この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Corporate America Import

5つ星のうち 3.6 53件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 24,799より 中古品の出品:8¥ 2,380より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ボストン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Columbia
  • ASIN: B00006ZY5Q
  • JAN: 5099750988022
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 53件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 52,320位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 滓珠 投稿日 2016/9/19
形式: CD Amazonで購入
メンバーの変更、新規加入を経て、新しさを取り入れたアルバム、と思いきや1曲目にものすごい曲が入ってます。これまでのアルバム4枚の総まとめのような曲です。ポップでありながらハードロックの重さも少し取り入れ、メロディーは柔らかく覚えやすいのに聴き終わったときにしつこさを感じない曲だと思います。ポップスやロックの宿命とも言える押しつけがましさやしつこさが上手く取り除かれていて、聴くたびに耳に馴染むような感覚があります。曲名からは幕引きの雰囲気が読み取れます(実際は次のアルバムも出ていて、幕引きにはならなかったのですが)。2曲目以降は1曲1曲個性がでていて目新しさを感じます。表題曲もかなり聴きごたえのある曲です。アルバム全体で見ても、他アルバムと比べるとずば抜けて満足度が高かったです。
賛否両論な諸評価についてですが、やはりオールドファンからの抵抗が根強いようです。2010年代に立って過去のアルバムを見てみると、それぞれのアルバムが時代のニーズも取り入れて作成されていることは明白で、特に1st、2ndアルバムは、平成生まれの人間からするととても色あせて見えます(そういったレトロな雰囲気も好きではありますが)。前述したようにこのアルバムの曲からはこの時代が敬遠するような押しつけがましさやしつこさは取り除かれています。「今風」になったという解釈もできるかもしれません。大きく分かれた評
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 accini VINE メンバー 投稿日 2002/11/26
形式: CD
BOSTONを聴いた事がない、音楽好きな20代前半の後輩君に、
このアルバムの3曲目ぐらいまでを聴かせたら、
「マジに凄い!何ですかコレは?!」と異常に興奮してました。
それならばと、「幻想飛行(SACD盤)」から「Walk On」までを一気に聴かせたところ、
現在、その人間はどっぷりBOSTONに浸かってます(笑)。
ワタシも初めてBOSTONを「体験」してから26年経って、すっかりオヤジなのですが、やはりNew Albumにはもの凄く期待してしまいます。
で、その期待はあのサウンドの様に、もの凄く大袈裟で分厚い(笑)。
でも、「初体験」の人達はそんなことは関係なく、純粋に「ブッ飛ぶ」みたいで、ちょっとホッとしました。
あくまでカリフォルニア・ロックなのにイースト・コースト、時にはグランジか?と思わせる程のギターリフなのに「あの独特な」音色・・・。
非常にクリアなハーモニーにメチャ多重なギターアレンジ・・・。
とにかく過去にも将来にも、このサウンドが創れるのはBOSTONだけでしょう。
「Corporate America」は、往年のファンをちょっとがっかりさせる「隙」がありますネ。
でも、充分「衝撃的」だし「良質な音楽」です。
気づいたのですが、オリ
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
02年発表の5作目。またもや前作より8年ぶりに発表された作品。一時期はトム・シュルツのソロ・プロジェクト化していたボストンだが、前作からバンド色を強め本作では完全にバンド・スタイルに戻っている。オリジナル・メンバーだったブラッド・デルプ(vo) も復帰し前作から参加した元オリオン・ザ・ハンターのフラン・コスモ(vo) 共々素晴しいヴォーカルを聞かせている。そして新たに参加したフランの息子アンソニー・コスモ(vo、g) が、2.6.7.の3曲を、そしてこちらも新加入のキンバリー・ダーム(vo、g) も4.を提供している。
10.は前作『ウォーク・オン』収録曲のライヴ・バージョンであり、前作にまで参加していたギャリー・ピール(k) に加えてトム、デルプ、フランが参加。おそらくはデルプ復帰のきっかけとなったものだろう。
1.は重圧なギターはそのままに50〜60年代テイストのガール・ポップ的な雰囲気を感じさせる曲。メロはポップだがギターはオーケストラ並みの分厚さとこのミス・マッチ感が妙味と言えるが、どこをどう切ってもポストンというのが嬉しい。2.はアコギをベースにしたパワー・バラード。ハイ・ト−ンのコーラス・ワークなども従来通りだが、楽曲そのものはアメリカン・ロック的な大らかさを増しつつもかなり洗練された印象。4.はほぼキンバリーのソロ。実力の高さは一聴して分かる。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
まるで何の覚悟もなく聴いて、曲が始まって直ぐCDのトレイを引き出し、中身を確認した。唯一残像が残っているとしたら、奥行きが有ってある種宇宙的な部分。それ以外は何とも言葉に詰まる内容。しかし、唯一斬新な点を挙げるなら、今作はBostonにとって初めての"プログレッシヴ"な音......とは言えるかもしれない。前に進んだか、実質後退したかは別として......。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー