通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
DEATH NOTE (3) (ジャンプ・コミック... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますので多少のスレ・傷・日焼け・汚れ・年経による傷み等はございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。特典は原則付属していません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

DEATH NOTE (3) (ジャンプ・コミックス) コミック – 2004/9/3

5つ星のうち 4.6 50件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DEATH NOTE (3) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (2) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • DEATH NOTE (4) (ジャンプ・コミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 30pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

見つめる者、見つめられる者。監視カメラを通してのLと月の静かなる戦いが繰り広げられる。その中で、月は自分の身の潔白を証明する策に成功するが、Lの月への疑いはますます増し、Lはある行動に出る!!


登録情報

  • コミック: 191ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/9/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088736524
  • ISBN-13: 978-4088736525
  • 発売日: 2004/9/3
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11.5 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 二転三転するストーリー、巧みな心理戦、アクションそして新キャラ。いままでのデスノートの面白さは保持しつつ、高いレベルでのエンターテイメントを達成している巻です。
 ついにライトが感情を露にし、謀略を仕掛けてきたエルに対して宣戦布告します。『僕はお前を信じ込ませ そして全てを引き出し お前達を 殺す』 悪魔のような顔で微笑むライト。史上最強の悪の化身の誕生。見逃すな!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
キラとLが直接対峙するようになり、今まで以上に限界と思えるぎりぎりの展開の中で、
きちっとストーリーの整合性を維持するセンスには脱帽します。
並の漫画家が同じような事をすれば、かなりの可能性で破綻すると思われます。
連載当初は絵にばかり目がいってましたが、原作の方も相当なレベルですね。
少年誌としては比較的文字数の多い漫画ですがメリハリのある構成で、
常に心地良い緊張感を保っているので、殆どだれる事はありません。
原作、漫画共に週間連載とは思えないクオリティです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヨコタ 投稿日 2004/9/6
形式: コミック
待ってました!!待ちに待ってました!!!
「キラではないか」というわずかな疑いをかけられたライトと、
その疑い(もはや直感?)を確信に変えようと動き出すL…。
二人の接触、そして第二のキラの登場…波乱です。
展開が読めません…!!
キラとLの裏の読み合い、心理戦はもちろんのこと、
この巻では、ライトの父親の存在感がググっとアップします。
・・・父、男前!!
息子を信じる父の姿に、
「この漫画、サスペンスでありつつもすごく切ない物語なんじゃ…」
と思ったのは、私だけでは…ない…はず。
作画もすばらしいです。美しいです。
気持ちの上では星10個!!!
面白い漫画を探しているなら、ぜひデスノートをオススメします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 青写真 投稿日 2004/9/2
形式: コミック
待望の3巻です。主人公がいよいよ宿命の敵Lと互いにキラとLであるという疑心を持ちながら接触します。ここからの展開がまたすごくて、1巻と2巻の助走を終えていよいよ3巻から完全な離陸という感じです。内容を言ってしまうと面白くないので秘密ですが、デスノートは最近の漫画の中でもその独特の雰囲気とサスペンス要素もあって大人気です。原作はもうすぐ40話にさしかかる頃ですが、まだまだ続くのかそれともいよいよ終盤なのかまったく予想できない2転3転の展開が物語を面白くさせています。Lと月の心の中のやり取りが激しくなるのも3巻からです。互いに相手が黒であると感じつつ、また一方はおそらく黒だと確信し、それでも表向きの友情を見せるという展開がいいですね。普通の漫画よりも文字が多くて内容もちょっと難しい所があるかもしれないので、ぜひ単行本を買って何回も読んで欲しい作品です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tommy-King VINE メンバー 投稿日 2004/9/5
形式: コミック
 前巻までも魅了されっぱなしだったのだが、この内容ではあまり長篇にはならないだろうと予測していた。この三巻あたりで完結かもと見ていたのだが、その予想は良い意味で裏切られた。キラとLとの緊迫感に満ちた頭脳戦。そして、この巻、後半での予想外の展開。大場つぐみの原作が煌めいている。
 だが、それも小畑健の画力によってより一層輝いているのだと思う。死神リュークのとぼけた風貌。Lの闇のような黒い瞳。これらのキャラを見事に描き切る小畑氏の筆によりこの作品は上質なミステリーとして花開いている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
デスノートを操り犯罪者を次々と葬っていく”キラ”こと天才少年ライト,そして警察と協力してキラの正体を暴かんとする天才探偵(だったか?)”L”。第3巻でついに2人は・・・何事もに理論的に考え行動する天才ライトと,同じ天才でも時に大胆で奇想天外な策に出るLの駆け引きが実に面白いです。やや話の展開が速すぎる感もありますが,週刊誌という媒体の都合上(1話毎に盛り上がりを作る必要がある)やむを得ない部分もあるでしょう。それにしても小畑健氏のイラストは実に見事。絵とストーリーが高い次元で融合して,はじめて本当の面白い漫画ができるということを,この作品は実証しています。少年ジャンプで大人が楽しめる数少ない作品の一つですね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
少年雑誌では今までなかったような斬新なストーリー展開です。
括りで言えばサスペンスものということになりますが、追う側と追われ
る側の駆け引きというか、トラップの掛け合いのようなものに本作品の
醍醐味があると感じます。
とにかく先が見たい!と思わせる引きの強さで、新刊が出るのを心まち
にしています。連載で読まれるより単行本でドサッと読んだほうがより
楽しめるかもしれませんね。
作画もキレイですし、女性にも是非オススメできる作品です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー