Codes & Keys がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Codes & Keys CD, Import

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,776 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、フルフィルメント エクスプレスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:21¥ 686より 中古品の出品:9¥ 193より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の デス・キャブ・フォー・キューティー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Codes & Keys
  • +
  • Plans
  • +
  • ナロー・ステアーズ
総額: ¥4,829
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/5/31)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Atlantic
  • ASIN: B004OAPF6Q
  • JAN: 0075678827044
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 136,130位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
アメリカンロックの良心とも呼べそうなハートウォーミングなサウンドを身上とするデスキャブ。通算7作目となるこの新作も、そんな基本路線は全く変わっていない。
ポール・マッカートニーやブライアン・ウィルソンに連なる珠玉のメロディーとポップセンスが満載の、素晴らしいアルバムだ。
前作までと同様に、本作も、カントリーやフォークロックがベースの、純朴なポップチューンが主体となっているのだが、今回は、サウンドプロダクションにかなり注力したとの印象を受ける。
どちらかと言えば、ライヴ感を重視したイージーフィーリングな作風であったこれまでのものと比較すると、デジタルサウンドを随所に散りばめたり、奥行きのある立体的で高音質のサウンドクリエーションを目指したりと、音像のあり方に拘ったものになっているのだ。
結果、完成したのは、Thick&Heavyな音の壁であり、更にメジャー感の増したハイグレードなロックアルバムであった。
ごく初期の頃から彼らのファンであった人たちが、そんな本作の作風をどう評価するかは微妙なところであるとは思うが、僕個人としては、よりパワーアップした今回のこのスタイルは、彼らにとって、大きな前進であり成長であると受け取った。
楽曲の基本となる部分はそのままに、新たなる方向性を探りつつ、そしてそれを高レベルで完成させた作品。
簡潔に表現すれば、そういったアルバムになると、僕は思った。
彼らの音楽がますます好きになれる、傑作だ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 masa 投稿日 2011/6/7
形式: CD
最初に聴いて思ったのは「大きくなったなぁ」ということ。あの美しいメロディとポップセンスはそのままに、随分とメジャーな風格の漂うバンドになった。随所に散りばめられたデジタルサウンドや思わずはっとするコーラスワーク、ぐっと深みの増した音像など、サウンドプロダクションへのこだわりも随分感じる。ボーカルのベン・ギバートがやってるThe Postal Serviceにも少し近くなった気がする。美しく緻密な、それでいて大きく包んでくれる傑作アルバム。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 北米のindie pop界の盟主、DCFCの7th album。
 ワーナー傘下のAtlanticからリリースですが、今作もちゃんとBarsukのマーク付。

 今までの、DCFCのどのアルバムよりも開放感に溢れ、ポジティブなメッセージの聴こえて来る、生命の躍動感に満ちた1枚であり、特に詩を書いたBenにとっては、Zooeyという人生の伴侶を得たこともあってか、前作"Narrow Stairs"のような暗い作品は書かず、自身の生活を反映した対照的な作品を作ろうという意志があったようです。
 音作りに関しても、メンバー同士、特にBenとChrisの顕著であり、互いにアイディアを出し合い結束を高めた結果、この愛らしい作品が生まれたのでしょう。

 「ギター中心の曲ではなく、キーボードやシンセをパレットにした作品にしよう」と語っている通り、昔のギターのパワーコードはほぼ聴かれず、どのサウンドも絵画を構成する色として扱われていて、彼らの実験的で創作的な拘りが感じられます。
 それだけ拘りがありつつも、ポップソングとして普遍で、柔らかくて馴染み易く、DCFCに対してボクラが抱く、感傷的な少年の内側を覗いた時のような、懐かしくも甘酸っぱい感覚は不変なのです。

 この作品が完成した後も「すぐ次作に取り掛かりたい」と発言していて、これからをも期待させてくれるようです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
デス・キャブのアルバムって、
飛びぬけて素晴らしい曲と、眠くなってくる曲が半分ずつ入っている。
これもそう。
メロディもサウンドもはっきりさせずに、
あいまいなほうがウケるんだろうか。
こういうの好きだが。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告