• 参考価格: ¥14,744
  • OFF: ¥2,418 (16%)
+ ¥257 配送料
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、thebookcommunity が販売、発送します。
+ ¥257 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 thebookcommunity
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品・非常に良いコンディション。優れた顧客サービス。急速輸送と良い梱包。海外より発送。土日祝日を除き7〜15営業日で配送可能。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

Cultural Responses to Occupation in Japan: The Performing Body During and After the Cold War (War, Culture and Society) (英語) ハードカバー – 2016/1/14


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
ハードカバー
¥12,326
¥11,213 ¥7,334
お届け日: 7月20日 - 25日 詳細を見る
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

レビュー

"Introducing discourses of colonization and semi-colonialization to his interpretation, Adam Broinowski provides a way to understand Ankoku Butoh as a reaction to the condition of occupation, conceived broadly as a condition suffered by those who are the targets of concerted state violence, spanning from concentration camps, civilian bombing, and the atomic bombs, to the war on terror, and mass surveillance of the contemporary moment. Himself a performer, Broinowski's interpretive paradigms are especially valuable not only in suggesting sources of Butoh's global relevance but also in attending convincingly to the specificities of performative experience and their significance. It is one of the few historical treatments which appears adequate to the profundity and idiosyncrasy of Butoh performance itself." --Justin Jesty, University of Washington, USA

"Adam Broinowski's insightful book examines the evolution of the performing body in Japan's nontraditional performing arts ... Broinowski's knowledge of Japanese cinema is also impressive and this book could serve as a thoroughly researched resource for the study of Japanese films of the early Cold War. The author reveals a deep understanding of butoh's evolution from the nearly "dadaesque" experiments of its origins to the strictly choreographed, though still emotionally raw, works of Gekidan Kaitaisha and beyond." - TDR: The Drama Review

著者について

Adam Broinowski is Post Doctoral Research Fellow in the School of Culture, History and Language in the College of Asia and the Pacific at the Australian National University.

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません