コールマン リュブリカント 149A5361 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 700
+ ¥ 120 関東への配送料
発売元: アウトドアプラザ ハヤサカ
カートに入れる
¥ 864
+ ¥ 300 関東への配送料
発売元: WHATNOTTOOLS
カートに入れる
¥ 1,173
+ 関東への配送料無料
発売元: EC-JOY
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

コールマン リュブリカント 149A5361

5つ星のうち 4.1 50件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 864
価格: ¥ 709 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 155 (18%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:23¥ 700より
  • サイズ:約3×2×11.5cm

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

よく一緒に購入されている商品

  • コールマン リュブリカント 149A5361
  • +
  • コールマン ポンプカップ&プッシュアンナット R216-111T
  • +
  • コールマン スーパーレンチ 149A9505
総額: ¥2,071
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
カラー.
サイズ.
素材-
ブランドColeman(コールマン)
ギフトパッケージについて予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意
  
登録情報
ASINB000AR6H2I
おすすめ度 5つ星のうち 4.1 50件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング スポーツ&アウトドア - 1,318位 (ベストセラーを見る)
発送重量18 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2005/8/29
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

ポンプカップ専用潤滑油

Amazonより

コールマンの誕生は、1899年ウィリアム・コフィン・コールマンがセールスの旅先で見たこともないほど輝くランプに出会ったことから始まる。ガソリンによって燃えるマントルが放つ眩しいほどの光で、その明るさに魅了されたコールマン氏は、まずランプのレンタル業を始め、次にこのランプの特許権を買い、改良を重ねたうえ、1905年には「コールマン®・アークランプ」と名づけ、自社生産を始めることになる。以来100年の歴史を持つアメリカのアウトドアブランド「コールマン」。テント、寝袋、ランプ、クッキング用品、ファニチャーなど数々のアウトドアグッズを世に送り出しているコールマンのポンプカップ専用潤滑油。

商品の説明をすべて表示する

製品概要・仕様

  • 型番: 149A5361


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ポンプカップ、パッキン等の乾燥防止に油分は必要ですが、純正品の必要はありません。

ただ、CRC 5-56等のシリコンオイルは使用しない様に…ゴムを傷めます。

また、注油はメンテナンス時や使用前、後(毎回の必要はありません)に施すもので
ポンピング圧が掛かるのを確認すれば、携行は不要と思います。

万一、フィールドでポンピング圧が掛からなくなった場合(事前のチェック不足)
バター、マーガリン、肉の脂等でも代用出来ます。あくまでその場しのぎですが…。

どうしても純正品に拘る方なら必需品でしょうけど(私も実際使用した上で)
2倍の容量で価格は100円ですから。10年以上ミシンオイルを使用していますが
差を感じるのは価格だけです。
2 コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
コールマンのタンク内圧力を高める方法は、基本的に手動でポンプを
操作します。ポンプの入り口のパッキンが乾くと、空気が漏れるため
内圧が上がらず、燃焼ができない事があります。

一般のキャンプを年に数回、それもハイ・シーズン以外は燃焼器具の
保管という事になると、パッキンの油成分は蒸発します。
この部分は、コールマンの弱点とも強みとも言えるのですが、乾いた
パッキンもこのリュブリカントを注入すれば使用可能な状態まで復帰
できる可能性が高い。

つまりは、パッキンの素材自体が乾く性質がもともとあると言う事です。
前提として単体で完成されたパッキンより、非常時からの復帰と言う
構成ですが、これには元々コールマンの燃焼器のパッキンは家畜の
革でできていたと言う現実の、現代風アレンジです。

つまりは、伝統に裏打ちされた部品構成です。

このリュブリカントは、容量と(結果)単価がやや多く・高い傾向はあり
ますが、コールマンの機材を持っている方なら、前提として持っている
べきです。

油脂成分は、動物、鉱物、穀物その他栽培植物から作られますが、
相性と言う意味で、特にプラスチッ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ポンプの軸にはオイルが必須ですが、この容器が口を切るとキャップをしても漏れ出してくるので、星3つです。せめてスクリュー式のキャップにしてほしいです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 パパさん 投稿日 2013/11/6
Amazonで購入
使用して効果があるのかわからなかった。オイルならば何でもよさそうな気がする。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
20年近く前に買って使用していたリュブリカントを使うと、青サビのようなものがついてポンプを洗浄していました。
理由が分からず、今までのリュブリカントをさしていましたが、この古くなったリュブリカントが汚れの犯人だと気付き、ソッコーで新品のリュブリカントを購入しました。
 さすが純正なので心配はないのでしょうが、キャップが外れやすく、袋に入れておかないとキャップが外れ、そこらじゅうが油まみれになります。
 それ以外は心配ないのですが、ミシンオイルでも代用できそうです(というか、代用してましたけど)。
 ポンプカップを皮のモノに交換している方は、ミシンオイルでもOKですよ、ただ純正の安心感を得たい方はこちらですが(汗)
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ハイボール大好きオヤジ トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/11/5
Amazonで購入
コールマンのランタン,ワンバーナー,ツーバーナー数台を所有しています。一手間かけて使うのも楽しいのですが,メンテナンスをするのも楽しみの一つです。パーツを交換すれば長い間使えるのも道具としては大切です。コールマンの製品の特徴はポンピングをすることでプレヒート無しで使えること。そのポンピングのパッキンの保護にはこの製品が必要です。燃料やリュブカントも純正外が使えるようですが,趣味で使う程度であれば純正品が安心です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西龍 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/7/17
別に潤滑油であれば純正品でなくともいいと思います。
ただ、何を使えばいいかわからない人にはこれでいいと思います。
純正品ですから先端がオイルの差し込み口にフィットするような太さになっていますから、オイルの容器を工夫する必要もない。
1シーズンに1回注せばいいのですから、この容量でも何年も使えます。
知識のある人なら様々なものからチョイスできますが、私を含めてそんなに知識のない人なら容器を考慮してもこれでいいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー