Concerti Grossi Opus 5 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 3,000MP3アルバムを購入

Concerti Grossi Opus 5 Hybrid SACD, Import, SACD

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,054 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 1,189より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Concerti Grossi Opus 5
  • +
  • Opus 6-Concerti Gross
  • +
  • Opus 2 & 4-Chamber Sonatas
総額: ¥9,556
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2013/3/26)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: Hybrid SACD, SACD, Import
  • レーベル: Linn Records
  • ASIN: B009G7WUBU
  • JAN: 0691062041225
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 345,592位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2013/4/16
形式: CD Amazonで購入
Linnレーベルによるアルカンジェロ・コレルリ(日本語ではコレッリとも表記)(Arcangelo Corelli 1653-1713)の没後300年の目玉企画は、イギリスのバロック・ヴァイオリン奏者パブロ・ベズノシウク(Pavlo Beznosiuk 1960-)と、イギリス、ニューカッスルのピリオド楽器によるオーケストラ、エイヴィソン・アンサンブル(Avison Ensemble)のによるコレルリの室内楽シリーズである。

当盤はその第2弾にあたるもので、ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集op.5全12曲を収録したもの。2012年の録音。CD2枚組。通奏低音を担当するのは、エイヴィソン・アンサンブルのメンバーであるポーラ・シャトーノフ(Paula Chateauneuf 1958- リュート・ギター)、リチャード・トゥニクリフ(Richard Tunnicliffe チェロ)、ロジャー・ハミルトン(Roger Hamilton ハープシコード・オルガン)の3人。

12曲のソナタの内訳は、第1番ニ長調、第2番変ロ長調、第3番ハ長調、第4番ヘ長調、第5番ト短調、第6番イ長調、第7番ニ短調、第8番ホ短調、第9番イ長調、第10番ヘ長調、第11番ホ長調、第12番ニ短調「ラ・フォリア」となる。なんといっても有名なのは、第12番「ラ・フォリア」で、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 La dolce Vita 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2013/3/27
形式: CD
ローマ法王庁を中心に活躍した作曲家アルカンジェロ・コレッリは今年で没後300年を迎える。エイヴィソン・アンサンブルはこれを機会に既に昨年から彼の作品集を手がけていて、先ず第1弾としてリリースされたのが作品6の合奏協奏曲集だったが、今回同じく2枚組のSACDで続くのが作品5のヴァイオリン・ソナタ集になる。このセットでは最後に置かれている『ラ・フォッリーアのテーマによる23の変奏』を含むコレッリのソナタ全12曲を収録している。バロック・ヴァイオリンはパヴロ・ベズノシュークで、彼を支える通奏低音群がすこぶる充実しているのも特徴だ。チェロがリチャード・タニクリフ、アーチリュートと5弦バロック・ギターがポーラ・シャトーヌフ、チェンバロ及びボックス・オルガンをロジャー・ハミルトンがそれぞれ担当し、ソナタの曲趣によって楽器を交代させている。

ベズノシュークの演奏は奇をてらったものではなく、コレッリがこのソナタ集で示した基礎的なヴァイオリンのテクニックを堅実に、しかもシンプルに再現している。またピッチはバロック室内楽用のa'=392Hzを採用していることもあって、技巧を表に出さない渋みのある落ち着いた情緒があり、繰り返し聴きたくなる演奏だ。しかしコレッリ自身が優れたヴァイオリニストであったために、この曲集にはダブル、トリプル・ストップやフーガなど難技巧が凝らされていることも事
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告