現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。
お届け先を選択
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Comandante C40 MK3 ニトロブレード - コーヒーグラインダー Wenge Veneer [並行輸入品,海外正規代理店] (Wenge Veneer)

5つ星のうち4.0 20個の評価

現在在庫切れです。 在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
ブランド Comandante
Wenge Veneer
材質 ステンレス鋼

この商品について

  • C40 Wenge Veneer Comandanteの定評ある品質が向上しました。 新しい製造所の研削部品は、特許取得済みの製造技術の範囲内で、100%ステンレス鋼です。 その結果、超丈夫な鋼材が生まれました。
  • ''研削レンズの刃先は、硬化後さらに研ぎ澄まされ、コーヒー豆をカットします。 独自のMill Technologyのおかげで、あらゆる角度の研削に罰金を課すことなく、完璧で均一な研削仕上げが可能です。
  • 研削中のパワー分布は理想的です、ダブルボールベアリング、スムーズ。 だから、プロが使っているのは明らかです。 材料の専門知識と細部へのこだわりに関するComandante開発者チーム。 その結果、ドイツ製のマニュアルが作成されました。
  • この工場の心臓部は、高窒素(約58ロックウェル硬度)と高エッジ保持のための高強度のマルテンサイト系ステンレス鋼製の研削盤です。 鋭いZカッティングエッジを個別に硬化した後、非常に鋭い 新開発のミル、形状 非常に均質な粉砕結果が得られます。 研削速度 1豆/ターン
  • 二重に取り付けられた車軸、ステンレス製ボールベアリング付き。 カシの木から成っているハンドルのノブは取除かれ、ハンドルで密封することができる。 マグネット接続でクランクをアクスルに固定します。 Eastman Tritanコポリエステル製のすべてのプラスチック部品

商品の情報

詳細情報

登録情報

商品の説明

コマンダンテC40 MK3ニトロブレードコーヒーグラインダーレッドソニャ C40 Wenge Veneerを搭載した、Comandanteは、コーヒー用のプロ用ハンドミルの中でも新しいレベルのものであり、その実績のある品質をさらに向上させました。新しい工場のグラインダーは、特許取得済みのプロセスで製造されたステンレス鋼で完全に作られています。その結果、ナイフスチール品質の非常に耐久性のある素材となりました。粉砕ディスクの端は、コーヒー豆を固めて「切断」した後に再び鋭くされる。独自の研削技術のおかげで、このミルはすべての研削度において実質的に「微粉」がなく、極めて正確で均質な研削結果を生み出します。研削中の動力伝達は最適で、ダブルボールベアリングがクランクをスムーズにします。繰り返しますが、それは専門家が働いていることを示しています。 Comandanteの開発チームは、重要な能力と細部へのこだわりに焦点を当てています。その結果、「ドイツ製」のハンドミルが生まれました。このミルの心臓部は、高い硬度(約58ロックウェル)と高い刃先保持のための高い靭性を備えた高窒素マルテンサイト系ステンレス鋼の研削盤です。硬化後に非常に鋭いZブレードが鋭くなりました。新しく開発された研削盤の形状非常に均質な研削結果が得られます。研削速度約1回転/回転密閉車軸、ステンレス鋼製ボールベアリング付きダブルベアリング。樫の木で作られたクランクノブは取り外し可能でクランクの圧力ロックで固定されています。磁気接続によって車軸にクランクを固定する。 Eastman Tritanコポリエステルのすべてのプラスチック部品

カスタマー Q&A

Q&A を表示

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
20 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

すべてのレビューを日本語に翻訳
2020年5月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
M
5つ星のうち5.0 粒度の均一性が優れている
2020年5月6日に日本でレビュー済み
この商品を購入しようと思っているような人は大体はある程度調べていたり、知識量が多い人がほとんどだと思うのでご存知かもしれませんがやはりこのミルは刃が優れており、硬い浅煎りの豆でもザクザク切れます。
比較対象として適しているかはわからないですが、これまでセラミックではない鋼の刃を持つ手挽きの見るとしてプジョーやザッセンハウスのものを使ってきましたがレベルが全然違いました。
軸の構造もブレがまったくないため、一度設定したら綺麗に揃った粒度で引くことが出来ます。
粒度の設定変更も上記で上げた2つのメーカーが出しているものよりも簡単に変更する後が可能な上、きちんと段階を固定しておくことが出来ます。
私は正直普段そこまで豆によって何度も粒度の設定を変更するという使い方をするわけではないのですが、それでもこの機構であれば気が向いたときに簡単に変えられるなと思っています。
また、別売りの拡張パーツのレッドクリックスに変更することで更に細かく粒度調整を行うことが可能です。
(上記であんまり粒度変更しないとか言っておきながらもロマンを追い求めレッドクリックスに変更済みです。)

4段階程度で適当に粒度を変更した試し切りの写真を乗せますので揃い具合を見てご参考にしていただければ幸いです。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年1月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年9月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年8月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年11月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年3月1日に日本でレビュー済み
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年7月2日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する