Colorless Tsukuru Tazaki and his Years of Pilgrimage: A novel
Audible版のサンプルを聴く
再生中...
読み込み中...
一時停止

Colorless Tsukuru Tazaki and his Years of Pilgrimage: A novel Audible版 – 完全版

5つ星のうち4.4 1,888個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
ハードカバー ¥2,729 ¥1,189
ペーパーバック ¥1,384 ¥652
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額¥1,500。
  • 購入したタイトルは退会後もずっとあなたのもの。
ボタンを押すと注文が確定し、Audibleの利用規約に同意したものとみなされます。 利用規約を確認 に同意したものとみなされます。
Audibleが販売・配信します。
AudibleはAmazonの関連会社です。

登録情報

再生時間 10 時間 9 分
著者 Haruki Murakami, Philip Gabriel - translator
ナレーター Bruce Locke
配信日(Audible.co.jp) 2014/8/12
制作 Random House Audio
フォマット オーディオブック
バージョン 完全版
言語 英語
ASIN B07FD1Q358
Amazon 売れ筋ランキング - 1,777位Audible オーディオブック (の売れ筋ランキングを見るAudible オーディオブック)
- 3位フィクション: マジックリアリズム
- 3位フィクション: 成長
- 4位ファンタジーの現代文学

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
1,888 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

すべてのレビューを日本語に翻訳
2020年6月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 村上の原作 『色彩を持たない多崎つくる・・・・』 と、英語翻訳版 『Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage』 の検証的比較
ユーザー名: ハッピーアンドカフェ、日付: 2020年6月18日
タイトル:
村上の原作 『色彩を持たない多崎つくる・・・・』 と、英語翻訳版 『Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage』 の検証的比較

[緒言]
  この物語「色彩をもたない・・・巡礼の年」は、主人公の多崎つくるが、大学二年のときに突然親友だと思っていた四人(男女2人づつ)から、仲間のひとりであるシロ(白根柚木:しらねゆずき)をレイプしたとの冤罪(もっぱらシロの自己告白・申告による、その後シロの死)をかけられ、・・・・結果として仲間から排除される。
長じて、つくる36歳になり、ふたつ年上の恋人、沙羅の励ましもあり、心を決め、大学2年のときに親友四人からされた仕打ち、―――つまはじき:つくるにとっての死刑宣告―――すなわち、つくるにとっての人格を壊されたような大事件の原因を確かめるべく、沙羅の協力のもと真実の解明に乗り出す、・・・・巡礼の旅が始まる。そんな物語です。

  この物語は2つの主経路(あるいは主経路と副路)、①:大学2年生の時に突然起こった、多崎つくると4人(男女2人づつ)、合計5人の仲間たちの友人関係の破壊――-現実にはつくる君一人の仲間外れ―――の原因とその結末、加えて、副経路 ②:多崎つくるが社会人(36歳)になり、恋人の沙羅(つくる君の2つ年上)と協力しての大学時代につくるが受けた人間性を失うほどの仕打ちの原因さがしの旅(人生の)、から成っている。
副路では、村上の小説ですので、つくると沙羅の簡単な恋愛模様であるはずもなく、特に沙羅の不思議な振舞いがこの物語にちょっとした変化を与えている。

  このレビューでは、①:の多崎つくるが大学2年(二十歳)の時に突然他の4人から仲間はずれの宣告を受けた事件についての記述に限定した。すなわち、つくる36歳になり恋人の沙羅に励まされ、共にその謎解きをする、この主経路に焦点をしぼり、Philip Gabriel による英語翻訳版(2015)ではどのように表現されているのかを調べてみた。
  物語のひとつの経路(主経路)に限定するとはいえ、その長さは膨大で、ここに村上の全ての日本語原文、そして、それに相当する英文を記述するのは不可能です。従って、①:の主経路の中でも、レビュアーが物語として興味深いパラグラフ、あるいは連続した数センテンスを9か所抜粋し、その部分がどのような英文に翻訳されているのかについて、ここに提示してみます。 このレビュアーの作業をとっかかりとして、村上の小説家としての素晴らしさ、また、その日本語原文を英語に翻訳した、Philip Gabriel 氏の努力の跡を辿っていただければ幸いです。

[方法]
  緒言で述べたように、まずレビュアーが任意に、小説として興味深く思うパラグラフを9か所抜粋して記述した。次に、その各パラグラフの日本語に相当する翻訳英文を、同様に、Philip Gabrielの翻訳英文から抜粋した。
その英文をレビュアーが“素直な日本語”に翻訳してみた。ここれ言う“素直な日本語”とは、高校受験答案での英文和訳(逐語訳)のレベルではなく、レビュアーのプライドも、ある程度保たれる、逐語訳と意訳との中間レベルの、スムーズで自然な日本文という意味です。

[結果]
  この小説は三人称(いわゆる万能の “神の視座” から俯瞰)で書かれている小説です。もちろん主人公は多崎つくるです。つくる一人が東京の大学に通っている時(大学二年生の時)に、名古屋の高校時代からの親友四人から、唐突に絶交を宣言されてしまいます。それから6カ月の間、つくるは人生のあきらめ、精神の崩壊、死の深淵を見るまでになった。ただ、そんな中、ある夜の不思議な夢、その中でたつるは名も知らない女性に強く嫉妬の感情を持っている、・・・・目覚めて、つくるはこの世界に、現世に生きて帰って来た。
あの仲間たちからの、意味不明な宣告から16年の年月を経過し、現在、つくるは社会人となっている。二歳年上の恋人沙羅に促がされ、あの時つくるが、何故あのような理不尽な仕打ちを、仲間から受けなければならなかったのか、つくるは、過去にさかのぼって、精神の再構築のための巡礼の旅に出た。

1:物語の始まり。この小説の主人公の多崎つくるの、高校時代からの親友四人からの突然の仕打ち、そしてその際の、つくるの精神的状況を記述している。

【原文:《ページ5、後ろから3行目から》】
多崎つくるがそれほど強く死に引き寄せられるようになったきっかけははっきりしている。彼はそれまで長く親密に交際していた四人の友人たちからある日、我々はみんなもうお前とは顔をあわせたくないし、口をききたくもないと告げられた。きっぱりと、妥協の余地もなく唐突に。そしてそのような厳しい通告を受けなくてはならない理由は、何ひとつ説明してもらえなかった。彼もあえて尋ねなかった。

【翻訳英文とレビュアーの日本語訳】
[Page 3, line13]
  The reason why death had such a hold on(持続する) Tukuru Tazaki was clear. One day his four closest friends, the friends he’d known for a long time, announced that they did not want to see him, or talk with him, ever again. It was a sudden, decisive (きっぱりとした、決定的な)declaration, with no room for compromise(妥協). They gave no explanation, not a word, for this harsh(残酷) pronouncement(宣告). And Tukuru didn’t dare ask.

なぜ死がそれほど多崎つくるに取りついていたのかは明らかだった。ある日、長い間つくるが親友と信じていた四人から、お前とはもう会いたくない、二度と話もしたくない、と宣言されたのだ。それは突然のきっぱりとした宣言で、妥協の余地のないものだった。
つくるはあえて (その理由を) 尋ねようとも思わなかった。

* ( ) 内の文章:レビュアーによる付け加え。以下の記述も同様です。

2:彼ら五人の中の女性二人、シロとクロのうち、事件の主人公となる美人のシロの性格・容姿の説明。

【原文:《ページ11、5行目から》】
  シロは古い日本人形を思わせる端正な顔立ちで、長身でほっそりして、モデルのような体型だった。髪は長く美しく、艶のある漆黒だ。通りですれ違った多くの人が、思わずふり返って彼女を見た。しかし彼女自身にはどことなく自分の美しさを持て余しているような印象があった。生真面目な性格で、何によらず人の注目を引くことが苦手だった。美しく巧みにピアノを弾いたが、知らない人がいる前でその腕を披露することはまずなかった。

【翻訳英文とレビュアーの日本語訳】
[Page 8, line13]

  Shiro was tall and slim, with a model’s body and the graceful features of a traditional Japanese doll. Her long hair was a silky, lustrous (光沢のある ) black. Most people who passed her on the street would turn around for a second look, but she seemed to find her beauty embarrassing. She was a serious person, who above all (とりわけ)else drawing attention to herself. She was also a wonderful, skilled pianist, though she would never play for someone she didn’t know.

  シロは優美でほっそりしており背が高く、モデルのような体型で、伝統的な日本人形のような上品な容姿をしていた。彼女の長い髪は、光沢のある黒だった。通りで彼女とすれちがったほとんどの人は、ふり返ってもう一度彼女を見返すものだった。しかし、彼女は自分の美しさを恥ずかしがっているようにさえ見えた。彼女は自分自身が他人の注意を引くことを好まないような、真面目な人柄だった。また彼女は素晴しく上手なピアニストでもあったが、知らない人のまえでは、ピアノを弾いてみせることはなかった。

3:大学時代、自分のマンションで、この世界と隣の世界の両方で生きていると思われる、後輩友人の灰田と眠り、不思議な夢を見ている(おそらく、灰田に見せられている)。 夢の中で、つくるは二人の女性、シロとクロとを交えての性愛行為をしており、とりわけ、いつもは遠慮がちなシロからの積極的で執拗な愛撫を受けている。結局、自分の極限まで硬くなった物を、シロの溢れるほど濡れた部分に吸い込まれるように導かれ、挿入する。

【原文:《ページ117、8行目から》】
  長い執拗な愛撫のあとで、彼女たちのうち一人のヴァギナの中に彼は入っていった。相手はシロだった。彼女はつくるの上にまたがり、彼の硬く直立した性器を手にとって、手際良く自分の中に導いた。それはまるで真空に吸い込まれるように、何の抵抗もなく彼女の中に入った。それを少し落ち着かせ、息を整えてから、彼女は複雑な図形を描くようにゆっくりと上半身を回転させ、腰をくねらせた。長いまっすぐな黒髪が、鞭を振るように彼の頭上でしなやかに揺れた。普段のシロからは考えられない大胆な動きだ。

【翻訳英文とレビュアーの日本語訳】
[Page 95, line 14]
These insistent (執拗な) caresses (愛撫) continued until Tsukuru was inside the vagina of one of the girls. It was Shiro. She straddled him, took hold of his rigid, erect penis, and deftly (巧みに) guided it inside her. His penis found its way with no resistance, as if swallowed up into the an airless vacuum. She took a moment, gathering her breath, then begun slowly rotating her torso (上半身) as if she were drawing a complex diagram in the air, all the while twisting her hips. Her long, straight black hair swung above him sharply, like a whip (むちを打ち). The movements were bold (大胆) , so out of character with the everyday Shiro.

  つくるが少女たちの一人のヴァギナに挿入するまで、このような執拗な愛撫は続いた。それはシロであった。彼女は彼にまたがり、硬く勃起したペニスを握って、巧みに彼女の中に導き入れた。彼のペニスは、まるで空気のない空白にでも吸い込まれるように、何の抵抗もなく彼女の奥へと導かれた。彼女は、すこし待って息をととのえ、ふたたび自身の上半身をゆっくり回転させはじめた、あたかも空中に複雑な文字でも書くかのように、絶え間なく腰を振りながら。その動きは大胆で、日頃の彼女には考えられない種類のものだった。

4:現在は車レクサスの販売に関わっている男の友人、アオと直接に会い、大学時代につくるが受けた酷い仕打ちの経緯を聞こうとしている。

【原文:《ページ162、後ろから5行目から》】
   つくるはミネラル・ウォーターをプラスティックのボトルから一口飲み、喉の奥に潤いを与えた。「どうして僕はあのとき、グループから追放されなくてはならなかったんだろう?」
  アオはひとしきり考えを巡らせていた。それから言った。「おまえの方に思い当たる節が全くないというのは、どう言えばいいんだろう、それはつまりおまえはシロと性的な関係を持たなかったということなのか?」
  つくるの唇はとりとめのない形をつくった。「性的な関係?まさか」
  「シロはおまえにレイプされたと言った」とアオは言いにくそうに言った。「無理やりに性的な関係を持たされたと」
  つくるは何かを言おうとしたが、言葉は出てこなかった。いま水を飲んだばかりなのに、喉の奥が痛いほど乾いていた。

【翻訳英文とレビュアーの日本語訳】
[Page 132, line 13]
Tsukuru took a drink of mineral water from the plastic bottle. “Why did I have to be banished(追放される) from the group?”
Ao considered this for some time before he spoke. “If you’re saying that you have no idea why, it means – what? – that you – didn’t have any sexual relationship with Shiro?”
Tsukuru’s lips curled up in surprise. “A sexual relationship? No way.”
“Shiro said you raped her,” Ao said, as if reluctant(気が進まない) to even say it. “She said you forced her to have sex.”
Tsukuru started to respond, but the words wouldn’t come. Despite the water, the back of his throat felt so dray that it ached.

つくるはプラスティク・ボトルからミネラル・ウォーターを一口飲んだ。「どうして、ぼくが仲間から追放されなきゃならなかったんだい?」
  アオは、そのことを話す前に、少しの間、考えていた。「もし、おまえに全く心当たりがないと言うんだったら、おれはどう説明したら、・・・・おまえはシロと何の性的関係もなかったのか?」
   つくるの唇は驚きで変な形になってしまった。「性的な関係? まさか」
  「シロは、お前が彼女をレイプしたと言ったんだ」 アオは、そんな事を言うのが気が進まないかのように、つくるに告白した。「彼女は、おまえが無理やり犯したと」
つくるは何か言おうとしたが、言葉は出てこなかった。水を飲んでみても、彼の喉は痛いほどの渇きを感じていた。

5:つくる、「社員教育のアウトソーシング会社」を立ち上げているアカを訪ねての会話。

【原文:《ページ192、6行目から》】
  「シロは気の毒だった」とアカは静かな声で言った。「あまり楽しい人生を送ることができなかった。美人だったし、豊かな音楽の才能もあったのに、死に方はひどいものだった」
  そんなふうに二行か三行デシロの人生が要約されてしまうことに、つくるはいささか抵抗を感じないわけにはいかなかった。しかしそこにはたぶん時間差のようなものがあるのだろう。つくるがシロの死を知ったのはつい最近のことであり、アカはその事実とともに六年の歳月を送ってきたのだ。

【翻訳英文とレビュアーの日本語訳】
[Page 155, line3 from the bottom]
“I feel sorry for Shiro,” Aka said quietly. “Her life wasn’t very happy. She was so beautiful, so musically talented, yet she died so horribly (恐ろしく). ”
Tsukuru felt uncomfortable at the way Aka summed up her life in just a couple of lines (2,3行で). But a time difference was at work here, he understood. Tsukuru had only recently learned of Shiro’s death, while Aka had lived with the knowledge for six years.

 「私はシロに済まないと思っているの」とアカは静かに言った。「彼女の人生はあまりには幸せなものではなかった。彼女は非常に美しく、音楽の才能もあった。だけど彼女は酷いかたちで死んでしまった」
つくるはアオが彼女の人生をたった2行か3行でまとめたことに不快感を覚えた。まあ、だけど、時間の経過が違うのだから、と彼は理解した。(何と言っても)つくるはつい最近シロの死を知り、アカは6年間も、そのことと一緒に生きてきたのだから。

6:この物語の最終章にかかったところ。
生存している仲間、三人(アオ、アカ、そしてフィンラドのクロ)と話をしてみて。いろいろな情報を考えあわせての、つくるなりに到達した推論・結論

【原文:《ページ363、5行目から》】
  高校時代の五人はほとんど隙間なく、ぴたりと調和していた。彼らは互いをあるがままに受け入れ、理解し合った。一人ひとりがそこに深い幸福感を抱けた。しかしそんな至福が永遠に続くわけはない。楽園はいつかは失われるものだ。人それぞれに違った速度で成長していくし、進む方向も異なってくる。時が経つにつれ、そこには避けがたく違和が生じていっただろう。微妙な亀裂も現れただろう。そしてそれはやがて微妙なというあたりでは収まらないものになっていったはずだ。

【翻訳英文とレビュアーの日本語訳】
[Page 292, line 11 from the bottom]
Their group in high school had been so close, so very tight. They accepted each other as they were, understood each other, and each of them found a deep contentment(満足) and happiness in their relationship, their little group. But such bliss(至福) couldn’t last forever. At some point paradise would be lost. They would each mature at different rates, take different paths in life. As time passed, an unavoidable sense of unease (不安、心配)would develop among them, a subtle fault line(小さな亀裂), no doubt turning into something less than subtle.

