中古品:
¥32,800
無料配送: 12月11日 土曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日12月 8日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
コンディション: 中古商品: 非常に良い

Corsair AX1200i 80PLUS PLATINUM 1200W PC 電源ユニット PS542 CP-9020008-JP

5つ星のうち4.6 6個の評価

残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.
サイズ: 1200W
ブランド CORSAIR
ワット数 1200 W
商品寸法 (長さx幅x高さ) 20 x 15 x 8.6 cm
商品の重量 4 キログラム

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • PS542 日本正規代理店品 保証期間7年
  • 80PLUS PLATINUM認証取得 1200Wハイエンド電源ユニット
  • 圧倒的な変換効率を誇るデジタルシグナルプロセッサ搭載
  • OCP制御とシステム構成に合わせた出力系統数の切り替えに対応
  • システム統合管理ツールCorsair Link対応
  • セルフテストボタンによる自己診断機能搭載
  • 高品質日本メーカー製105℃電解コンデンサ採用
表示件数を増やす
【電源ユニット買い方ガイド】: 「自分の作りたいPCに合わせた電源が分からない」「突然再起動したりフリーズしてしまうから、買い替えたい」方へ 詳しく見る

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

サイズ:1200W

詳細情報

登録情報

商品の説明

サイズ:1200W

商品紹介

AX1200iは、ATX12V Ver.2.31準拠、80PLUS PLATINUM認証を取得した電源ユニットです。容量1200W、100.4Aの高出力を発揮します。デジタルシグナルプロセッサ、リップルノイズ抑制回路によりトップレベルの変換効率と優れた低ノイズ性能を実現します。システム統合管理ツールCorsair Link対応、ソフトウェアからのモニタリングや出力制御が可能です。日本メーカー製105℃電解コンデンサ、過酷な環境下にも耐えるサーバグレードの品質設計と各種保護回路を採用、圧倒的な高出力と安全性を確保したハイエンド電源ユニットです

Amazonより

80PLUS Platinum認証取得、DSP採用1200Wデジタル、フルモジュラー電源(Haswell対応)

   AX1200iは、ATX12V Ver.2.31準拠、80PLUS PLATINUM認証を取得したデジタル電源ユニット。容量1200W、100.4Aの高出力を発揮。
   デジタルシグナルプロセッサー、リップルノイズ抑制回路によりトップレベルの変換効率と優れた静音性能を実現。システム統合管理ツールCorsair Link対応、
   ソフトウェアからのモニタリングや出力制御が可能。
   日本メーカー製105℃電解コンデンサ採用で、過酷な環境下にも耐えるサーバグレードと各種保護回路を採用したハイエンド電源ユニット。



■ DSP(デジタルシグナルプロセッサ)搭載
   DSP(デジタルシグナルプロセッサ)を搭載。動的に変動するAC入力、トランスやコンバータ、出力電圧をリアルタイムに監視。
   従来のPWMコントローラICやスーパーバイザICでは実現できなかった、リップルノイズやスイッチング損失を効果的に抑制し、優れた変換効率と無駄のない高出力を実現。

■ システム統合管理ツールCorsair Link対応
   Corsair Link Kits(別売)との連動はもちろん、付属のUSBドングルを使用することで、専用ソフトから、入出力、効率、ファンの回転速度、内部の温度をモニタリングが可能。
   過電流保護(OCP)制御と出力系統数の切り替えに対応。OCP制御により、より多くの電流をPCI-E電源コネクタに流すことが可能。
   また出力を1系統と多系統を仮想的に切り替え、システム構成に合わせた環境を構築できる。

■ セルフテストボタンによる自己診断機能搭載
   セルフテストボタンによる自己診断機能を搭載。電源ユニットに問題がある場合はレッドのLEDが点灯し異常を通知する。

■ フルモジュラー式を採用
   ケーブルは全て取り外し可能なフルモジュラー式を採用。システム構成に応じた電源ケーブルのみ選択が可能。





■ 自動回転数制御対応の140mmダブルボールベアリングファン
   静音性と耐久性に優れた、140mmダブルボールベアリングファンを搭載。また静音と冷却を実現するために自動回転数制御搭載で、低負荷の場合はFanlessモードで動作する。

■ 高出力、静音性を支える高品質なパーツ
   各電源容量の出力をサポートする大容量ツイントランスを採用。また固体コンデンサ採用DC-DCコンバータ、日本メーカー製105℃電解コンデンサを一次側に採用など、
   高品質なパーツにより安定、静音を実現。



■ スペック
   出力:1200W
   搭載ファン:自動回転数制御対応140mmファン
   保護回路:過電圧保護(OVP)、低電圧保護(UVP)、過電流保護(OCP)、ショート回路保護(SCP)、過負荷保護(OPP)
   製品サイズ:150(幅) × 200(奥行) × 86(高)mm
   重量:約2.4kg
   MTBF:100,000時間
   80PLUS:Platinum
   保証:7年間

■ プラグインコネクタ数
   メイン20+4ピン電源コネクタ:1
   4+4ピン12V電源コネクタ:2
   6+2ピンPCI-E電源コネクタ:6
   SATA電源コネクタ:16
   ペリフェラル電源コネクタ:12
   FDD電源コネクタ:2

類似商品と比較する


Corsair AX1200i 80PLUS PLATINUM 1200W PC 電源ユニット PS542 CP-9020008-JP
Corsair HX1200 1200W PC電源ユニット [80PLUS PLATINUM] PS677 CP-9020140-JP
CoolerMaster V1200 Platinum 1200W PC電源ユニット 80PLUS PLATINUM 7年保証 PS443 RSC00-AFBAG1-JP
【HCG1000 EXTREME】80PLUS GOLD認証取得 高効率ハイエンド電源ユニット
Corsair RM1000x 80PLUS GOLD認証取得 1000W静音電源ユニット PS596 CP-9020094-JP
ASUS ROG Thor 1200W プラチナ 電源ユニット ROG-THOR-1200P
カスタマー評価 5つ星のうち4.6 (6) 5つ星のうち4.4 (34) 5つ星のうち4.5 (182) 5つ星のうち4.5 (17) 5つ星のうち4.5 (1075) 5つ星のうち4.5 (43)
価格 ¥32,800 ¥29,000 ¥23,500 ¥20,591 ¥18,530 ¥45,955
販売者 【当店記載説明文•画像をご確認下さい】クインズパーク TREE FORCE Rich up Amazon.co.jp ミリク組 本店 Amazon.co.jp
パッケージ寸法 40.1 x 22.8 x 15.6cm 43 x 23.7 x 15.2cm 38.4 x 25.4 x 14.2cm 34 x 20 x 14cm 41.8 x 22.6 x 14.8cm 38.4 x 24.8 x 13.2cm
パッケージの重さ 4.73kg 4.57kg 4.40kg 3.42kg 4.20kg 4.90kg
消費電力(ワット数) 1200ワット 1200ワット 1200ワット 情報が提供されていません 1000ワット 1200ワット

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
6 件のグローバル評価
星5つ
81%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
19%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

すべてのレビューを日本語に翻訳
2013年4月16日に日本でレビュー済み
サイズ: 1200WAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 ワットチェッカー要らずのハイエンド電源
ユーザー名: すずく、日付: 2013年4月16日
GTX680 4GBを2-way SLIにしたのを機に以前のCorsair 850AXから交換です。
850Wでも問題はなかったのですが、1200Wプラチナの安心感とCorsair Linkを試してみたかったので購入しました。
構成は以下のようになります。

CPU: Core i7 3770K@4.3Ghz
VGA: ELSA GTX 680 4GB 2-way SLI
M/B: ASUS P8Z68-V PRO/GEN3
RAM: Patriot PC312800 4GBx4
HDD: HGST 2TBx1 1TBx3
SSD: Crucial m4 128GB
Windows 7 Pro 64bit
その他にBDドライブ1台、12cm 1500rpm ケースファンx5、ファンコンなど。

まずこのクラスの電源だと当たり前かもしれませんが、かなり大き目の箱に梱包されており、高級感のある布袋に電源本体が収納されています。
他にマニュアル、保証書、電源ケーブルを含むケーブル類、Corsair Link USBドングルとそれを固定するための両面テープ、結束バンド、ステッカー、電源固定用ネジが同梱されております。
マニュアルは英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語のみで、日本語はありません。

ケーブルはかなりの種類・本数が入っていますのでハイエンド構成でも不足することはまずないと思います。
個人的な印象として850AXの同梱ケーブルと比べて幾分軟らかくなったように感じます。
長さも850AX同梱のケーブルと比べて全般的に長くなっており、取り回しも非常に楽でした。

本製品の目玉であるCorsair Linkの利用方法ですが
まず同梱されているUSBドングルをマザーボード上のUSBピンヘッダに接続、
更に同梱されている専用ケーブルでUSBドングルを電源の「COMM PORT」と印字されているコネクタに接続します。
USBドングルと電源を接続する専用ケーブルは他のケーブル類と一緒に入っているため、最初なかなか見つからずに困惑しました。
接続が済みましたら、USBドングルを付属の両面テープ(結束バンドの袋に入っています)でケース内に固定します。
これでCorsair Linkの準備は完了です。

