コールマン フェザーストーブ 442-726J がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 11,340
+ ¥ 580 関東への配送料
発売元: ナチュラム
カートに入れる
¥ 12,420
+ 関東への配送料無料
発売元: PIT-SPORTS
カートに入れる
¥ 12,744
+ 関東への配送料無料
発売元: eSPORTS(イースポーツ)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

コールマン フェザーストーブ 442-726J

5つ星のうち 4.3 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 13,824
価格: ¥ 10,385 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,439 (25%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新品の出品:16¥ 10,385より
  • ●火力:最高時約2125kcal/h●燃料タンク容量:約330cc●燃焼時間:約2.2時間●本体サイズ:約13x13x15.2(h)cm●重量:約680g●使用ジェネレーター:533-5891●アメリカ製


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

よく一緒に購入されている商品

  • コールマン フェザーストーブ 442-726J
  • +
  • コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント 170-7065
  • +
  • コールマン フューエル ファネル 2000016489(2000009367)
総額: ¥13,349
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
カラー.
サイズ.
素材-
ブランドColeman(コールマン)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB000BS06DC
おすすめ度 5つ星のうち 4.3 34件のカスタマーレビュー
発送重量862 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2005/11/23
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品の説明

●2125kcal/hという通常のシングルストーブと同じレベルの火力を維持

Amazonより

コールマンの誕生は、1899年ウィリアム・コフィン・コールマンがセールスの旅先で見たこともないほど輝くランプに出会ったことから始まる。ガソリンによって燃えるマントルが放つ眩しいほどの光で、その明るさに魅了されたコールマン氏は、まずランプのレンタル業を始め、次にこのランプの特許権を買い、改良を重ねたうえ、1905年には「コールマン®・アークランプ」と名づけ、自社生産を始めることになる。以来100年の歴史を持つアメリカのアウトドアブランド「コールマン」。基本燃料ホワイトガソリンに加え、非常時に自動車用無鉛ガソリン使用可能シングルバーナー。小型で軽量、火力最大2125kcal/h。

商品の説明をすべて表示する

メーカーより


製品概要・仕様

  • 型番: 442-726J


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 dragoon トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/1/30
Amazonで購入
キャンプツーリングとオートキャンプ、それと災害時を想定して
以下の実用条件を満たすストーブを、メーカー問わず探して購入。

1: 使える燃料の種類が複数あること。
2: 燃料タンク一体型で、堅牢であること。
3: 真夏にクルマに積みっ放しにしておいても、不安が無いこと。
4: コンパクトで、かつ十分な火力があること。
5: 操作方法と構造がシンプルであること。

いざという時に無鉛ガソリンが使えるのは、安心感につながります。
構造が複雑では、壊れる要素(可能性)が増えるという事です。
また、ガスカートリッジ式は真夏にクルマに積みっ放しができません。
コンパクトでも、火力が弱ければ使えません。
操作が面倒では、使うのが億劫です。

コールマンは正直、テントやシュラフはイマイチですが
ガソリンストーブやコンロは実用性の高いモノが多いと思います。

このストーブは基本的に、ポンピングして火を点けるだけです。
レバーで火力調整も簡単ですし、信頼性も高い部類に入ります。

ただし、ジェネレーターの予備は準備しておきましょう。
(交換にインチ工具は必要ありません。11ミリスパナでOKです)
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たー 投稿日 2015/8/30
Amazonで購入
ネットで噂の火力調整は強火からとろ火まで完璧でした。事前にコールマンに問い合わせをして、火力調整は一度OFFにしてからジワジワ開けるとアドバイス頂きました。そのやり方だととろ火出来ます。残念なのは全体のバランスが右に傾いでいたこと。足の調整で解消しますが、重量があると何かかませないとダメですね。ポンピングも左へ2、3回回してではスムーズにいかないので5、6回回してからすると割とスムーズです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
実家に置いてあった2レバー式の同系ガソリンストーブ(ピーク1)が行方不明になったので仕方なく購入しました。
ガスのストーブは手軽でいいのですが風の影響を受けやすいのと、出発時に使用途中のボンベだと足りるか不安になりますし予備を持って行くとかさ張るし、新品に換えると中途半端なのが残るしで残ったボンベを自宅で使い切るのも面倒です、でもガソリンなら満タンにすればよいので気楽です。
ストーブも色々あり人それぞれ好みもありますが、徒歩か自転車で2人程度でブラブラするならこれがいいですね。
燃料キャップが改良されてて紛失防止用のゴムが付いてますが個人的には回しにくいので要らないかな〜と思い外しました。
製品はアメリカ的と言うのでしょうか、ちゃんと使えればシールのズレや梱包のダメージは気にするな!的な出来ですので初めて購入する方は覚悟してください
星4個は日本人的感覚で見た新品イメージでの個数で、実用面ではもちろん星5個です。
--------------------------------------------------------------------------------
【裏技】
難度:中
自己責任で
中火・弱火が不安定な場合はクリーニングロッド(清掃針)を抜き取って先端をルーペで
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
約20年前に購入したピークワン(マルチフューエルタイプ)を愛用していいましたが、
今回フェザーストーブを新調しました。他にもプレヒートが必要なガソリンストーブを持っていますが、
ポンピングだけですぐ着火できるのはコールマンの最大の長所です。(特に冬場は最高!)
フェザーの場合、ポンピングの後に点火するレバーの位置は、LIGHT(HIGH)ではなくLOWの
位置がよいと思います。煤の出(赤い炎の量)が全然違います。
LOWで点火し、しばらく温めて炎が安定してからHIGHにすればバッチリです。
とろ火もできて、色々な料理に活躍するでしょう。
色々使ってみて、ガソリンストーブはコールマンが最高峰だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ツーリングに持って行けるコンパクトな燃焼器具…、最初に選んだのはスノーピークのマイクロマックスでした。あれはあれで素晴らしいけれど、ガスカートリッジの消費量が半端ない…。となるとやはりコールマン製品が視野に入って来ます。やはり老舗の製品は良く出来ていました。トロ火〜強火まで自由自在、ソロキャンプに必要十分な燃焼時間と比較的コンパクトなボディを誇り、何より扱い易い。この値段でこの安心が買えるなら、安いものです。コールマンの燃焼器具、恐るべし。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー