中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き!栞紐付き!中身は開きぐせもなくコンディション良好です。表紙面に若干のすれ、細かい小キズ等はみられますが全体的に目につくような汚れ等なく大変綺麗です。☆アルコール除菌済み☆土日祝日も年中無休で発送致します。クリスタルパックに入れて丁寧に梱包し迅速に発送いたします!※弊社で入念なチェックはしておりますが、中古の品になりますので見落としがある場合がございます。万が一の品質不備は審議の上ご返金対応致します。発送はゆうメール(ポスト投函、日祝配達なし)またはゆうパックにて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Close to You 単行本 – 2001/10

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

マンションという「社会」の中で孤立するエリートの共働き夫婦。彼らを次々と襲う災厄―オヤジ狩り、放火、そして誘拐事件。日常にひそむ恐怖を描くミステリー。

内容(「MARC」データベースより)

失業した雄大は共働きの妻に頼まれ、専業主夫になる。だが、彼らを次々と襲うオヤジ狩り、放火、そして誘拐事件…。マンションという「社会」の中で孤立するエリート夫婦と日常にひそむ恐怖を描くミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 365ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2001/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163197400
  • ISBN-13: 978-4163197401
  • 発売日: 2001/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,793,629位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
テンポもよく読みやすかったし、5年前の話なのに今もまったく変わっていないと思った。「本当に大切な問題はいつだって足元にある」ということに考えさせられた。仕事をして社会に貢献している二人が痛感させられた話がとても印象に残った。ボクもこの二人同様、福祉は国がするもの、ボランティアは暇人の道楽、自治会は社会を知らないお山の大将が勝手にやっているだけなんて思っていた。そのような考え方が少しずつ日本の社会を変えていったのかもしれない。ただ、昔の日本では、常に自分の足元を見て、身近な問題にこそ生きる意味があると考えていたのだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 主人公の雄大は会社の派閥抗争に巻き込まれ失業。編集者の妻に頼まれて専業主夫となるが、その雄大はオヤジ狩りに会い、住んでいるマンションでの放火と次々に災難に襲われる。そしてある時妻が誘拐された。犯人の目的は何か、そして雄大夫婦とマンション住民との対立など、日常生活の中での関わり合いの狂気が描かれた作品。
 物語は中々面白い展開で進んでいくが、他人と関わりを持たない主人公とマンション住民との対立がミステリー仕立てとなっていますが、最初の対立はほんの些細なことから始まり、それが他人が大きな反感を持ってしまうというのは、実際にはありえる話ではあるとは思いますが、それが誘拐事件に発展するという展開は少々突飛すぎるようには思いました。それでも後半はスリリングな展開で、一気に読まされましたし、中々面白いミステリーではありました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告