¥ 11,800 + 関東への配送料無料
通常3~4日以内に発送します。 販売元: 株式会社 アルペン

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 10,726
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 12,960
+ 関東への配送料無料
発売元: PIT-SPORTS
カートに入れる
¥ 15,570
+ ¥ 270 関東への配送料
発売元: 釣具屋 セクター
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

コールマン ランタン ワンマントルランタン 286A740J

5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 15,984
価格: ¥ 11,800
OFF: ¥ 4,184 (26%)
通常3~4日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、株式会社 アルペン が販売、発送します。
新品の出品:24¥ 8,366より
  • ●明るさ:約200CP/130W●燃料タンク容量:約590cc●燃焼時間:7.5~15時間●本体サイズ:約16×31(h)cm●重量:約1.4kg、●使用ジェネレーター:288-5891●使用グローブ:R214C046J●付属品:プラスチックケース●使用マントル:21Aタイプ


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

よく一緒に購入されている商品

  • コールマン ランタン ワンマントルランタン 286A740J
  • +
  • コールマン マントル(21A型) 21A102J
  • +
  • コールマン フューエル ファネル 2000016489(2000009367)
総額: ¥13,332
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報

  • 送料について:本州(東北・中国以外):370円 青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、高知県、徳島県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、熊本県、鹿児島県:540円 北海道:810円 沖縄県:1,070円 *卓球台やフィットネスマシン・ランニングマシンなどの<別途送料のご案内をしている商品>は各商品ページにて商品別加算送料のご案内をしています。そのご案内が優先されます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【商品のお届け】発送までの日数は目安です。日数は営業日(土日祝は休業日となります)の日数となります。金曜~日曜日のご注文につきましては、月曜日からの日数換算となりますので予めご了承下さい。【商品の在庫】在庫等商品情報更新タイミング等により、ご注文商品をご用意できない場合がございます。【商品情報】複数ショップにて商品情報を共有する為、意図しない情報や異なる内容の場合がございます。カラー/サイズ項目と画像はリンクしておりません。予めご了承ください。詳細はこちら(細則もこちらからご覧いただけます) 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • お買い得なセット商品はじめ、Coleman(コールマン)のアウトドア用品が充実コールマン ストア


  • 【まとめ買いキャンペーン】 キャンプでの星空観察におすすめの双眼鏡が、対象のアウトドア商品とのまとめ買いで5%OFF 対象商品をチェック。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。


商品の情報

詳細情報
カラー.
サイズ.
素材-
ブランドColeman(コールマン)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB000BS065U
おすすめ度 5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 1,595位 (ベストセラーを見る)
発送重量2.3 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2005/10/21
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

コールマンのド定番品、ホワイトガソリン使用のランタン。キャンプサイトに明かりをともす器具の、代名詞とも言うべきコールマンのホワイトガソリンランタン。明るさは文句なし!!間違いなくオススメできる逸品です。しかも冬場の寒い時期にでも明るさが安定する優れものです。オールシーズンキャンプを楽しむキャンパーには必須アイテムです。

Amazonより


コールマン、それはアウトドアの歴史
創業者W.C.コールマンは”最高の品質”を理念に、1930年代にはアウトドアライフを楽しむ人々に支持されたツーバーナの開発でマーケット最大のシェアを誇るようになる。そして1960年代にはキャンプ用品業界のトップ企業への成長。カヌー、テント、コンロなどさまざまなヒット商品を生み出し、以後コールマンの名前は世界中の人々に知られる信頼のアウトドアブランドとなった。

キャンプの夜に欠かすことのできないランタン
1世紀以上前に誕生した明かりは、姿を変え、形を変えながらも、たえず人々のそばにあった。機能美を愛する人。歴史に信頼を置く人。さまざまな思いに応えるため、使う人々の姿をイメージしながら、コールマンは伝統の光を灯し続けていく。


シーン別 ランタン選びのポイント
●テーブルを照らす
ディナースペースを照らすには、小型サイズのランタンが便利。大人数のキャンプの場合は、小型ランタン1つだと光量が足りないので、大型ランタンとの併用が望ましい。フロスト状(曇りガラス)のものはソフトな光を楽しむ事ができ、くつろぎの時間を過ごしたい時におすすめ。

●テント内で使用
テント内でも灯りは必要だが、火気厳禁のため蛍光灯ランタンやテントライトが活躍。リモコン付きの蛍光灯ランタンなら、全員がスリーピングバッグに入ってからでも消灯できる。テントライトは、テント内のどこにでもマグネットで簡単に取付可能。


●サイト全体を照らす
全体を照らす中心的な灯りとなる大型ランタンを1つ用意したい。テーブル上の小型ランタンから少し離れたところに置けば、集蛾灯代わりにもなる。ランタン上部の傘にリフレクターをセットすれば、より強い光でサイトを照らすことも可能。


ランタン各部の名称例

●ベンチレーター : ランタン上部を保護する耐熱ホーロー加工の笠
●ガラスグローブ : 耐熱ガラス製でマントルを保護するパーツ
●ジェネレーター : 液状の燃料を気化させるパーツ
●燃料ツマミ : 点火から消火、火力調節まで操作するツマミ
●燃料キャップ : 燃料注入口のふた
●燃料タンク : サビ止め、燃料逆流防止装置も備えたタンク
●ボールナット : ベンチレーターを本体に固定するナット
●マントル : 光源となる発光体で、熱に反応して発行する特殊な薬品を袋状や筒状にした繊維にしみ込ませてある
●ベイル : 持ち運びやハンガーに吊るすときに便利なハンドル
●ヒートシールド : マントルの熱からバルブ本体を守るパーツ
●ポンプノブ : 燃料タンク内に空気圧を送り込むノブ

ランタンの種類
●ガソリンランタン : LPガスランタンと比べて約40%の燃料代の優れた経済性。寒冷地でも安定した光量を得られるのがガソリンランタンの魅力。大光量のモデルも多い。
●LPガスランタン : ガスカートリッジをランタン本体にねじ込むだけでセットが完了する。着火がワンタッチで行えるモデルも多く、手軽なランタン。
●電池式ランタン・ライト : やわらかな光を広範囲に灯し、火気厳禁となるテント内でも使用可能。電池式だから安全性が高く、どのシーンでも活躍するアイテム。

商品の説明をすべて表示する

メーカーより


製品概要・仕様

  • 型番: 286A740J


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ガス式ランタン購入、電池式ランタン購入(数台購入)と試行錯誤しながら、本製品に辿り着いた。
購入後、早速使用してみたが、製品として全く問題なし。私自身、より明るさを求めてこの製品の購入に至ったが、アウトドアという範疇で明るさを追求するならば、この製品の能力で必要十分であろう。また、イニシャルコストはもちろんのこと「使いやすさ」及び「ランニングコスト」においても最高である。私のような初心の者でも使いやすく、5月初旬時点の2泊3日程度のキャンプでは満タンにすれば、給油無しで使用できた。総合力の高さで私は★×5とした。
唯一、汎用品的なところが欠点ともいえるのかも知れないが、その分メンテナンスパーツも多く用意されており、大事に長く使うことで、この製品は個性的に生まれ変わっていくのではないのだろうか。使用することを楽しみに感じることの出来る製品である。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
初めてランタンを購入しようとするときに、まず悩むのがガソリン式かガス式かだと思いますが(もちろん電池式という選択肢もありですが)、
ガソリン式を選ぶ理由として、やはりランニングコストですかね。

それからキャンプに行ったときに、なんともいえない独特の雰囲気を醸し出してくれて、アウトドアしてるって思わせてくれることですよね
(燃焼音や特有の匂い、炎の揺らぎ)。それと忘れていけないのが、ガス式ランタンと違って光量が落ちにくいということです(ポンピングをすれば)。
あと、ツーマントルのものと比べると多少暗めですが、
通常の使用であれば十分な明るさと提供してくれます。

逆に難点といえば、最初慣れないと燃料を給油するときにこぼして手や周りを汚したり、ポンピングをしなくてはいけない分ガス式と比べて手間がかかることですね。
また、これはどちらにも言えることですが、マントルの装着も最初のうちは慣れないので多少失敗したりもします(予め何個かもっていたほうがよいと思います)。

さらに他のタイプと比べるとまだ多少高価であるなどありますが、前述したとおりそれを補って余るぐらいの価値はあります。
とくにこの「コールマン ワンマントルランタン」は作りもしっかりしていて、非常にコストパフォーマンスに優れていると思います。
それにランタンはコールマンって言うぐらいですから・・・ね!
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アマゾン三郎 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/3/12
89年製造の赤色286Aを使っています(赤は現在廃盤)。
なんといってもバランスのいい製品です。

ガソリンランタンで迷うのなら、コレにしておけば間違いはないと思います。
面倒といわれるポンピングですが、実際やってみるとぜんぜん苦になりません。
むしろ、ポンピングなどの「儀式」や、シュコォォォという燃焼音が気分を盛り上げます。
LPガスランタンはもちろん自動点火装置付のノーススターなどでも少し味気ないと感じます。

具体的に良い点として、
・かなり明るい。ノーススターなどと比べると当然光量は落ちるが、逆に別名「近所迷惑」ノーススターは明るすぎて全開で使うことが少ない。
 大人数ならノーススターだが、3、4人のキャンプならコイツで十分。
・燃費、持続時間等使い勝手が良い。
 226Aなどの小型ガソリンランタンは燃焼時間3時間程度と短くポンピング要求頻度も高い。
 ノーススターや290などは大きすぎるし、286はサイズ的にもちょうどいい大きさ。
・燃料、パーツが入手しやすい。
・ハイコストパフォーマンス。

物足りない点は、
・コールマン自らがパッケージに「これがランタンだ」と刷るスタンダードモデルだけあって
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぱひゃ VINE メンバー 投稿日 2010/9/2
もう10年以上使っています。
壊れません。

ランタンにも色々あり,使っていますが
一番雰囲気はあります。
用途によっての使い分けをするといいですよ。

ガソリンはテントの中では使えませんし,
やはり虫も寄ってきやすい。
そのような場合は最近のLEDランタンをお勧めします。

ガソリンランタンもツーマントル(290A)と2つ持っていますが
全体を290A,近場をこの286Aで照らしたりしています。
ちょうど良い明るさ,温かみのある明かり。
一番気に入っています。

確かにマントルの準備やガソリンを入れたりポンピングしたりと
手間はかかりますが,少しなれればすべてあっという間に終わる作業です。

一番初めにお勧めしたいですが,むしろ最後にたどりつくランタンかもしれません。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー