通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

D.Grayーman 10 (ジャンプコミックス) コミックス – 2007/2/2

5つ星のうち 2.8 42件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • D.Grayーman 10 (ジャンプコミックス)
  • +
  • D.Gray‐man (9) (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • D.Grayーman 11 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

登録情報

  • コミック: 197ページ
  • 出版社: 集英社 (2007/2/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088743180
  • ISBN-13: 978-4088743189
  • 発売日: 2007/2/2
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この巻は神田とスキンの戦いがメインです。

戦いの場面が以前と比べると見易くなっていてよかったです。

久々に登場した神田が大暴れするので、神田のファンの方は嬉しいのでは?

『裏切りノア』、『方舟の奏者』、この巻で千年伯爵がスキンに言っていた『この世界の正体』など、気になる謎がたくさんあるので、個人的にはまだまだ連載を続けていって欲しいです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
漫画というより「イラスト」のような独特のカットで新しい表現を確立しているというか、本当に画力レベルは最高峰ですね。白黒なのにどこまでもキレイでこれ一つで芸術作品のようです。絵の個性や表現力はすごいと思います。これは星野先生にしか描けない。ですが、中身はどうしても星野先生が「一番初めに描きたかった話」とは違ってる気がします。バトルシーンは男子に人気ありそうですが、でもこれは「敵のアクマを倒すバトル漫画」ではなかったですよね?アクマのレベルが2以上になるとただの「機械化」してしまってて、当初のテーマが崩れてます。ミランダも極端に性格が「優しい、善い」ものになってますね?もはや別人です。 相手が「アクマ」から直接的に「伯爵」に切り替わったことでアクマの救済を最後までテーマとして保てなかったのが残念。(最後に来るのかもわかりませんが) 賛否両論ありますが、キャラがカッコイイというだけの肯定意見も説得力がないですが、絵柄の変化に不満を上げるのもちょっとズレてる気がします。絵柄の違いはあれど変わらずクオリティが高く保たれているので別にいいんじゃないでしょうか?絵柄はそれほど気になりませんし作品の評価を分岐させるほど気にする対象でもないと思います。「絵が変わりすぎてついていけない」「絵がキレイだからいい漫画」等、肯定意見も否定意見も両方、絵にこだわりすぎることこそ、作品の中身ではなく「絵」しか見...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ピカソ3D 投稿日 2009/1/12
形式: コミック
正味 8巻ぐらいまでは面白かったそこからグダグダでつまりません もう一つ気に入らない
のがクロス師匠のことですエクソシストはアクマの命を救うのが仕事なのに改造して
自爆させるようにする ひどすぎますエクソシストの師でありながら命をもてあそぶ
救済する気なんて0です それと日本にあれだけ悪魔がいたら日本に生きてる人なんて
いません絵も下手で ここまで落ちると冷めてしまいます 個人的にノアの箱舟篇もつまらなかったですね
部屋を進むごとに敵がいてそいうつらを一対一で倒して行くなんて何年前の発想でしょう
ノアの能力にしたって新しいものはないし リナリーも完全に足手まといですよね
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本誌で見たときより見やすくなった気がします。星野先生が手なおしされたのでしょうか?

今回はずーっと出番のなかった(失礼)神田が参戦していますね。

彼はマテール依頼ずっとその実力をあまり見せていなかったので今回は久々に大暴れといった感じでしょうか?

私としての見所はティキが何を考えているか。そしてそれを見透かしているようなロードも。ノアの一族にスポットライトが当てられだしてから彼らの存在もだんだんと気になりますね。

あとはおまけの質問に答えるコーナーでしょうか(笑)こ・・今回はある質問の答えに爆笑させていただきました。

リナリーの両足が動けるようになれば戦力にもなるのでしょうが、後の展開に関係してくるのでしょうかね?

普通に面白かったので星は三つで。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
表紙すごく綺麗でした。1人だけよりもたくさん描かれてる方が好きなので、前巻からの変更は嬉しいです。絵は最初の頃とはずいぶんかわったけど、これはこれで良いなあと。今巻ではやっとアレンが合流。そしてノアの事が少しだけ明かされたり、神田の安否や元帥の所から飛び立ったモノの正体など、気になるところ満載で今後の展開が楽しみです。毎回、よく週間連載で背景とかこんなに綺麗に描き込めるなあとただただ感心します。ところで時々、「アクマの扱いがひどくなった」という意見がありますけど、アクマの魂が見えるアレン以外のエクソシスト達って最初からアクマは倒すべき敵って考えで戦ってるのでは?アレン不在の戦場ではアクマがただの敵って扱いがむしろ自然な気がします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー