Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,099

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[Murakami, Haruki]のColorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage: A novel (Vintage International)
Kindle App Ad

Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage: A novel (Vintage International) Kindle版

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(12)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,099
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,906 ¥ 499

紙の本の長さ: 338ページ Word Wise: 有効 タイプセッティングの改善: 有効
Page Flip: 有効 言語: 英語

【50%-70%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る
【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


商品の説明

内容紹介

New York Times #1 Bestseller
A New York Times and Washington Post notable book, and one of the Financial Times, St. Louis Post-Dispatch, Slate, Mother Jones, The Daily Beast, and BookPage's best books of the year

Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage is the long-awaited new novel—a book that sold more than a million copies the first week it went on sale in Japan—from the award-winning, internationally best-selling author Haruki Murakami.

Here he gives us the remarkable story of Tsukuru Tazaki, a young man haunted by a great loss; of dreams and nightmares that have unintended consequences for the world around us; and of a journey into the past that is necessary to mend the present. It is a story of love, friendship, and heartbreak for the ages.




From the Hardcover edition.

レビュー

“Mesmerizing, immersive, hallucinogenic.” —Entertainment Weekly

“Readers wait for [Murakami’s] work the way past generations lined up at record stores for new albums by the Beatles or Bob Dylan. . . . Reveals another side of Murakami, one not so easy to pin down. . . A book for both the new and experienced reader.” —Patti Smith, The New York Times Book Review 

“Hypnotic.” —The Boston Globe
 
“Brilliant.” —The Miami Herald
 
“A masterpiece.” —Elle
 
“Wistful, mysterious, winsome, disturbing, seductive.” —The Atlantic
 
Remarkable.” — The Washington Post
 
 “Intoxicating. . . . Full of beauty, strangeness, and color.” —NPR

“[Murakami] is ever alert to minds and hearts, to what it is, precisely, that they feel and see, and to humanity’s abiding and indomitable spirit. . . . A deeply affecting novel, not only for the dark nooks and crannies it explores, but for the magic that seeps into its characters’ subconsciouses, for the lengths to which they will go to protect or damage one another, for the brilliant characterizations it delivers along the way.” —The Washington Post
 
“More than just a story but rather a meditation. . . . There is a rawness, a vulnerability, to these characters.” —Los Angeles Times
 
“Tsukuru’s pilgrimage will never end, because he is moving constantly away from his destination, which is his old self. This is a narrow poignancy, but a powerful one, and Murakami is its master. Perhaps that's why he has come to speak not just for his thwarted nation, but for so many of us who love art—since it's only there, alas, in novels such as this one, that we're allowed to live twice.” —Chicago Tribune
 
“Bold and colorful threads of fiction blur smoothly together to form the muted white of an almost ordinary realism. Like J.M. Coetzee, Murakami smoothly interlaces allegorical meanings with everyday particulars of contemporary social reality. . . . Tsukuru’s situation will resonate with anyone who feels adrift in this age of Google and Facebook.” —San Francisco Chronicle
 
Colorless Tsukuru spins a weave of . . . vivid images around a great mystery. . . . The story flows along smoothly, wrapping around details like objects in a stream.” —The Boston Globe
 
 “The premise is simple enough, but in the works of Murakami, nothing is simple. . . . A perfect introduction to Murakami’s world, where questions of guilt and motivation abound, and the future is an open question.” —The Miami Herald
 
“Beautiful, rich with moving images and lush yet exquisitely controlled language. . . . Fans of elegant, intelligent fiction will welcome this book.” —Tampa Bay Times
 
“Moving. . . . One of Murakami’s most endearing and enduring traits as a writer is an almost reportorial attention to detail, the combined effect of which gives you a complete picture while still feeling a little ethereal.” —Milwaukee Journal Sentinel
 
“Shockingly seductive. . . . Murakami has a knack for swift, seamless storytelling. . . . Don’t be surprised if you devour Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage in the course of a night or two. . . . Charming and unexpected.” —Richmond Times-Dispatch
 
“Satisfying. . . . Murakami can find mystery in the mundane and conjure it in sparse, Raymond Carveresque prose.” —Financial Times
 
Colorless Tsukuru Tazaki alights in some mysterious places but doesn’t settle there. . . . [It] is replete with emotionally frank, philosophical discussions. . . . Reflective.” —The Dallas Morning News
 
“A piercing and surprisingly compact story about friendship and loneliness. . . . Murakami skillfully explores the depths of Tsukuru’s isolation and pain.” —St. Louis Post-Dispatch
 
“Truly captivating . . . Calling Murakami a ‘universally respected author’ or even a ‘paragon of literature’ is no longer apt. The man is a cultural force unto himself. . . . [In Colorless Tsukuru] the staples of his work . . . all come together to form a beautiful whole.” —A.V. Club
 
“Spare and contained. . . . Quiet, with disturbing depths.” —The Columbus Dispatch
 
“A testament to the mystery, magic, and mastery of this much-revered Japanese writer’s imaginative powers. Murakami’s moxie is characterized by a brilliant detective-story-like blend of intuition, hard-nosed logic, impeccable pacing, and poetic revelations.” —Elle

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4222 KB
  • 紙の本の長さ: 338 ページ
  • 出版社: Vintage (2014/8/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 英語
  • ASIN: B00IHMEAYK
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
久しぶりに村上春樹さんの長編を読みました。死、孤独、赦し、を感じました。久しぶりに”展開が気になって”時間を忘れて読み耽るといった具合でした。と、いっても自分にとって初めて読む英訳長編だったので、細かい情景描写などは知らない単語だらけで読み取れていない部分があると思います。ただ、それでも心象の描写というのはそれほど難しくない単語で構成されているのか、手に取るように主人公の心の動きがわかりました。

物語の感想は他の方にお任せして、英語のレベルを少し。恐らく英検準1級くらいの語彙力があれば読めます。(TOEICはビジネス英語の語彙なので物語を読むには適した語彙が少ないのでなんとも言えないですが、強いてめやすをあげれば930くらいかな?)最初の数ページは深く孤独な描写から始まるので若干「むむむ・・」と思うかもしれませんが、そのあとはすごく難解という単語はありませんでした。いや、少なくとも”わからないままでも想像しながら読み進める”が可能なレベルの単語だったかな、という感じです。

村上春樹さん自身が「洋書の読み方の手始め」として日本語版を読みながら交互に読むことを進めています。当初、わたしもそのやり方で読む事を考えていたのですが、もともと日本語の作品なために一度日本語版を読んだら、英訳版は手に取らなくなるだろうと思いあえて英語訳だけを購入しました。短編では英訳版をいくつか読んでいますが、長編で読了出来た最初の物語になりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 stella 投稿日 2014/10/11
形式: Kindle版 Amazonで購入
After all we are never satisfied with what we have and always searching our true self. I could refer to the loneliness that characters in the novel suffer from, though its weight and intensity definitely vary according to each individual and mine is not as absolute so far. Tsukuru needed someone to give him warmth to ease his loneliness. Some of us succeed in finding that "someone" and some of us don't. That makes difference in some cases and nothing can help us in other cases. Once in a while I feel as colorless as Tsukuru. Sometimes I manage to find my own colors myself and other tim...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 KUNISAN VINE メンバー 投稿日 2016/11/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
1ヶ月ちょっとかけて読み終わりました。当初は通勤電車の行き帰りで読んでいただけだったのですが、最後の方は週末の間に一気に読み進めました。

原書は言わずと知れた村上春樹のベストセラー小説です。この本が発売されたのは2013年でしたが、私は2年遅れの2015年に読んだので、内容についてもまだ記憶に新しいです。それもあってが、洋書の方も場面場面のイメージがつかみやすかったです。単語も比較的平易なものが多く、先日ペーパーバック版で購入した"Frozen(アナと雪の女王)"よりも簡単に読み進められました。

一言で、楽しかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 takako 投稿日 2014/11/21
形式: ハードカバー
英書を読む場合は原則として邦訳版は読まない。
たまに理解できない部分があってどうしても知りたいと思ったときは、三省堂のブックカフェに行って、拾い読みをしたりする。
よほど気に入った本で訳者もすばらしいときは(たとえば土屋政雄さんなど)、両方入手して読み比べて学ぶこともある。

さて今回はこれとまったく逆の読み方をした。
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は1年以上前にオリジナルで(つまり日本語で)読んだ。
私は特にハルキストではないが、この本は若い心の交流、誤解や挫折、青春の彷徨を描き、それぞれがひたむきに生きようとする姿と、名古屋、東京の暮らしや、美しいフィンランドの描写などに惹かれて楽しんで読んだ。
今回その英訳版がアメリカとイギリスと日本で同時発売をされるというニュースを耳にして、Kindle で購入した。
Philip Gabriel さんの英語は村上春樹さんの日本語と同様に読みやすく、しかも情感にあふれていて、とても楽しく読めた。
英語のイディオム表現を学んだり、わからない部分をオリジナルで確認したりもした。

それにしても英文から村上春樹さんの日本語にたちかえってみて、あらためて日本語の多様さ、豊かさというものを再認識した。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover