通常配送無料 詳細
通常8~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること 単行本 – 2014/9/19

5つ星のうち 4.3 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,317

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること
  • +
  • 音圧アップのためのDTMミキシング入門講座! (DVD-ROM付)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 95pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

プロの技を盗んで、DAWのスキルを上げよう!

作曲ツールとして、今やなくてはならないDAW。クリエイターが完パケ納品することも珍しくない現在では、このDAWのスキルが作品のクオリティを左右すると言っても過言ではありません。そこで本書では、第一線で活躍中の現役プロの面々がどのようにDAWを使っているのかをご紹介していきます。浅田祐介、Ken Arai、井筒昭雄、鈴木Daichi秀行、田中隼人の各氏が、実際の楽曲を例に解説を行なう他、DAWとの賢い付き合い方を松本靖雄、Watusi、浅田祐介、kzの各氏が、曲作りのキモを島野聡、多胡邦夫の両氏が披露。さらに仮歌のディレクションや仮歌詞のコツを伊藤涼氏が伝授、超実践的なDAWを使った曲作りのノウハウが満載の1冊です。
★このページの下にて、本書に掲載した記事のダイジェストを映像でご紹介しています(本書には映像や音声は付属しておりませんのでご注意ください)。

【CONTENTS】
■CHAPTER1 秘伝! 島野流作曲法〜曲をまとめるためのルール(島野 聡)

■CHAPTER2 プロ直伝! DAWの使い方
◎FILE01 浅田祐介(「CLOSET」小南千明)
◎FILE02 鈴木Daichi秀行(「チョコレート」家入レオ)
◎FILE03 Ken Arai(「Marble」Ken Arai)
◎FILE04 井筒昭雄(「BOKUTACHI NATIVE ALIEN」Fab Cushion)
◎FILE05 田中隼人(「My VOICE」ファンキー加藤)
◎POST SCRIPT

■CHAPTER3 DAWに使われないための制作の心得
◎DAW 時代に求められる“音の良さ"(松本靖雄)
◎DAW に負けない制作スタイルを求めて(Watusi)

■CHAPTER4 秘伝! 多胡流・売れる旋律の絞り出し方〜DAWに頼らない曲作り(多胡邦夫)
◎証言 スタジオ・ポルコでの作業風景(米田浩徳)

■作曲家の心得(山口哲一)

■DIALOGUE
1 メールでの仮歌ディレクション三か条(伊藤 涼+山口哲一)
2 DAWがサポートする引きこもりの音楽制作(浅田祐介+kz)
3 クリエイターのための仮歌詞必勝法・5つの鉄則(伊藤 涼+山口哲一)

出版社からのコメント

DAWの使い方って、あんまり人に聞いたりしないから、本当に人それぞれ。立ち上げる時のテンプレからして、まちまちなんですよね。

本書CHAPTER2では、5人のクリエイターさんたちにテンプレでの立ち上げから仕上げまで、実際の楽曲ファイルを素材にして順を追ってお話を伺っているので、取材していて本当に面白かったです。どんな音源を使っているのか、どんなエフェクトを使っているのか、マスターには何を刺しているのかも含め、ぜひ参考にしてください。

ただ人それぞれとは言いつつ、皆さん結構ループを多用してたり、キックやベースは音源をスタック(レイヤー)してたり、サイドチェーンばしばしだったり、共通しているテクニックもあったりします。時代を反映したこういうテクニックも覗けて、本を作っていてとても勉強になりました! (編集担当/ダウ夫)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: リットーミュージック; A5版 (2014/9/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845624982
  • ISBN-13: 978-4845624980
  • 発売日: 2014/9/19
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,098位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
まず、この本は特定の音源やDAWの使用法・テクニックばかりにスポットを当てた類の専門実技書ではありません。

本の「曲を作る時にプロが実際に行っていること」というタイトルどおりに、第一線で活躍する様々なクリエイターらが曲を制作する際にどういった手法や流れで制作を進めていってるのかを紹介している読本です。

チャプター1では、島野聡氏が音楽を制作する際に行っている全体の流れとルールをイメージ図とテキスト文で紹介。
後半では著者との対談形式で、仮歌のディレクションについて語り合っている内容です。

チャプター2では、5名の著名クリエイターらがそれぞれ制作に携わった楽曲のうち1曲を参考に挙げ、DAW上でどのような構成や技術を駆使しているのかなどの流れを紹介しています。スタジオ風景写真などはありません。挿入画像は各々のDAW画面や音源・エフェクトのカットのみです。
このチャプターにおいてはそれぞれのDAWでの実践的なテクニックや音色作成、ミキシングのテクニックなどにも少しばかり触れてありますが、あくまでそのクリエイターが参考に挙げている楽曲においてどういった構成や技術を用いているのかを解説しているだけです。もちろんクリエイターごとに使用音源もDAWも機材も十人十色ですので、文中にはフリーソフトから市販ソフト、果
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本のタイトルどおりの内容かと思いますが、欲しかった情報はありませんでした。

またやはりこういう形の書籍になるとポイントポイントを掻い摘むような方になりますのでライブラリー的な用法は取れないのもネックかとおもいます。

あくまで主観は心のバイブルのような面のほうが強く感じますので、一度読んだら・・・となってしまうのが残念です。

Mix加工の強い楽曲などがあるかなぁとおもいましたが、お目当てのものはありませんでした・・・。

また、全体的にエレクトロ系の音楽でうめつくされており、ロックシーンなどのトラックワークが知りたかった私には余りあっていませんでした・・・。

Mixやトラックワークの強いロック他、生音との絡み方などが知りたい場合には不向きかと思われます。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
右も左もわからないDTM初心者です。
行き詰まりというか、何をどうしたら良いのかわからない状態に陥り、悩んでいました。
5人分も例があれば1つくらい参考にできる情報もあるだろうと思い購入したのですが、
はっきり言って大当たりでした。

具体的なツール名もバンバン紹介されているし、どういう機能を使っているかも説明されています。
ものすごく丁寧です。たぶん。
でもそんなソフト、初心者の手元にはありません、しかし問題ありません。

紹介されているのは作業の流れであり、アイデアであり、考え方です。
手法は挑戦的で、新鮮で、楽しそう!真似したい!と思わせてくれます。

少なくとも、プロの技術を見て、何か得るものがあれば良いなぁ、
という漠然とした欲求には充分に応えてくれる一冊でした。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
複数の曲をある程度分析するより、1曲を徹底的に分析するほうが力になるのは周知の事実だとは思いますが、そういった点で本著は「複数の曲をある程度分析する」タイプです。正直分析という程でもない程度ですが。本を書かれた方が自分でも「DAWのことは詳しくない」と言っている点から分かるようにリズムの組み方、楽器の重ね方、トラック組に関してほとんど素人と言ってもいいような著者が主導権を握って文を書かれているため、もっと具体的な部分を知りたい方は既存曲を耳コピすることをおすすめします。この値段で「プロの技を値段を全部教えてくれ」とはいえませんが、こういうフレーズを乗せます、というだけでは無くそのフレーズを載せる「アレンジの理由」くらいは根本的な技術として使えますし、書いてくれても良かったんじゃないかなと思っております。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
現代のポピュラー・ミュージックのメジャーシーンで第一線で活躍しているプロがDAWにおいて実際に行っている作業が、作業過程順にかなり踏み込んだ内容で記載してあり、とても興味深く読めた。サンレコなどで書いてある視点とは少し違う視点で、どういう意図でその作業を行っているか、またどういったポリシーを持って素材を選択しているか。などが分かり易く書いてある。またプラグインの具体的な名前が記載しているところも参考になる。
内容も歌詞、仮歌、レコーディングの歴史、コンペを出す際のポイント、作曲家としての心構えなど、作曲家というで仕事においてここまで多岐に渡る内容の書籍は他にないのでは?
プロの作曲家を目指す人がそこの所どうなってるの?という疑問に対してかなりヒントになる事が書いてあると思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック