる状況に振り回され、逆にLは、持ち前の推理力と行動力、そして咄嗟の機転を活かして月を追い詰めます。
しかし・・・ここまで追い詰められてなお、あのように振舞えるのか月・・・
どこぞでLが言った通り、月の精神は「キラ」という神の領域に達しているのかもしれませんね。
ここからいったいどのようにして月が逆転を謀るのか?
5巻も大注目です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tommy-King VINE メンバー 投稿日 2004/11/6
形式: コミック
 前回までキラ対Lの心理戦、頭脳戦として十分楽しめた本作だが、そこに第二のキラと言う新しいキャラが加わる事で様相は一変。さらにスリリングな展開となった。
 キラ対Lは知性的で冷静と言う共通点を持ったタイプだけに互いの手の内を読み合う面白さがあったが、第二のキラ、海砂は気分で行動するタイプなので予測が不能。この不可測の要素が加味されるとキラの戦略には様々なほころびが生じてしまう。前の巻ではキラ対Lのテニスのシーンがあったが、この巻の展開をテニスにたとえるなら歪んでどう弾むか予測できないポールでテニスをしているようだ。そんな、ハイレベルの頭脳戦を破綻させる歪みの面白さがこの巻にはあると思う。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「正義と悪」「ネット社会」といった根底に流れるテーマ・流麗且つ繊細な作画・そして、練られたストーリー。
どれをとっても、少年誌であるジャンプで連載されていたのが、にわかには信じがたい程の深い内容であり、子供のみならず、アダルティーにも十分受け入れられる漫画となっている。
主人公・夜神月の思想は「怖い・歪んでいる」等と考える人の方が大多数であろうが、どこか共感できてしまう部分もある。
もっとも、「完璧な非現実が大前提となっている現実路線の漫画」であるため、あまり肩に力を入れず、気楽に娯楽作とみるのが良かろう(作者二人もそうしてほしいと語っている)。
個人的には、漫画が一番であり、アニメ・映画は原作を越えられていないと感じるが、皆さんはどうお考えですか?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/6/25
形式: コミック
月=キラとLの壮絶な心理戦は互角ゆえに互いの手の内がある程度、読めてしまい

将棋の千日手のごとく手詰まりの膠着状態に陥る所で「第二のキラ」ことミサが登場。

SFやオカルトを盛り込んだサスペンスで序盤で対立していた二者に第三者が絡む

というのは割りと王道らしく(篠原千絵著「闇のパープルアイ」「海の闇 月の影」等)

この新勢力は超常的設定に対する知識も深く、それにより物語が新たな局面を迎えるのもお約束。

ここでミサが二巻に登場した南空ナオミのように行動力に聡明さを兼ね備えていれば

月やLを凌いでストーリー展開の主導権を握ってしまうのだろうが、むしろ逆。

Lの本名が分らない月とキラの殺害方法を立証できないL、決め手を欠いていた双方に

知識と能力はあっても知恵は足りないミサ嬢は、諸刃の剣となってしまう。

結局、当初は自分が一番有利と踏んでいた月は彼女の行動に振り回されて

今までに比べると場当たり的な対応に終始して、いよいよLに追い詰められてしまう。

ここで死神達までも巻き込んで乾坤一擲の作戦に打ってでるのだが…。

名人同士の手に汗
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ミサ登場から監禁編冒頭までを収録した単行本第4巻。
表紙にもあしらわれたミサ&レムという重要な新キャラクター2人の登場がこの
巻の目玉。ほぼ全ての収録エピソードがミサ&レムに関するもので、分量的に、
この巻と来年に出る5巻で「ミサ編 前・後」ということになると思われる。
「やや頭の軽いゴスロリ少女」という、この漫画の世界からすると異質なキャラク
ターを、準主役クラスの重要な脇役として登場させ、なおかつメインストーリーで
あるキラ事件に関する状況も、ミサの登場によってかなり核心に迫る段階まで進
展・激変することになる。このインパクトのある新キャラクターと、大きく状況を動
かす新展開のため、2~3巻あたりの「そろそろ事件にオチをつけないと、ダレて
きちゃうよ?」といった感じをかなり解消している。
とにかくミサとレムが前面に出た章で、ほぼこの2人とそれに対応する月を中心と
した話ばかりのため、リュークや月パパ、話によってはLも含めて、他のキャラク
ターの印象は薄め。またこれまでの単行本の中ではじめて月が(具体的な描写と
しては)誰も人を殺さない。
ミサ編が終了した後、現在雑誌連載で進行している、「月 vs Lの対決」という本筋
から大きく外
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー