通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Chef%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E5%85%A5%E9%96%80+%7E%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E6%A7%8B%E6%88%90%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%8B%95... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)などがある場合がございます。帯などの付属品はお付けできません。Amazon.co.jp配送センター保管品のため商品の個別の状態についての問い合わせは回答できません。管理ラベルは簡単に取れます(商品クリーニング済み)。注文や配送に関する問い合わせはAmazonカスタマーサポートにてお受けします。お急ぎ便、コンビニ決済、代引き支払い、ギフト券などもご利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Chef実践入門 ~コードによるインフラ構成の自動化 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2014/5/22

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,992
¥ 2,992 ¥ 1,133

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Chef実践入門 ~コードによるインフラ構成の自動化 (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • 改訂新版Jenkins実践入門 ――ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)
総額: ¥8,888
ポイントの合計: 269pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書は、サーバ構築自動化・構成管理ソフトウェアであるChefの解説書です。まずはスタンドアロンで利用できるChef Soloを利用し、設定ファイルとなるクックブックの書き方を解説します。そして、現場でよく利用する環境をChefを使って構築するためのノウハウや、クックブックのテスト、継続的インテグレーションなど実践的な解説も行います。後半では、つまずきがちなポイントや、Chef Serverを利用した大規模環境の構築・運用方法を解説しています。コードを出しながら解説しているので、すぐに役立つ知識が身に付くはずです。

目次
第1章:DevOpsの潮流とChef
第2章:Chef Soloによるローカル開発環境の自動構築
第3章:レシピの書き方
第4章:クックブックの活用
第5章:Vagrantによるクックブック開発環境の構築
第6章:アプリケーション実行環境の自動構築
第7章:テスト駆動インフラ構築
第8章:Chefをより活用するための注意点
第9章:Chef Serverによる本番環境の構築と運用
第10章:Chef Serverによる大規模システムの構築と運用
Appendix A:コマンドチートシート
Appendix B:クックブックチートシート

内容(「BOOK」データベースより)

サーバ構築/運用をミスなく効率的に行う。第一線のエンジニアが現場のノウハウを凝縮

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 392ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2014/5/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477416500X
  • ISBN-13: 978-4774165004
  • 発売日: 2014/5/22
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 215,707位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Chefを自学自習するとっかかりとしてはいい本だと思います。もっとも、ローカル開発環境を「ユーザー名が漢字のWin8.1+Cygwin」で始めてしまったので、本ではたった1行で書いてある vagrant init や gem install berkshelf を成功させるのに死ぬほど苦労することになりましたが…。

本の奥付には「2014年6月25日 初版第1刷発行」とありますが、くしくもその前日、本家Chefから「SoloからZeroへ:Chef Clientローカルモードへの移行(From Solo to Zero: Migrating to Chef Client Local Mode)」という記事が発表され、Chef Soloがいずれ廃止される予定であることが明らかになりました。この本は(仕方がないことですが)まだChef Solo / knife-solo 中心の記述になっているので、Chef Zero対応の第2版を期待したいと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Chefを使ってみる人のために、検証環境のVirtualBox、Vagrantも含めた周辺のツールまで網羅して解説している親切な本です。初めてChefに触れた自分も、本の説明を読みながらインストールしていくだけで、どんなことができるのかわかる程度に使えるようになりました。

A5版400頁足らずのコンパクトなサイズにこれだけの内容が詰め込んであるので、逆に環境構築はすでに終わっていてChefをもっと深く知りたいという人には物足りないかもしれません。

商品紹介の目次だと大雑把すぎて内容が判断しづらいと思うので、全目次を載せておきます。ご参考にどうぞ。巻末のチートシートはAppendix全部あわせて50頁ほどのボリュームです。

第1章 DevOpsの潮流とChef
1.1 今なぜChefが注目されているのか
1.2 Infrastructure as Code
1.3 Chefの概要

第2章 Chef Soloによるローカル開発環境の自動構築
2.1 Chef Soloとは
2.2 検証環境を構築する
2.3 Chef Soloをインストールする
2.4 Chefを動かしてみる
2.5 Chef Soloで
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
前半のChefの基本的な部分についてはとても役に立ちます。
役に立つからこそ、第6章の内容に大きな不満が残り、それは憤りさえ感じる程なので書かせていただきます。

第6章は「アプリケーション実行環境の自動構築」とあります。しかし、ターゲットがVagrantのゲストOSであるところまでは許せるとして、なぜかVagrantのプロビジョニング機能を使うようになっている点です。更に訳が分らないのは、一部はゲストOSにログインして手動でインストールしなければならないのです。
そんな例を淡々と紹介していますが、なぜなのでしょうか?
ターゲットがVagrantのゲストOSだとしても、せめて別のVagrantゲストOSで普通にChefを実行してターゲットを構築する手法にすべきだったのではないのでしょうか。これではあまりにも応用範囲が狭くなり、Chefを使う必然性が感じられません。

大変がっかりしました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
Chefはサーバ構築自動化ツール。Rubyでコードを記述し実行すると今まで手作業でやっていたWeb,DB,Applicationのサーバ構築、手作業でrmpでApache入れてconfig変更し・・が、まるでSFに出てくる調理器のように誰でも簡単に作れる・・・というしろもの。2012年から13年に多くの企業が利用開始し1台から数万台のサーバ構築をカバーというホントかいなという流行りものです。
ついに時代は、VMでOSを入れる器(本書ではノードと呼ぶと定義、いわゆる仮想サーバ)がいつでも簡単に作れるから、OSとアプリまでいつでも簡単に作れる、Chefを使って、となったということ。
これを業界的にはプロピジョニングと言って、さも専門的な用語を充ててるが、SaaSなどと同じくInfrastructure as a Codeとまで言って流行りを煽るが要は人間、楽したいが根本なだけ。
Chefはその名の通りシェフ。アーキーテクチャにはCookbook、Recipe、Knife-solo、Test-Kitchenなどなど料理系用語が充てられたものが続く。Chefの基本は①クックブックを作る、②レシピを書く、③chef-soloコマンドを実行、の手順。Chefはある日突然生まれたわけでなく、他にCFEngine、Puppetなど類似ツールの中で人気得ている。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告