¥ 2,808
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
DCCで楽しむ鉄道模型 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

DCCで楽しむ鉄道模型 単行本 – 2009/7

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 2,381

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DCCで楽しむ鉄道模型
  • +
  • DCCで楽しむ鉄道模型−サウンド・応用編−
  • +
  • DCCマニュアル 2009
総額: ¥7,992
ポイントの合計: 213pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

同一線路上で複数の車両を個別に制御したり警笛やエンジン音を発生させるなどこれまでになかった楽しみを実現するのがDCCです。本書は、DCC未経験者へのガイドとして、できるだけ基礎の視点からDCCを紹介したものです。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松本/典久
1955年、東京都に生まれる。東海大学卒業。出版社勤務を経て、1982年からフリーランスのライターに。主に鉄道や旅をテーマとして執筆活動。また、鉄道模型に関する書籍の執筆・制作にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 217ページ
  • 出版社: オーム社 (2009/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4274067610
  • ISBN-13: 978-4274067617
  • 発売日: 2009/07
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 356,569位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 自分の鉄道模型をDCC化しようかなと考える人はそれなりに鉄道模型歴のある人であろう。よって、鉄道模型の魅力とは、とか、ゲージとは、などはいまさら必要無い場合がほとんど。知りたい情報はDCC化の方法論である。
 本書の内容はDCCの電気的知識に始まり、車両への回路設置方法、コントロールの方法など、DCCの技術論に特化しており、無駄が無い。さすがは電気のオーム社である。

 さて、自分もそうであるが、モデラーがDCC化になかなか踏み込めないのは、自分のコレクションが特に車両において各社製品が混在していることではないだろうか。
 純正オプション設定されているKATO製ならいいが、TOMIXは?MICRO ACEは?はたまたGMキットは?これら他社製品をDCC化できなきゃ一緒に走らせられないではないか、ということ。
 その点、本書はこれらの他社製品に対するDCC化もしっかりフォロー。他社製品の動力車、ライト類を備える先頭車などのDCC化もしっかり解説。
 今のNゲージ界ではもはや無視できない鉄道コレクションシリーズにもDCCを設置。本書を応用すれば大抵何でもDCC化が可能と思える。

 次に線路であるが、やはりKATOユニトラックなら心配無いだろうが、歴史が長くてユーザーの多いTOMIXファイントラック系の場
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bsk 投稿日 2009/9/9
形式: 単行本
なぜ今までこのような本がなかったのだろうか?

DCC初の"わかりやすい"専門書。
文字だけでなく、写真中心での解説が素晴らしい。

DCCの入門機であるD101について余す事なく解説。

NからHOまで主要メーカーの製品にデコーダー搭載方法を解説。
汎用デコーダーなど、非常に興味深く、ある意味、これぞフレンドリーデコーダー。

KATOの解説書を見てもわかりにくかったポイントへのデコーダー搭載方法も完璧に解説。
ポイント用のコネクター、フィーダーを繋いでおけば、フロアー運転でも簡単にポイントをDCC化。
実践してみたが、気分でレイアウトを変えたくなるフロアー運転にもってこいの方法であった。

極めつけはサウンド。
今まで存在は知っていたが、手を出せなかった世界がわかりやすく、解説。
手を出すと病みつきに・・・。

100点を超え、200点の出来の本書。
有名ライターと工学系では有名なオーム社のコラボ。
安心して読める一冊でした。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
HOゲージにて考えたいましたが今はNゲージに移り現在は本棚のゴミ状態です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西村陽介 投稿日 2013/6/18
形式: 単行本 Amazonで購入
DCCで走らせるのは楽しそうだけれども、
実際に加工するのは見れば見るほど大変そうで
かなりの労力を要するものとわかりました。
そこまでの時間を作ることはできませんが、鉄道模型ファンとしては
どういうことができるのかよくわかり勉強になりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
機芸出版社の「DCCマニュアル2009」とともに購入
KATOからDCC機器が発売になり相当期間が経過したのもかかわらず、同社からはデコーダマニュアル(それも悪訳文)程度のみ
DCCを本気で普及させたいのなら、本来KATOから発売されて然るべきの本であろう。

冒頭はDCCを実際に楽しまれている方々の紹介、次にDCCならではの運転方法と、
順を追って読者をDCCに案内しており、初心者にも読みやすい本だと思う。
車両のみならずアクセサリデコーダ、サウンドデコーダについても踏み込んだ解説がされている。
DCCや電気、電子の知識が無くても読み進むうちにDCCをやりたくなるはずです。

これからDCCをはじめようと思われる方には大いに参考になる本。
DCCマニュアル2009も一緒に購入されてはいかがでしょうか。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告