  高校時代の彼らのグループは極めて密接で、きわめて固い結びつきだった。彼らはお互いをあるがままに受け入れ、お互いを理解し、各々がそのこと―――小さなグループの関係性――-に深い満足と幸福を見出していた。しかし、そのような至福は長くは続かなかった。ある時期がくれば、パラダイスは失われるものなのです。彼らは、各々異なった時間経過で成熟し、人生の異なった道を歩むことになるのです。時間の経過とともに、避けがたい不安の感覚が彼らの中に増大し“小さな亀裂”が間違いなく“小さな”では済まなくなるのです。

7:ほぼ、5:のつづき。つくるの推論・結論

【原文:《ページ364 2行目から》】
  シロはおそらくそんな状況から逃げ出したかったのだろう。感情のコントロールを絶え間なく要求する緊密な人間関係に、それ以上耐えられなくなったのかもしれない。シロは五人の中では疑いの余地なく、最も感受性の強い人間だった。そしておそらく誰よりも早く、その軋みを聞きとったのだろう。しかし彼女には、自らの力でその輪の外に逃れることはできない。そこまでの強さを彼女は具えていない。だからシロはつくるを背教者に仕立てる。つくるはその時点で、サークルの外に出て行った最初のメンバーとして、その共同体の最も弱いリンクになっていた。言い換えれば、彼には罰される資格があった。

【翻訳英文とレビュアーの日本語訳】
[Page 293, line 11]
Shiro had wanted to escape from that situation. Maybe she couldn’t stand that kind of relationship anymore, the close relationship that required constant maintenance of one’s feelings. Shiro was, unquestionably, the most sensitive of the five, so she most have picked up on that friction(あつれき、摩擦) before anyone else. But she was unable, at least on her own, to escape outside that circle. She didn’t possess the strength. So she set Tsukuru up as the apostate(変節者). At that point, Tsukuru was the first member to step outside the circle, the weakest link in the community. To put it another way, he deserved(価値がある) to be punished.

   シロはそのような状態から逃げたかった。おそらく彼女はあのような密接な関係――-すなわち各々の感情のコンスタントな維持を要求されるような―――にもう耐えられなかったのです。シロは間違いなく5人の中で最も感受性が強く、誰よりも早く、敏感に彼らの間に生じつつある軋みを感じとったのです。でも彼女には、少なくとも彼女自身から、サークルの外に逃避することはできなかった。彼女は(それほどの)強さを有していなかった。それで、つくるを変節者に仕立て上げた。 あの当時、つくるはサークルの外に飛び出した最初の人間だった。言い換えれば、彼には罰せられる資格があった。

8:ほぼ6のつづき。つくるの推論・結論を述べている。
レビュアーの更なる説明的解釈:シロは―――村上の作品では、いつも雨の降る静かな夜に隣の世界との扉が開く―――“壁の通り抜け”によってやってきた、もう一人のシロ、すなわち「悪霊」によって殺された(自死)。

【原文:《ページ365、7行目から》】
  それでも彼はシロを―――ユズ(白根柚木)―――-赦すことができた。彼女は深い傷を負いながら、ただ自分を必死に護ろうとしていたのだ。彼女は弱い人間だった。自分を保護するための十分な堅い殻を身につけることができなかった。迫った危機を前にして、少しでも安全な場所を見つけるのが精一杯で、そのための手段を選んでいる余裕はなかった。誰に彼女をせめられるだろう? しかし結局のところ、どれだけ遠くに逃げても、逃げ切ることはできなかった。暴力を忍ばせた暗い影が、執拗に彼女のあとを追った。ユリが「悪霊」と呼んだものだ。そして静かな冷たい雨の降る五月の夜に、それが彼女の部屋のドアをノックし、彼女の細く美しい喉を紐で絞めて殺した。おそらく前もって決められていた場所で、前もって決められていた時刻に。

【翻訳英文とレビュアーの日本語訳】
[Page 294, line 15]
And yet he was able to forgive Shiro, or Yuzu, she carried within her a deep wound and had only been trying, desperately(死に物狂いで、必死で), to protect herself. She was a weak person, someone who lacked(欠く) the hard, tough exterior(丈夫な外側) with which to guard herself. It was all she could do to find a safe refuge(避難) when danger came, and she couldn’t be particular about the methods. Who could blame her?  But in the end, no matter how far she ran, she couldn’t escape, for the dark shadow of violence (暴力)followed her relentlessly(容赦なく). What Eri dubbed(称する) an evil spirit(凶悪な魂). And on the quiet, cold, and rainy May night, it knocked at her door, and strangled(絞め殺す) her lovely slim throat. In a place, and time, that had, most likely, already been decided.

  それでも彼はシロ―――ユズ―――を許すことができた、彼女は内に深い傷を負っていたし、死に物狂いで自身を守ることしかできなかったのだ。彼女は弱い人間で、彼女自身を守るための、堅くて丈夫な殻を持っていなかった。危険が迫って安全な避難路を見つけること、それが彼女のできるすべてだった。そして、それ以外の方法は彼女にはなかったのだ。誰が彼女を責められるだろうか? でも結局、どれほど遠くまで逃げようとも、逃げ切る事は不可能で、凶暴の暗い影が容赦なく彼女を追いかけた。エリが“凶悪な魂”と呼んだもの。そして、静かな寒い、5月の雨の降る夜、それはドアをノックし、彼女の美しい細い喉を絞めて殺した。場所も、時間も、殺ることも、あらかじめ決められていた通りに。

9:この物語の最後の、深い余韻の残るシーン。

【原文:《ページ370、6行目から》】
  「すべてが時の流れに消えてしまったわけじゃないんだ」。それがつくるがフィンランドの湖の畔で、エリ(クロの本名:黒埜恵理)に別れ際に伝えるべきこと―――でもそのときには言葉にできなかったことだった。「僕らはあのころ何かを強く信じていたし、何かを強く信じることができる自分を持っていた。そんな思いがそのままどこかに虚しく消えてしまうことはない」
  彼は心を静め、目を閉じて眠りについた。意識の最後尾の明かりが、遠ざかっていく最終の特急列車のように、徐々にスピードを増しながら小さくなり、夜の奥に吸い込まれて消えた。あとには白樺の木立を抜ける風の音だけが残った。

【翻訳英文とレビュアーの日本語訳】
[Page 298, line 12 from the bottm]
“ Not everything was lost in the flow of time. ” That’s what Tsukuru should have said to Eri when he said goodbye at the lakeside in Finland. But at the point, he couldn’t put it into words.
We truly believed in something back then, and we knew we were the kind of people capable of believing in something – with all our hearts. And that kind of hope will never simply vanished(消える).
He calmed himself, shut his eyes, and fell asleep. The rear light of consciousness, like the last express train of the night, began to fade into the distance, gradually speeding up, growing smaller until it was, finally, sucked into (吸い込まれる)the depths of the night, where it disappeared. All that remained was the sound of the wind slipping(滑る)though a stand of white birch trees.

「全てが時間の流れの中に消えてしまったわけではないんだ」 フィンランドのレイクサイドで別れに際して、つくるがエリに言い残すべき言葉だった。ただその時は、言葉にすることができなかった。  
   「我々は以前、確かに何かを信じていたし、信じるべき何かを4人の心の中に持っている人間だということを知っていた。そしてそのような希望が、決して簡単に消え失せた訳ではないのだ」
  彼は心を静かにし、目を閉じ眠りについた。夜の最終特急列車の意識の後尾灯が遠ざかるとともにはっきりしなくなり、だんだんスピードを増し夜の深さに吸い込まれて消えた。あとに残ったのは、白樺の木立を抜ける風の音だけだった。

[考察]
この村上の長編『色彩を持たない多崎つくる・・・・』とPhilip Gabriel による英語翻訳版『Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage.』の(比較的)詳細な比較(comparison every one line in the interesting 9 paragraphs) 検討を行った。
  言うまでもないが、英語翻訳文が、村上の手による原作よりも優れている、などと言うことは最初からレビュアーは想定していない。例えば、小説を書くことが趣味の学生さんや、そこらに沢山いる小説家が書いた作品なら、英語翻訳者が仁義をはずれて、上手な小説に改変しよう、というような変な誘惑に駆られることもあるかもしれません。ただ、村上の原作は、詳細に―――たとえば、センテンスごとに―――読めば読むほど彼の精緻な、完璧主義的な特徴が伺われます。ですから、あくまで村上の原作の良さが翻訳文に十全に保持されているかに焦点を当てて村上原文VS. Philip Gabriel (レビュアー和訳文) で比較を行い、その結果について考察します。
  レビュアーはかなり真剣にPhilip Gabriel氏の翻訳した英文を日本語に置き換えました。自分のこれまで培ってきた英語力をフルに使った。ただ、レビュアーは「村上の日本語に勝ちたいという」誘惑で、Philip Gabriel氏の書いてある英文に過度の化粧を加えたり、美容整形をしたりすることは断じてしなかった。
それをやってしまうと、この論文(?)の意味が根底から崩れてしまうからです。・・・・とにかく、その結果明らかになったことは、①:から⑨:まで、村上の記述している文章の凄さだけが明確になり、レビュアーの心の中に、いつまでも残る、軽い傷が残りました。(Philip Gabriel氏に、そのうちの、75%くらいの責任があると思うのですけれど・・・・・)
  大きな風呂敷を広げた割に、当たり前の考察と結論になるのですが、Philip Gabriel の英文は村上作品の良点をほとんど外しておりません。レビュアーの英語能力・日本語能力に非難の目をむけるのは、武士の情けで目を瞑っていただくとしてですが、レビュアー訳文と村上の原作を―――たった9カ所ですが―――比較すると、その内容、文章の鋭さの優劣は明確であった。あえて不等号で、村上 > Philip Gabriel (レビュアー?) と記すまでもなかった。
   村上のような世界的に人気の作家の翻訳では、それが多言語におよぶことが多い。その際、たとえば、日本語から英語とか、日本語からフランス語、または日本語からノルウェイ語などの場合はその問題はほとんど無視できるかもしれない。ただ、日本語から英語、さらにそこから、ノルウェイ語やもうひとつの外国語(多重翻訳)となると、原作の有していた特徴・良点・要点は無事に生き残っているのだろうか、という村上主義者としては余計な心配をしてしまう。村上は、どこかで、「重翻訳? 大丈夫! 作品としての強さがあればね」 のような記述を残していたが、ちょっとだけ心配です。

付記:【村上の原文と英語翻訳版との比較検証から離れて: 物語そのものに関してのレビュアーの印象的考察】
男女5人の、一見、美しく見えるが、脆いバランスの上に成り立っている五角形を永久に保つことの不自然さを、誰もが感じていたのでしょう。 それは、いずれ崩れる、いびつな五角形であることは自明なのですが、とりわけ、「つくる」を愛してしまったことによって、その関係を、事実上、壊しつつあるのが自分であるという事実に耐えられなくなった女性 「シロ」 は、自分の罪を強く感じ、5月の “雨の降る静かな夜” (この世界と次の世界の扉が開きやすくなる、という著者が好んで使うメタファー)、この世界から隣の世界へと旅立ちます。 それは自死でもよいですし、隣 (死) の世界から遣わされた “死神” によって、でも良いのですが・・・。
 「シロ」 は「つくる」への愛を告白するほどには、心 (愛) が強くなかった、とも言えるし、5人での五角形の形状の厳固さを過大評価、もしくは壊すことを恐れていたのかもしれない。 ただ、「シロ」の悲しい行為 (仮に、自死としておきます) の底にある思惟を感じ取ったかのように、残された4人は、それぞれの道を、戸惑いつつも進み始める。とりわけ女性である「クロ」は、3人の男たちとは異なり、もはや「シロ」、「クロ」・・・、などとあだ名で呼び合ってじゃれ合った時期が、とうに過ぎ去ってしまったことを、いち早く自覚している (いつまでも大人に成り切れない男たちとは異なる、女性の特性)。

[総括的要約]
つくると四人の仲間との決裂についての物語を焦点にし、村上の原作日本語とPhilip Gabriel の英語翻訳文の詳細な比較を行った。その結果、当然ではあるが、原作と日本語の間に許容できないような齟齬は認められなかった。ただし、英語翻訳文が、村上の日本語原文と相同のクオリティーを有しているのでは(?)と判定できるような、鋭い翻訳文・翻訳パラグラフは認められなかった。レビュアーの日本語翻訳能力の多少の稚拙さは否定しないが、そのことを考慮に入れても、村上の表現能力の高さが際立っていた。

[使用小説]
1. 村上春樹:色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
ハードカバー: 376ページ、出版社: 文藝春秋 (2013/4/12)

2. Philip Gabriel (翻訳),:Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage. (written by Haruki Murakami)
ペーパーバック: 304ページ、出版社: Vintage (2015/7/2)
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年5月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年10月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2016年11月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2021年2月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年1月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年10月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年9月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

他の国からのトップレビュー

Miss K. Southern
5つ星のうち3.0 A thoughtful, captivating mystery with an infuriating ending...
2018年1月28日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Nicole
5つ星のうち5.0 10/10 Would Recommend
2018年7月11日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
L. Hutt
5つ星のうち2.0 Disappointed Murakami fan
2017年4月27日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
R. Taylor
5つ星のうち5.0 At the realism end of magic realism...
2015年8月1日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Kindle Customer
5つ星のうち5.0 Thought-Provoking and Unusual
2017年11月19日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告