お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Colours of the Day: the Best O SACD, Import

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,565 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,214より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Colours of the Day: the Best O
  • +
  • Muscle of Love
総額: ¥7,130
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2015/12/11)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: SACD, Import
  • レーベル: Audio Fidelity
  • ASIN: B0161H1GJE
  • JAN: 0780014222024
  • その他のエディション: LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 215,361位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ちゅう トップ1000レビュアー 投稿日 2015/12/17
形式: CD Amazonで購入
Judy Collinsが1972年にリリースしたベストアルバム。Judy Collinsと言えばJoni Mitchellの楽曲を取り上げ全米Top10ヒットとなった『Both Side Now:青春の光と影』(Joni Mitchellより先にリリース)が有名ですが他にも秀逸な曲が沢山あります。カントリー調でメロディーラインが秀逸な『Someday Soon』、Leonard Cohenの楽曲を取り上げた『Suzanne』、The Beatlesのカバー『In My Life』等です。あと特筆すべきは黒人のゴスペルソングだった楽曲『Amazing Grace』をいち早く取り上げ世の中に広めた功績です。1970年にセント・ポール教会でアカペラで歌いアルバム『Whales & Nightingales』に収録されその後シングル曲でリリースし、全米では第15位を記録して全英では67週に渡ってチャート・インを果たしました。それから4.0chマルチ音源の出来ですが音の広がり方、音の分離、各パート楽器がクリアーに聞こえ中々良い出来です。最後になりますが彼女が歌う部屋中に澄み渡るような声質は素晴らしいですね。聞いていてホントに心が和み嫌なことを忘れさせてくれます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2009/10/23
形式: CD
 選曲がありきたりで、曲の並べ方も聴きやすさ、時代の流れの双方を無視したセンスのないベスト盤。何一つお薦めできる要素がありません。有名な「Both Sides Now 」は、アルバム『Wildflowers』収録のバージョンとは異なるバージョンですが、私は『Wildflowers』収録のバージョンの方がずっと好きです。
 彼女のベスト盤はどれを選んでもつまらない曲が何曲か必ず収録されているので、これからジュディ・コリンズを聴こうという人はベスト盤ではなく、1968年の名盤『Who Knows Where the Time Goes』と1966年の『In My Life 』を購入することをお薦めします。この2枚のアルバムは全曲素晴らしく捨て曲がありません。さらに経済的余裕があれば、フィル・オークスからエリック・アンダースンやボブ・ディランまで見事なカバーが収録されている1965年の『 Fifth Album 』もお薦めです(1967年の『Wildflowers』はジョニ・ミッチェルのすぐれたカバーを2曲含んでおり、個人的には好きですが全体的におとなしく、やや暗い雰囲気です)。
 いずれにしても彼女の場合は、ベスト盤ではなく、60年代のオリジナル・アルバムを購入することを心からお薦めします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告