なお、本製品には自己診断機能が搭載されており、モジュラーケーブル接続面脇のボタンを押すことで正常だとランプが緑、異常があると赤に光ります。
当然ながら私が試したところ緑に点灯しました。
利便性を考えると自己診断ボタンは反対側に設置してほしかったところです。
ケースを開けないと自己診断ボタンを押せません。
ちなみにUSBドングルにもランプが搭載されており、起動時は定期的に緑・赤と点灯しますが、
これはあくまで電源と同期していることを意味しており、電源に異常があることを示すものではありません。

無事に起動しましたら統合管理ソフト兼ドライバである「Corsair Link」をCorsair公式サイトからダウンロードします。
このソフトは必ずCorsair公式サイトからDLしてください。
リンクス代理店のサイトに掲載されている「Corsair Link」はバージョンが古いため、私の環境では正常に動作しませんでした。
ちなみに私の場合は「Corsair Link」をインストールしても何故かデバイスマネージャーでUSBドングルに「!」マークが付いていましたが
ドライバの自動検索を実行したところ正常にインストールされました。

あとはインストールされたCorsair Linkを起動すれば変換効率、温度、ファン回転数、入出力ワットなどのモニタリングや電流系統の割り振りなどが可能になります。
系統の割り振りは試しておりませんが、モニタリングに関しては今こうしてレビューを書いている状態で入力が128W、出力が126W、電源本体の温度28℃、効率は95%程度です。
多少の誤差はあるにしろ、この非常に高い効率はプラチナ電源ならではでしょう。
入力と出力の差がほとんどないことから見ても、非常に高い変換効率を示していることがわかります。
更に負荷・温度共に低いため、電源本体のファンは完全に停止しております。
もちろん高負荷時、本体温度が上昇した場合はきちんと回転します。
Corsair Link 2は現時点のバージョンでは使いにくい部分もありますが、効率・温度・入出力の監視などの最低限のことは簡単に出来ますのでとても便利です。
この電源があれば最早ワットチェッカーは必要ないかもしれません。

なおCorsair Link 2はモニタリングや系統の割り振りだけではなく、カスタマイズ性もあり
各パーツの温度やファン回転数を監視及びグラフ化するかどうかなど、細かい設定も可能です。
また、起動した直後に現れる画面はPCケースの内部を模しており、各パーツのアイコンをドラッグすることで
仮想的に自分のケースの中を見ているような状態にカスタマイズ出来ます。
ケースの画像も選べますのでCorsair製ケースを使用している方ならとても満足出来るギミックです。
この辺りはさすがCorsairの遊び心と言った感じでしょうか。
別売りのCorsair Link Kitを利用することにより本製品だけではなくCrosair Linkに対応したCorsair製のCPUクーラー、DOMINATORメモリ、更にはサードパーティ製のファンを総合的に管理することも可能です。

最後に、唯一の大きな問題点として時折コイル鳴きと思われる高周波ノイズが発生します。
個体によるものなのかはわかりませんが、海外のCorsair Forumなどを見ますと、AX860、AX860iなど下位モデルも多くのコイル鳴きが報告されています。
絶対にこの電源が鳴るというわけではないようですが、コイル鳴きが気になる方は購入に際してご注意ください。
私の場合は常時鳴っているわけでもなく、発生したとしても短時間で鳴きやみますので、特に気にしておりません。
また、このコイル鳴きは製品自体の安定性や信頼性を下げるものでもありません。

以上、電源本体の安定性や変換効率の高さも確かなことながら、新機能であるCorsair Linkも納得のいく出来だと思います。
自己診断ボタンがモジュラーケーブル接続面にあること、新機能が多い製品なのにマニュアルに日本語がない点、
そして何よりコイル鳴きの報告が非常に多く、現に私の個体にも発生していることは非常に残念です。
しかしながら、それら不満点を考慮しても、電源自体の安定性・信頼性、プラチナ認証、そしてCorsair Linkなどの新機能を加味すると
私としてはとても満足できる製品でした。

※2014/8/6追記
導入から1年以上経過しましたが未だに快調で不具合は上記に書いたコイル鳴き以外全くありません。
あれからマザーボード、CPU、VGAなど以前にも増して消費電力が高いパーツに替えましたが
依然として安定して稼働しております。
先日新最上位モデルのAX1500iが発売されましたが現時点では4-way SLIなどをしない限り必要ないワット数ですので
個人的にはやはりAX1200iが価格的にもワット数的にも無難であると思います。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2014年4月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2014年9月12日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年12月28日に日本でレビュー済み
サイズ: 1200WAmazonで購入